クリエイティブAI開発のデータグリッド、大阪市のベンチャー企業支援プログラムであるOSAPに採択決定

クリエイティブAI分野における大企業との連携を加速

株式会社データグリッド(本社:京都府京都市左京区吉田本町36-1 京都大学国際科学イノベーション棟西館1階、代表取締役社長 岡田侑貴、以下「データグリッド」)は大阪市が主催し、シード期~スタートアップ期の事業者に対してメンタリングや大企業との連携をコーディネートすることを目的としたOIHシードアクセラレーションプログラム(以下、「OSAP」)に採択されました。

OSAPはシード期~スタートアップ期のベンチャー企業を対象に、適切なメンタリングをはじめ、ベンチャーキャピタリストや大企業等からの助言を受ける面談や連携をコーディネートすることで、事業化を加速させる取り組みであり、データグリッドはその第6期に選定されました。プログラムは2018年11月13日のキックオフ会からスタートし、採択企業同士の合宿や、ベンチャーキャピタル20社によるメンタリング、大企業とのマッチング、最終のデモデイから構成されます。

データグリッドはOSAPを通して、メンターからの適切なアドバイスを元に、クリエイティブAI分野における大企業との連携を加速させます。


■会社概要
会社名   株式会社データグリッド(英語名:DataGrid Inc.)
代表者   代表取締役社長 岡田侑貴
設立      2017年7月5日
所在地     京都府京都市左京区吉田本町36-1 京都大学国際科学イノベーション西館1階
URL            https://datagrid.co.jp/
事業内容      クリエイティブAIの開発、AI関連システムの開発及びコンサルティング

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社データグリッド >
  3. クリエイティブAI開発のデータグリッド、大阪市のベンチャー企業支援プログラムであるOSAPに採択決定