自動運転も!最先端技術を盛り込んだ夢のキッチンカーを開発しました

様々な最先端技術をキッチンカーに搭載することに成功

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは株式会社フードトラックカンパニーのApril Dream です。

フードトラックカンパニーはエイプリールドリームに参加しています。フードトラックカンパニーはエイプリールドリームに参加しています。


キッチンカー製作と販売を手がける株式会社フードトラックカンパニー(本社:東京都目黒区、代表取締役:浅葉郁男 https://foodtruck.co.jp/)は、2020年4月1日(水)、働き方改革や副業解禁からくる2020年のキッチンカーブームに対応した最先端のテクノロジーを詰め込んだ夢のキッチンカー「キッチンボックスUSO800」を開発したと発表した。

最先端のテクノロジーを詰め込んだ夢のキッチンカーが完成しました。最先端のテクノロジーを詰め込んだ夢のキッチンカーが完成しました。

キッチンカーとは、近頃よく街中で見かけるクレープやケバブなどを販売している自動車のことで、ここ数年全国的に急速な市場拡大を見せている。

今回、同社が発表したキッチンカー「キッチンボックスUSO800」は今話題のキャッシュレスやQRコード決済だけでなく、あおり運転対策のドライブレコーダー、さらには自動運転やロボット調理器で調理したメニューをドローンが配達するなど未来の技術も取り入れて実現したという。環境問題への取り組みでは、廃プラスチック運動にも積極的に取り組んだ。

 

社長からのトップダウンで「最先端キッチンカー」の開発を目指すメンバー社長からのトップダウンで「最先端キッチンカー」の開発を目指すメンバー

当初、同社の商品開発部門では社長からのトップダウンで「最先端キッチンカー」の開発を目指すことになったが、その日ごきげんだった開発部長が、ドローンデリバリーや自動運転など未来のテクノロジーなど、スタッフから提案された開発アイデアを無謀にもすべて採用してしまったことで、開発予算の増大が心配されたものの、結果的に嘘みたいな「最先端キッチンカー」が完成することになった。
いったいどんなキッチンカーの開発に成功したのか浅葉代表に話を聞いてみた。

 

 

開発部長の高井がスタッフから提案された開発アイデアを全て採用してしまった開発部長の高井がスタッフから提案された開発アイデアを全て採用してしまった

開発部長の高井が試行錯誤して開発をすすめた開発部長の高井が試行錯誤して開発をすすめた


浅葉代表(以下敬称略)への一問一答

質問)4月1日発表ですがエイプリルフールということは?
浅葉)さまざまなテクノロジーをふんだんに盛り込んでおり、販売開始までは量産体制を整える必要がありますが、本日はまじめな開発発表です。

質問)具体的にはどのような点で最先端でしょうか?
浅葉)キャッシュレス対応はもちろんのこと、一番の目玉は自動運転です。2019年の開発では自動運転は完全には実現することができませんでした。また、あおり運転が全国的にも問題となりましたため、ドライブレコーダーも最新機種を採用しています。キッチンカーは営業のためにエンジンを停止しているシーンが多いですが、それでもあおり運転を受けるかもしれませんので。また弊社のクライアント様と共同開発で、ロボット調理器による食事提供を実現しています。

質問)まさに夢のようなキッチンカーですね。ドローンによるデリバリーも可能になったそうですね。
浅葉)はい。じつは自動運転やドローンデリバリーにはまだ法律面が整備されていない状況ですが、技術的にはオンラインでご注文いただいたらご自宅やお勤め先までお届けができるところまできています。

質問)自動運転のロボット調理キッチンカーがいよいよ量産され、ドローンデリバリーができるようになったら、日本の外食業界や中食業界だけでなく世界のインフラに大きな影響を与えます。
浅葉)ありがとうございます。我々もそうなれば本当に素晴らしいことだと思います。私どもはキッチンカーメーカーですので、この最先端キッチンカーの活用方法や、事業展開については、行政や他の企業様の協力やご支援を得ながら進めていければと考えております。

質問)販売価格はいくらになる予定ですか?
浅葉)申し訳ありません。販売時期、販売価格ともにまだ決まっておりません。ご質問の答えとは少し違いますが、展開としてはクラウドファンディグやカーシェアリングにも対応していきたいと考えています。

質問)一日も早くこのキッチンカーが実用化されることを期待しています。開発で苦労された点は?
浅葉)きっかけは働き方改革を目指したキッチンカー開発だったはずなのですが、開発スタッフは残業の連続でした。ところでプレミアムフライデーってどこに行ったんでしょう。

質問)それでは、今回開発された最先端キッチンカー「キッチンボックスUSO800」を拝見できますか。
浅葉)はい、ではこちらをどうぞ。

質問)……え、これをかぶったらいいんですか? おおお!! これはすごい!!!プレスリリースのとおり、ものすごい最先端ですね。視聴者にひとことお願いします。
浅葉)キッチンカーはおしゃれで、面白くて、本当に楽しい世界です。夢のキッチンカーの見学をご希望の方は弊社の公式サイト( https://foodtruck.co.jp/2020_4_1/ )をご覧ください。
今日は、エイプリルフールです。最後まで記事をお読みくださいましてありがとうございます。
 

キッチンボックスUSO800キッチンボックスUSO800

代表の浅葉郁男(いくお)に開発部長の高井が「キッチンボックスUSO800」をプレゼンしている動画


「April Dream」は、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、 実際に企業が叶えようとする夢を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。
https://prtimes.jp/aprildream/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フードトラックカンパニー >
  3. 自動運転も!最先端技術を盛り込んだ夢のキッチンカーを開発しました