The Trade Deskが提供するUnified IDソリューションにSSP「YIELDONE®」が国内SSPとして初めて参加

グローバルアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジェフ・グリーン)は、株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:豊福  直紀、以下 P1)の提供するSSP「YIELDONE®」が、The Trade Deskの「Unified IDソリューション」へ日本国内のSSPとしては初めて参加したことを発表します。

現在、運用型(プログラマティック)広告の取引時において、広告事業者間におけるデータ連携を行うために、Cookie Sync(クッキーシンク)という技術を用いて、双方の広告事業者が有するIDをシンクする必要があります。しかし、広告事業者ごとが用いるIDが異なることにより、Cookie IDが十分にマッチしないというデータがあります。また、1つのwebサイトに複数の広告事業者が多数のタグを貼り付けることにより、媒体社のページ読み込み速度の遅延も問題となっています。

このような問題を解決するために、The Trade Deskは無償で「Unified IDソリューション」を提供・共有しています。このUnified IDソリューションを導入することで、国内のみならずグローバル規模に共通IDを使用することが可能になります。The Trade Deskは、この共通 IDを普及させることで、広告主視点で見たCookie syncマッチレートを100%近くまで向上させることを目指します。このソリューションは現在、グローバルで多くの企業に導入されています。

The Trade Deskの北アジア担当シニア・バイス・プレジデントのトロイ・ヤン(Troy Yang)は次のように述べています。「今回プラットフォーム・ワンの『YIELDONE®』がUnified IDソリューションに参画いただけることを大変嬉しく思います。Unified IDソリューションは、パートナーの皆様にグローバルで統合していただき、顧客により良いインターネット体験を提供することを目的としており、今回の『YIELDONE®』の参画は今後のデジタル広告の効率性を更に改善していく上でそれを実証する形となります。」

【株式会社プラットフォーム・ワンについて】
株式会社プラットフォーム・ワン
代表者 :代表取締役社長  豊福 直紀
所在地 :東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設  立 :2011年2月
事業内容 : ・インターネット広告取引基盤の開発、運営
・インターネット等デジタルネットワーク上の広告スペースの購入、販売
・インターネットテクノロジー関連サービスの提供
URL :https://www.platform-one.co.jp/

【The Trade Deskについて】
The Trade Deskは広告バイヤーを支援するテクノロジー企業です。広告バイヤーはThe Trade Deskのセルフサービス型クラウドベースのプラットフォームを通じて、ディスプレイ、動画、オーディオ、ネイティブといった広告フォーマット全般にわたり、より表現力のあるデータドリブンなデジタル広告キャンペーンを、PC、モバイル、コネクテッドTVなど多数のデバイス上で、作成、管理、最適化できます。主要なデータパートナー、インベントリーパートナー、パブリッシャーパートナーを統合することでリーチと運用効率を確実に最大化し、Enterprise™ APIによりプラットフォームのカスタマイズが可能になります。The Trade Deskは米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置き、米国、欧州、アジアにオフィスを構えています。The Trade Deskに関する詳細はhttps://jp.thetradedesk.com/aboutまたはFacebook、Twitter、LinkedIn、YouTubeをご参照ください。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. The Trade Desk Japan K.K. >
  3. The Trade Deskが提供するUnified IDソリューションにSSP「YIELDONE®」が国内SSPとして初めて参加