社会課題である「聴こえ」に寄り添い、サポートサウンドファンと八重洲ブックセンターが共同で音のバリアフリー「ミライスピーカー®」体験会を開催

株式会社サウンドファン(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:山地 浩、以下「サウンドファン」)と株式会社八重洲ブックセンター(所在地:東京都中央区八重洲2-5-1、代表取締役社長:山﨑 厚男、以下「八重洲ブックセンター」)は、「聴こえ」に対する社会課題の解決へ向けて音のバリアフリーを実現する「ミライスピーカー®」の体験会を2019年8月1日に八重洲ブックセンター本店(最寄り駅:JR東京駅)にて開催いたします。

「ミライスピーカー(R)」体験会、2019年8月1日、八重洲ブックセンター本店にて開催「ミライスピーカー(R)」体験会、2019年8月1日、八重洲ブックセンター本店にて開催


■ 耳の遠い高齢者の「聴こえ」の問題は、ご自身の健康とご家族の生活にとって切実なテーマ
高齢者の「聴こえ」の問題は、昨今注目される社会課題の一つです。74歳以上の日本人の約40%が聴こえづらさを感じていると言われています。※1
また、認知症の発症には、「聴こえ」の問題が影響するとの研究発表や※2、「聴こえ」を改善すれば認知症を予防することができるという発表もあり※3、「聴こえ」の問題はご自身やご家族に直結する切実なテーマとなっています。

■「ミライスピーカー®」体験会開催
サウンドファンと八重洲ブックセンターは、「聴こえ」の社会課題に共同で対応していくため、下記の概要で試聴会を開催いたします。「聴こえ」にお困りの方やそのご家族で視聴してみたいという方は、ぜひこの機会にご来場下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━<開催概要>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【名称】手元スピーカー以外の新たな選択肢。特許技術搭載「ミライスピーカー®」体験会
【開催日時】2019年8月1日(木)18時半~20時
【場所】八重洲ブックセンター 本店(東京都中央区八重洲2-5-1/最寄り駅:JR東京駅)
【内容】・「聴こえ」にお困りの方が笑顔になる「ミライスピーカー®」とは
・「ミライスピーカー®」を体験しよう!
【定員】50名     【入場】無料
【お申込み・お問い合わせ】下記いずれかの方法で、お申込みください。
当日の会場への出入りも自由です。お気軽にご来場ください。
・八重洲ブックセンター本店(本店1階 インフォメーションにて受付)
・電話(サウンドファン事務局 [TEL]03-5825-4749)
・メール(サウンドファン事務局[E-mail]info@soundfun.co.jp)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

八重洲ブックセンターでは「ミライスピーカー®」を常設展示するなど、両社は今後も「聴こえ」という社会課題に対する新たな解決策・選択肢を「聴こえ」にお困りの方々へ提供していきます。


※1(出典)一般社団法人 日本補聴器工業会 JapanTrak 2018 調査報告
※2(出典)https://www.intermountainaudiology.com/wp-content/uploads/2017/08/Hearing-Loss-Dementia.pdf
※3(出典)Alzheimer's Association 報道発表資料 及び
一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 http://www.jibika.or.jp/owned/hwel/news/001/


その他詳細及びプレスリリース本文<PDF>はこちら>> https://prtimes.jp/a/?f=d42881-20190712-3637.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サウンドファン >
  3. 社会課題である「聴こえ」に寄り添い、サポートサウンドファンと八重洲ブックセンターが共同で音のバリアフリー「ミライスピーカー®」体験会を開催