ダイバーシティに関するキャリアフォーラム『RAINBOW CROSSING 2020』今年はオンラインで開催決定(10/17~11/25)特設サイトを本日公開

​主催:認定NPO法人ReBit、後援:文部科学省、経団連 他 出展企業:22社

認定特定非営利活動法人ReBit(りびっと)(東京都新宿区、代表理事:藥師実芳)は、ダイバーシティに関するキャリアフォーラム「RAINBOW CROSSING 2020」を10月17日(土)から11月25日(水)にかけて、オンラインで開催いたします。

また、開催に先立ち、9月7日(月)より特設サイト(https://diversityworksjp.org/rainbowcrossing2020/)を公開。「RAINBOW CROSSING 2020」の詳細だけでなく、出展企業のダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)の取り組みや、その企業で働く多様な社員とD&I担当者の思いや人柄を知ることができるコンテンツも公開しています。

 


RAINBOW CROSSING とは

■これまでの取り組み
「RAINBOW CROSSING」は、ダイバーシティ&インクルージョン推進をテーマとした、国内最大級のキャリアフォーラムです。2016年度より毎年東京で開催し、学生・社会人らのべ6,600人が参加、企業のべ104社が出展しました。

■「RAINBOW CROSSING 2020」が目指すもの
①学生・求職者らとD&Iに取り組む企業のコミュニケーションを促進し、誰もが自分らしいキャリアへの一歩を踏み出すきっかけの提供
②産学官民で連携し、特性・属性にかかわらず「誰もが自分らしく働く」社会の実現

■「RAINBOW CROSSING 2020」の特徴
今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止および、地域・属性を超えて誰もが参加しやすい環境整備を目的として、全てのコンテンツをYouTube LiveやZoomなどのオンラインツールを使用して開催します。

ReBitは「RAINBOW CROSSING 2020」の開催を通じて、誰もが自分らしいキャリアへの一歩を踏み出すきっかけづくり、企業のダイバーシティ推進を更に前進させるための理解促進、そして就労支援者の支援力の向上に貢献することを目指しています。


<RAINBOW CROSSING 2020 開催概要>
■名称:RAINBOW CROSSING  2020(レインボー クロッシング 2020)
■日時:2020年10月17日(土)~11月25日(水)

■コンテンツ:
1. FORUM  ※要事前申し込み
ダイバーシティの最前線を知り、「これからの働き方」を考えるオンラインフォーラム。
D&Iに取り組む企業の役員・担当者・社員による横断的なトークセッションを通じ、D&Iに取り組み企業の風土や働く人の価値観など、「温度」が伝わるメッセージを届けるとともに、ポストコロナ社会で誰もが自分らしく働ける職場について考えます。
10月17日(土)、11月1日(日)、15日(日) 14:00〜18:00(YouTube Live)

2. MEET-UP ※要事前申し込み

ダイバーシティに取り組む企業で働く多様な社会人、D&I担当者とのオンライン交流・質問会。
LGBT、障がい、国籍・文化、子育て・介護経験など、多様な属性・特性をもつ社会人たちと出会い、自分らしいキャリアや働き方について知り・考える機会とします。
10月21日、28日、11月11日、18日、25日 (全て水曜日) 18:30〜20:30(ZOOM)

3. COMMUNITY 
ダイバーシティに取り組む企業やイベントの情報を受け取れる、登録制公式LINEアカウント。
年間を通じ最新の情報を届けます。
2020年9月〜2021年8月 (1年間)

■参加対象者:「自分らしく働く」ことに興味のある方。企業のダイバーシティ(LGBT、ジェンダー、障がい、エスニシティ等)の取り組みへ関心がある就活生・学生・社会人・企業担当者・就労支援者等
■参加費:無料

■参加企業(順不同・敬称略):ユニリーバ・ジャパン/株式会社丸井グループ/ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ/日本電気株式会社(NEC)/野村ホールディングス株式会社/コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社/グーグル合同会社/ソニー株式会社/アクセンチュア株式会社/NTTグループ/モルガン・スタンレー/株式会社セールスフォース・ドットコム/BLOOMBERG L.P./日本アイ・ビー・エム株式会社/清水建設株式会社/株式会社LITALICO/東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)/日本マイクロソフト株式会社/LGBTファイナンス(ウェルズ・ファーゴ、ドイツ銀行グループ、J.P.モルガン、日興アセットマネジメント)、他 ※随時特設サイトにてお知らせいたします。

■後援:文部科学省、日本経済団体連合会、日本私立大学連盟
■賛同:青山学院大学、上智大学、中央大学、津田塾大学、立教大学
■アドバイザリー団体:NPO法人ArrowArrow、Alopecia Style Project Japan、NPO法人がんノート、認定NPO法人育て上げネット、株式会社デフサポ、株式会社Blanket、認定NPO法人マドレボニータ
■主催:認定特定非営利活動法人ReBit

マイノリティや特定の属性をもつ就活生の現状
2030年に向けて国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」では、「8.働きがいも経済成長も」などで安全な職場づくりの必要性が謳われ、企業のD&Iへの取り組みは年々広がりを見せています。また、キャリア選択に関する人々の意識にも変化が見られ、ReBitの調査では、「ダイバーシティが推進されていることは職業選択に重要な要素」と答えた人が8割以上(88.5%)*1にも上りました。

一方で、マイノリティや特定の属性をもつ方が求職や就労の際に抱える課題はまだ多いと考えられます。例えば新卒就活時にSOGI(性的指向・性自認)に関するハラスメントを経験する同性愛者や両性愛者は42.5%、トランスジェンダーは87.4%であるといいます*2。また、精神疾患をもつ20代の1年後職場定着率は58.0%であるといいます*3。他にも、日本における就職を希望する外国人留学生は全体の約64.6%ですが*4、国内就職率は32.4%あるといいます*5。また、第1子出産を機に離職する女性の割合は46.9%と依然として高い状況にある*6ことが指摘され、一方で男性の育児休業取得者の割合は6.16%*7であるといいます。

新型コロナウイルス感染症の流行下において、マイノリティ性の有無にかかわらず就活生・求職者全体へ影響が生じていますが、日頃から求職や就労に課題を抱えるマイノリティ性をもつ就活生・求職者にとっても不安が増加するなど影響が生じています。コロナ禍の調査において、LGBTQの学生の約55%が就活等の進路に不安を抱えていると回答し*8、障がい者の採用について計画を変更・見直したり、採用を延期・停止した企業は3割を超えるといいます*9。

RAINBOW CROSSING のSDGsの取り組み分野

3.全ての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
8.働きがいも経済成長も
10.人や国の不平等をなくそう



認定特定非営利活動法人ReBit 代表理事 藥師実芳(やくしみか)のコメント

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、就活生らと企業が対面で接する「出会い」の機会が劇的に減少しています。この状況下で、就活に対し不安を感じる学生の数は増加しており、特にマイノリティ性をもつ学生らが抱える不安も増えています。「RAINBOW CROSSING 2020」では、コロナ禍でも「誰もが自分らしくはたらく」機会が失われないよう、「温度」が伝わるメッセージと出会いを、年間を通してオンラインで提供していきたいと考えています。


認定特定非営利活動法人ReBit(りびっと)について
LGBTの子ども・若者特有の困難解消と、多様性を包摂する社会風土の醸成を通じ、LGBTを含めた全ての子どもがありのままで大人になれる社会の実現を目指す、認定NPO法人(代表理事 藥師実芳、2014年3⽉認可)。企業・行政・学校などで1,100回以上、LGBTやダイバーシティに関する研修を実施。また、マイノリティ性をもつ就活生/・/就労者等、約3,000名超のキャリア支援を行う。2016年より、ダイバーシティ&インクルージョン推進をテーマとした国内最大級のキャリアカンファレンス「RAINBOW CROSSING」を運営する。
ReBit公式HP:http://rebitlgbt.org

*1 「ダイバーシティ経営と就職・求職活動や就労について」(令和元年認定NPO法人ReBit)
*2「LGBTや性的マイノリティの就職活動における経験と就労支援の現状調査」(平成31年3月認定NPO法人ReBit)
*3「障害者の就業状況等に関する調査研究」(平成29年4月(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 障害者職業総合センター)
*4「平成29年度私費外国人留学生生活実態調査」(平成31年1月(独)日本学生支援機構)
*5「平成29年度外国人留学生進路状況・学位授与状況調査結果」(平成31年4月(独)日本学生支援機構)
*6「『第1子出産前後の女性の継続就業率』及び 出産・育児と女性の就業状況について」(平成30年11月内閣府男女共同参画)
*7「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」(令和元年6月 厚生労働省)
*8 「LGBTQ Youth TODAY」(令和2年6月 プライドハウス東京・認定NPO法人ReBit)
*9「新型コロナウイルスによる障害者の採用・雇用施策への影響」(令和2年6月 パーソルチャレンジ株式会社)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人 ReBit >
  3. ダイバーシティに関するキャリアフォーラム『RAINBOW CROSSING 2020』今年はオンラインで開催決定(10/17~11/25)特設サイトを本日公開