(参考資料/研究レポート)紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する力が強力!

緑茶や乳酸菌より、紅茶!

 三井農林株式会社が運営するインターネットサイト「お茶科学研究所」では、お茶の様々な健康機能について研究情報を公開しています。当社研究において、日常的に飲まれている飲料や風邪・インフルエンザ対策のために飲用されている飲料と比較した結果、紅茶はインフルエンザウイルスを無力化(細胞への感染阻止)する作用、スピードともに高いことが分かりました。

 

 

 
  1.  紅茶は、緑茶、ココアなどポリフェノールを含む飲料の中でも、インフルエンザウイルスを無力化する作用が強い。
  2. インフルエンザ対策としてよく飲用されている生姜湯、乳酸菌飲料、ビタミンC飲料は、直接インフルエンザウイルスを無力化する作用が弱い。
  3.  紅茶はインフルエンザウイルスを無力化するスピードが他の飲料に比べて速く、わずか15秒で効果がある。


■紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する力が強力!
 インフルエンザ対策によいとされている飲み物や食品成分について、インフルエンザウイルスを無力化(細胞への感染を阻止)する能力を比較する試験を2018年8月に実施しました。その結果、紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する能力が一番高いことが分かりました。一方、生姜湯、乳酸菌飲料、ビタミンC飲料はインフルエンザウイルスを直接、無力化する能力が紅茶に比べ低いことが分かりました。

■紅茶は15秒で効果あり!
 ポリフェノールを豊富に含む飲み物について、インフルエンザウイルスを無力化させるのに必要な時間を比較してみました。紅茶は、他の飲み物よりも短い、わずか15秒ほどでインフルエンザウイルスを無力化することでき、ウイルス感染を阻止する能力が極めて高いことが分かりました。

 

 

当社の紅茶とインフルエンザの研究は、以下のサイトにまとめております。
三井農林 お茶科学研究所ホームページ

 


http://www.mitsui-norin.co.jp/ochalabo/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三井農林株式会社 >
  3. (参考資料/研究レポート)紅茶はインフルエンザウイルスを無力化する力が強力!