『Epion Telepathy System』を開発いたします。

もう勘違いは起こらない! 遠隔電磁波系コミュニケーションツールで超高速円滑伝達!

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

当社は、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは、株式会社ドゥファイン Do Epion project の April Dream です。
人材派遣やアウトソーシング事業などを行う、株式会社ドゥファイン Do Epion project(本社:東京都千代田区、執行役員BPR事業本部長:佐々木忠晴、以下Do Epion project)は、遠隔電磁波系コミュニケーションツール『Epion Telepathy System』を開発いたします

電磁波を使って遠隔コミュニケーション!?言い方の違いで生まれる誤解を解消!
皆さんが当たり前にしているコミュニケーション。特に意識して行わないことが多いかもしれませんが、相手にきつく当たってしまったり、誤解されてしまったりした経験が一度はあるのではないでしょうか。
そんな問題を解決するために、Do Epion projectは、脳内の電磁波を活かした遠隔コミュニケーションツール『Epion Telepathy System』の開発に着手しはじめました。
この『Epion Telepathy System』を使用すれば、実際に会話をしなくとも、電磁波に乗って、伝えたいことが、相手に一番分かりやすく適切なメッセージとなり、相手の脳内に直接届きます。このシステムを使用することで、コミュニケーションの最適化、社員の満足度・やる気が向上し、業績アップにも繋がります。
コミュニケーションロスによる損失・・・そんな時代はもう終わりを迎えようとしています。
Do Epion projectは、『Epion Telepathy System』を使って、楽しく働ける環境を提供いたします。
 

『Epion Telepathy System』URL https://youtu.be/hyXjCDM21qQ



Do Epion projectの今までの取り組み
Do Epion projectは、既存事業の人材派遣やアウトソーシング事業から、業務改善には、コミュニケーションが大きく関係していると考えています。まず、目を向けたのは、エスカレーションです。誰もがしたことがあるエスカレーション。聞き方の違いや、受け取り方の違いで業務のミスや不安・不満につながってしまいます。一発で質問者に沿った回答が出来たら、社員のストレスが減り、かつ業務の効率化やコスト削減にもつながるのではないかと思い、次世代型QA検索システム『BPUSS』開発いたしました。ここをスタートとして、幸せに、楽しく働けるサービスを想像し、未来のシステムを創造し、夢を実現化し続けます。
※次世代型QA検索システム『BPUSS』は本日より商品化しておりますので、ぜひご覧ください。
『BPUSS』URL https://pub.bpuss.com/
『BPUSS』の特徴紹介動画URL https://youtu.be/a0NxYI8FL1Q
『BPUSS』プレスリリースURL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000051140.html

■「April Dream 」とは
「April Dream 」は、 4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢を発信いただく PR TIMES によるプロジェクトです。

【会社情報】
会社名:株式会社ドゥファイン
団体名:Do Epion project
所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-28-3 ドゥファイン第1ビル
設立:1990年6月12日
事業内容:テレマーケティング事業・アウトソーシング事業・人材派遣サービス事業・社員教育事業
URL: https://www.dofine.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ドゥファイン
団体名:Do Epion project
担当:日俣春乃、佐々木忠晴
TEL:090-4937-2553/090-4069-0470
E-Mail:h_himata@dofine.co.jp/sasaki@dofine.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドゥエピオン >
  3. 『Epion Telepathy System』を開発いたします。