ノンプログラミングIoT・API連携プロトタイピングツール「Noodl」がCEATEC 2019に初出展

IoT、リアルデータが実装可能なプロトタイピングツール「Noodl」で価値を可視化。超高速な顧客エクスペリエンス検証でSociety5.0の可能性を拡張。

株式会社tensorX(本社:東京都新宿区、代表取締役:加藤 勲)の親会社であるテイ・デイ・エス(本社:東京都新宿区、代表取締役:加藤 勲)は、tensorXが事業として手がけるプロトタイピングツール「Noodl」を題材に10月15~18日に幕張メッセ(千葉市)で開催される「CEATEC(シーテック)2019」に初出展いたします。

テーマは「Society5.0に求められる、IoTとリアルデータを実装した高速プロトタイピング 」。今回制作したウェアラブル端末の複数のプロトタイプを通して、アジャイル開発の様子をご覧いただけます。また、ご来場の皆様には実際のプロトタイプを触っていただくことが可能です。最小限のコアな価値のみを製品化したMVP(Minimum Viable Product)を使ったユーザーテストの実施方法もご覧いただけますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。


■出展ブース概要
出展場所:トータルソリューションエリア・C024
出展者名:テイ・デイ・エス
テーマ :「Society5.0に求められる、IoTとリアルデータを実装した高速プロトタイピング」
内  容:・プロトタイピングツールNoodl
     ・集中力可視化アプリのプロトタイピング
     ・Noodlのユーザーテスト体験
Noodlについて: https://tensorx.co.jp/noodl-jp/


■CEATEC 2019概要
日  時:10月15日(火)~18日(金) 10:00~17:00
場  所:幕張メッセ(千葉市美浜区)
入場方法:下記展示会ホームページで事前登録をお願いします
https://reg.jesa.or.jp/?act=Form&event_id=9&quantity%5B5%5D=1&func=Payment


会社概要
商号:株式会社tensorX
設立:2019年4月1日
所在地:〒162-0814 東京都新宿区新小川町8-30 山京ビル
代表者:代表取締役 加藤 勲
資本金:800万円
事業内容:経営に関するコンサルティング業務及び教育、プロトタイプ開発、マーケティング支援
TEL:03-5225-7773
FAX:03-5225-7780
ホームページ:https://tensorx.co.jp/

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社tensorX
担当:薮田有希
Tel:03-5225-7773
E-Mail:staff@tensorx.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社tensorX >
  3. ノンプログラミングIoT・API連携プロトタイピングツール「Noodl」がCEATEC 2019に初出展