おへその周辺温度計測ウェアラブルセンサー開発中のHERBIO(ハービオ)が「令和2年度グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金」に採択決定

おへその周辺温度計測ウェアラブルセンサー開発と研究を進める株式会社HERBIO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中彩諭理、以下 HERBIO)が「令和2年度グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金」に採択され、2022年の量産化を視野に入れ、製品開発、実証等、社会実装へ向けた取り組みを実施してまいります。
グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金とは
一般社団法人 環境共創イニシアチブが運営する本補助金は、HERBIO(ハービオ)のようにソフトとハードの融合領域にて事業を行うスタートアップ等を選定し、その事業化に向けた設計製造面、ビジネス面、その他必要な領域の支援を行う事業者と連携しながら製品開発、量産化設計、試作および社会実装に向けた実証等を支援する補助金制度です。

〈関連リンク〉
・一般社団法人 環境共創イニシアチブ :https://sii.or.jp/
・令和2年度グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金 :https://startup-f.jp/ecosystemproject/index.html

自社開発中のウェアラブルセンサーについて
これまで深部体温の計測は、主に直腸や鼓膜で行われてきたため、その侵襲性や違和感が課題とされてきました。私たちはおへそ周辺の体温と深部体温の相関性が確認されていることに着目し、被験者やユーザーが負担少なく連続的に体温測定ができるウェアラブルセンサーの開発に着手しました。

〈関連リンク〉
・HERBIO(ハービオ)のおへその周辺温度計測ウェアラブルセンサー:https://herbio.co.jp/picot/

今後の展開 

現在、日本国内で体温の連続測定を可能とするウェアラブルセンサーやサービス展開を行っているのは唯一HERBIO(ハービオ)であり、これまでにウェアラブルセンサーのプロトタイプを、共同実験などに対し、研究用端末として有償での貸与実績を重ねています。


今後、本補助金の支援を受け、ハードウェア面では、ウェアラブルセンサー自体がより安定的、且つ詳細なデータを取得するために機能を追加し、デザイン的にもフィット感を一層高め軽量化するなどの改良を進めていきます。
ソフトウェア面では、COVID-19で注目されたように平熱には個人差があることから、弊社のウェアラブルセンサーを使用し、連続的な体温計測によるデータを取得することで、個人の平熱を定義づけることができます。その取得した平熱と発熱時の状態を分析し、感染症や病気の兆候に対する早期発見の診断補助への活用を目指しています。また、治験に必要な体温データを取得するための、製薬会社へのウェアラブルセンサーの貸与は既にスタートしており、治験現場で求められるシステムの利用方法の改善や、被験者のデータ分析を実施する予定です。


株式会社HERBIO(ハービオ)について
株式会社HERBIO(ハービオ)は、「体温」を軸にしたテクノロジーと研究に取りくみ、「生きるに寄り添うテクノロジー」というコンセプトを掲げ、子供からシニアまで健やかに生きることができる世界の実現を目指しています。

■会社概要
会社名:株式会社HERBIO                      

代表者:田中彩諭理
所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目53−1博鵬ビル4階
創立:2017年9月
事業内容:ウェアラブル体温計、体調管理アプリの開発、用途別アルゴリズムや体温を軸にした研究開発、健康食品の開発
URL:https://herbio.co.jp/

 

■問い合わせ先
株式会社HERBIO 広報担当 メールアドレス:info@herbio.co.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HERBIO >
  3. おへその周辺温度計測ウェアラブルセンサー開発中のHERBIO(ハービオ)が「令和2年度グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金」に採択決定