フーモア、みらい創造機構などから総額約2.6億円の資金調達を実施

〜クリエイターグローバルプラットフォーム拡大のための人材獲得を強化〜

ゲームイラストやマンガなどのコンテンツ制作や配信を行う株式会社フーモア(本社:東京都中央区、代表取締役:芝辻 幹也、以下フーモア)は、株式会社みらい創造機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田 祐之)の他、株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村 公彦)、株式会社iSGSインベストメントワークス(本社:東京都港区、代表取締役:五嶋 一人)、一般社団法人CiP協議会(本部:東京都港区、理事長:中村 伊知哉)、既存株主である株式会社DGインキュベーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 郁)、株式会社DK Gate(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:踊 契三)の6社、および個人投資家3名を引受先とする第三者割当増資、ならびに株式会社日本政策金融公庫(本社:東京都千代田区、代表取締役総裁:田中 一穂)からの融資による、総額約2.6億円の資金調達を実施いたしましたことをお知らせします。(※)引受先は法人本体または各法人が運用、出資もしくは提携するファンドでの引受となります。
■資金調達の目的について
今回の資金調達は、フーモアの中長期的成長戦略である「クリエイターグローバルプラットフォーム構築の拡大」に向けたものです。フーモアはこれまで、国内外の登録クリエイター6,000名超とともに、ゲームイラストや企業向けプロモーションマンガなどのコンテンツ制作及び配信を行ってきました。そのフーモアが持つ優秀なクリエイターネットワークとノウハウを生かし、クリエイターが世界中で創作活動を通じて評価されるプラットフォームの実現を目指します。アニメや映画などの映像化、ゲーム化、商品化などのメディア展開を目的としたコンテンツの原作開発を行うなど、自社で管理できるIPを保有しマネタイズを行うことで、エコシステムが有機的に相乗効果を生み出せる仕組みを構築します。

1)クリエイターのグローバルデータベースによる有用データ蓄積
2)新しいクリエイターのグローバルエコシステム構築
3)既存事業の継続成長
4)自社IPの創出と活用



■フーモア代表取締役 芝辻のコメント
エンターテインメントは人類において欠かせない存在だと考えています。かつて洞窟に住んでいた人たちも暇な時にはゲームを作ったりして遊んでいました。産業の発展と共に人々は生活する以外のことにお金や時間を使えるようになり、エンターテインメントの市場は爆発的に成長し、今後も成長すると予測されています。ここ10年でもインターネットやスマートフォンの普及により様々なエンターテインメントが創出されてきました。フーモアも例外ではなく、新しいゲーム産業の成長と共に今までになかった制作スタイルで多くのクリエイターと共にゲーム向けのイラストを制作してきました。次の10年後、30年後、100年後がどうなっているでしょうか?エンターテインメントはどのように進化し発展していくでしょうか?そういった未来を予測して創造されたモノは人を驚かせ感動させることが出来ると考えています。
それらを想像しながら、エンターテインメントの未来を創造し、そこにおいてパイオニアとなり、牽引したいと考えています。その軸にはクリエイターの存在が欠かせません。今回の資金調達を皮切りに、クリエイターのグローバルエコシステムを構築し、エンターテインメントを前進させていきたいと考えています。


株式会社フーモア
代表者:代表取締役社長 芝辻幹也 
所在地:東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル3F
設立:2011年11月
事業内容:
・コンテンツ制作事業(ゲームイラスト、プロモーションマンガ)
・コンテンツ配信事業(女性向けマンガアプリ「コミックエス」、web版「コミックエスプラス」、女性向け恋愛ノベルアプリ)
・タレントマネジメント事業
URL:https://whomor.com/

【本件に関するお問合せ先】
株式会社フーモア 広報担当:大森
電話:03‐6228‐4310  メールアドレス:info@whomor.com
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フーモア >
  3. フーモア、みらい創造機構などから総額約2.6億円の資金調達を実施