食のD2CブランドGrino(グリノ)が法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」を開始

低コストで社員の健康的な食事をサポートしながらSDGs(環境保護面)への本質的なアクションが可能

冷凍プラントベースフード(100%植物性食品)の宅配サービス「Grino」を運営するRed Yellow And Green株式会社(所在地: 東京都目黒区、代表取締役: 細井優)は、一般消費者向けのD2Cサービス「Grino(https://grino.life)」に加えて、法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」を開発し、サービス提供を開始いたしました。

本リリースでは、以下の取り組みをご紹介いたします。
(1)プラントベースフードブランド Grinoとは
(2)法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」とは(こんな企業におすすめ)
(3)福利厚生サービスPerk(パーク)でもおためし可能!
  • (1)プラントベースフードブランド Grinoとは

 

Grinoは国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」17項目のうち特に「12.つくる責任 つかう責任」「13.気候変動に具体的な対策を「14.海の豊かさを守ろう」「15.陸の豊かさも守ろう」の4項目において事業を通した課題解決のアクションを行っています。具体的には以下の活動を実践しています。
 

食事を提供するだけでなく、従業員様のサステナブルな食生活の啓発活動にも注力。日本企業のサステナビリティ・トランスフォーメーション(SX)の“第一歩目”を支援をいたします。

 
  • (2)法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」とは(こんな企業におすすめ)
「在宅勤務によって社員の食生活が乱れ、多くの社員の健康診断の結果が悪化した」
「採用活動にも影響するSDGsやカーボンニュートラルへの取り組みを進め、対外的にアピールしたい」
「予算が少ない中でも食生活の面で社員をサポートしたい」


コロナ禍でリモートワークが浸透した結果、社員の運動不足や食生活の乱れが社会問題になっています。調査によると多くの人が「食生活の乱れを感じている」ことや「健康増進のために栄養バランスの取れた食事をしたい」というニーズが明らかになっています。

また、SDGsやカーボンニュートラルなどに取り組んでいきたいと考えているものの、業種や業態の関係ですぐにアクションがしにくいと感じられている企業の方々のニーズが非常に高まってきていることも事実です。

Grinoはこのような現状を踏まえて、働く人が手軽に環境負荷の低く身体にもやさしいプラントベースフードを選択でき、さらに企業としてもSDGs・カーボンニュートラルへの具体的なアクションを起こすことができる法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」を開発しました。

▶︎コロナ禍×リモートワークの浸透による食生活の課題
テレワーク中の食事の手段として、ひとり暮らし世帯では、「出前」に次いで「スーパーやコンビニのお弁当」が上位に

出前総研「テレワーク中の食事に関する調査」より


 

回答者の約9割が食生活に何らかの課題を感じている。最も多かった悩みは「栄養バランスの偏り」

 

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International
「在宅勤務推奨に伴う食事・運動の変化に関するアンケート」より
 


▶︎日本企業に求められるSDGsやカーボンニュートラルへの具体的アクション

カーボンニュートラルへの取り組みは、企業の実利やエンゲージメントに関わる重要なものだと捉えることができる

電通報 「カーボンニュートラル」は、企業価値向上の起爆剤になる

 

SDGsの重要性を理解し、具体的な取り組みをおこなっている企業は全体の8%に過ぎない

株式会社帝国データバンク『SDGsに関する企業の意識調査』


社員の健康サポートとSDGsへのアクションとの両立が可能なサービスをつくりました!


 
▶︎地球環境にやさしい
動物性食品、特に畜産業がもたらす環境負荷は非常に大きく、牛肉や豚肉を使った食事を控えることは、環境保護・気候変動対策にポジティブな影響をもたらします。


日本人の一般的食生活をベースとし、1食をプラントベースフードに置き換えるとどの程度カーボンニュートラルに寄与できるかという試算データ(自社調べ)も提供可能。プレスリリース等にご活用いただけます。

※上記はイメージです


▶︎社員の身体にやさしい
100%植物性食品であるGrinoの冷凍プラントベースフードは、「コレステロール」「トランス脂肪酸」「食品添加物」をほとんど含んでいないため、コンビニご飯やインスタント食品などと比べて健康的な食事をお楽しみいただくことが可能です。

▶︎企業のお財布にやさしい
毎月 3〜10万円(お取り引き内容によって変動・要相談)の固定費のみで、リモートワーカー・オフィスワーカー向けに割安でGrinoのプラントベースフードをお買い上げいただくことができる社員向けクーポンを発行いたします。社員数および購入数に応じた従量課金制ではございませんので、安心してご導入いただけます。
※お取り引き内容は各企業のご要望に合わせて、都度カスタマイズいたします。

★「Grino for Workers」の詳細資料はこちらからお問い合わせください!
https://forms.gle/tUE8gobvc1WjwDWw9

  • (3)福利厚生サービスPerk(パーク)でもおためし可能!

ウォンテッドリー株式会社が提供する福利厚生サービス「Perk」は、Wantedly を有料で利用している企業の従業員の方やその家族の方を対象にシゴトへの「挑戦」を支援するためのサービスをリーズナブルに提供しています。

この度「Grino for Workers」もPerkへ参画。多くの事業者様にGrinoを知っていただき、「社員の健康に配慮した食事を提供したい」「環境経営に直結する福利厚生サービスを選びたい」という企業の人事総務部様の声にお応えしてまいります。

▶Perk https://perk.wantedly.com

★「Grino for Workers」の詳細資料はこちらからお問い合わせください!
https://forms.gle/tUE8gobvc1WjwDWw9
 
  • 会社概要
商号:Red Yellow And Green 株式会社
本社所在地:東京都目黒区大橋2-8-18
代表取締役:細井優
Grinoサービスサイト https://grino.life
Grino Instagram https://www.instagram.com/grino.life
菜食のチカラ Instagram https://www.instagram.com/saisyoku_chikara
Grino Sustainable Radio https://anchor.fm/grino
Grino Journal https://grino.life/blogs/journal

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Red Yellow And Green 株式会社 >
  3. 食のD2CブランドGrino(グリノ)が法人向け福利厚生サービス「Grino for Workers」を開始