3D点群処理システム「TREND-POINT(トレンドポイント)」の最新版、2020年9月24日(木)に発売

最新のi-Construction関連要領への対応と、点群処理・活用機能をさらに強化

建設業向けCADメーカーの福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)では、3D点群処理システム「TREND-POINT Ver.8」を、2020年9月24日(木)に発売いたします。

国土交通省が推進するi-Constructionにおいて、ICT土工の出来形評価が見直されたことにより、今年度から路面切削工や吹付法枠工といった新たな工種が追加されました。また、測量及び設計段階における3次元計測の普及に伴い、公共測量マニュアルや作業規程の準則等も順次改訂され、UAVレーザ測量などの新技術を採用する動きが高まっています。

今回発売する「TREND-POINT Ver.8」では、これらのニーズに対応する機能強化を行い、新たな取組みに挑戦する技術者の支援と共に、公共事業のライフサイクル全体における生産性向上に貢献して参ります。

【最新版のポイント】
  • 土木施工業向けに、2020年度のi-Construction各種要領・基準(ICT舗装工-路面切削工・ICT法面工-吹付法枠工・ICT港湾浚渫工)に対応。
  • 測量業向けに、UAVレーザ精度管理成果アシストや地表面フィルタリングなど、点群処理機能を強化。
  • 建設コンサルタント業向けに、断面や三角網などの表現力向上による点群活用機能を強化。
  • 操作性やパフォーマンス向上など基本機能を強化。

【リリース日】
2020年9月24日(木)

【価格】(税抜)
標準セット:¥1,000,000~
  1. プレスリリース >
  2. 福井コンピュータ株式会社 >
  3. 3D点群処理システム「TREND-POINT(トレンドポイント)」の最新版、2020年9月24日(木)に発売