PaoChai「中国語独学完全マップ」中国語トレーニング用の動画を39本、無料公開

中国語ネイティブの手本の発音動画7本に加え、「発音トレーニング」用の動画21本と「瞬間中作文のトレーニング」用の動画11本を新たに追加

PaoChaiオンライン中国語コーチングを提供する株式会社Rungar(本社:東京都新宿区西早稲田、代表取締役:冨江 恭直)は運営中の「中国語独学完全マップ」に、より効率的に独学できる動画コンテンツを追加しました。「中国語独学完全マップ」は、中国語で“会話できる力(話せる、聞ける)”を目標に、初心者からコア能力完成(HSK6級目安 ※1)まで一人で学べる独学コンテンツです。今回、これまで公開していたネイティブの手本となる発音動画に加え、動画を見ながら中国語の発音のトレーニングができる動画と「瞬間中作文」のトレーニングができる動画を新たに制作し、公開しました。これにより、さらに効率的な中国語学習が期待できます。
PaoChaiオンライン中国語コーチングを提供する株式会社Rungar(本社:東京都新宿区西早稲田、代表取締役:冨江 恭直)は運営中の「中国語独学完全マップ」に、より効率的に独学できる動画コンテンツを追加しました。「中国語独学完全マップ」は、中国語で“会話できる力(話せる、聞ける)”を目標に、初心者からコア能力完成(HSK6級目安 ※1)まで一人で学べる独学コンテンツです。今回、これまで公開していたネイティブの手本となる発音動画に加え、動画を見ながら中国語の発音のトレーニングができる動画と「瞬間中作文」のトレーニングができる動画を新たに制作し、公開しました。これにより、さらに効率的な中国語学習が期待できます。

■「中国語独学完全マップ」独学用の動画コンテンツ
①ネイティブの手本となる発音:7本(以下、「410音節表」の例)


②中国語の発音の基礎を固めるためのトレーニング用動画:21本(以下、「単母音」の例)
 

 

③「瞬間中作文」のトレーニング用動画:11本((以下、「少し複雑な動詞述語文」の例)

 

■「中国語独学完全マップ」とは
中国語で“会話できる(話せる、聞ける)”力を目標に設定し、全くの初心者からコア能力完成(HSK最上級6級が目安 ※1)まで、何を、どのように、どれくらい学習すべきかを20レベルの121タスク(合計600時間の学習時間 ※2)に徹底整理した無料のオンライン独学コンテンツです。

■  背景
1.中国語学習、最初の一歩を踏み出し全体像を理解
中国語に興味がありつつも「仕事や学業が忙しい」「効率的な目標設定や学習方法がわからない」「続けられるか不安」等の理由により学習開始に踏み切れていない方々のために、一歩を踏み出していただくために無料の独学コンテンツ「中国語独学完全マップ」を公開しました。中国語を身につけるまでの600時間の全体像を理解し、学習の見通しを得ることができます。中国語初心者からコア能力完成(HSK最上級6級が目安 ※1)まで毎日1時間で約20ヶ月、2時間で約10ヶ月、3時間で約7ヶ月です。

2.日本の未来を担う人材育成のため
今年2月発売された話題書『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』 (安宅和人著 ※3)において、今後必要なスキルとして「データ✕AIリテラシー」と並び「世界語として中国語」の重要性が説かれています。PaoChaiはこのような中国語の重要性を踏まえ、意欲のある学習者を応援します。

現在、インターネット上には無数の学習コンテンツがあり、先生や学校のサポートがなくても、やる気と自習力があれば独学で中国語を身につけることも可能です。しかし、既存コンテンツは部分的な情報に留まるものが大半で、体系的に学べるものはありません。「中国語独学完全マップ」は“使える(会話できる)”力に照準を定めゼロから上級まで効率的に学べる独学コンテンツを提供します。

■  「中国語独学完全マップ」3つの特徴
特徴1.本当に“会話できる”中国語力で20レベルの目標設定!
一般的な語学検定対策の勉強では知識偏重になってしまう可能性があります。「中国語独学完全マップ」は“会話できる”中国語力を目標にPaoChaiレベルP01からP20まで設定しています。最高レベルまでの20の各レベルは具体的(S)、測定可能(M)、達成可能(A)、目的に関連している(R)、時間制約がある(T)というSMARTな観点で設定されているので、着実に“会話できる”中国語力を高めることが可能です。


特徴2.迷わない!何を、どのように、どれくらい学習すべきかを600時間分の121タスクに徹底整理!
初心者からコア能力完成(HSK6級目安 ※1) までに必要な約600時間の全ての学習内容を121個のタスク(20レベル)に整理しています。やるべきことが明確なので迷わず効率的に学習を進めることができます。

特徴3.シンプルな学習形式!「知っている」を「使える」に変える「音読ジョグ」
四技能(話す、聞く、書く、読む)に分けられた学習は煩雑で、やる気がなくなり続けにくいものです。「中国語独学完全マップ」では、これらを音読ジョグ(音読、リピーティング、シャドーイング等)というトレーニングに集約し、ジョギングのようにシンプルで成長実感のある学習を軸に進めます。

■サービス概要
・サービス名:PaoChai中国語独学完全マップ
・利用料:無料(※4)
・サービスURL:https://dokugaku.paochai.jp/

■  独学の難しさ
PaoChaiでは中国語を一人で独学する場合、以下の4つの問題が生じると考えています。
問題1.目標設定と学習計画が分からない
問題2.学習内容が理解できない
問題3.間違った理解や習得をしてしまう
問題4.モチベーションを保てない

「中国語独学完全マップ」はこのうち問題1を解決しています。学習者は残りの問題2から4に気をつけていれば独学で中国語学習をすることも可能です。しかし、依然として問題が生じる可能性があります。PaoChaiでは、この問題2から4を解決する「オンライン中国語コーチング」を別途提供しています。

PaoChaiオンライン中国語コーチング
https://www.paochai.jp/

※1:コア能力とはPaoChaiが定める会話できる力の基礎となる能力です。HSKに合格するためには「中国語独学完全マップ」での学習とは別に、試験問題の形式に慣れるため対策が必要です。
※2:レベル、タスク、学習内容は日々改善しております。更新情報はサイトでご確認ください。
※3:安宅和人著『シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成』 (NewsPicksパブリッシング、2020年2月)では「10年以内に数世紀ぶりに世界のトップに戻る可能性が高い中国市場に対する備え」として中国語で最先端の「情報をタイムリーに収集する能力」やコミュニケーション能力が重要であると述べられています。
※4:ただし、市販の指定参考書(約5,000円)の購入が必要です。

【株式会社Rungarについて】
Rungarは「異なるを、楽しく」をモットーに、「異なる」ことを多くの人々が楽しめる世界の実現に貢献します。教養を「異なる世界を生きている人とのコミュニケーションを楽しむ力」と定義し、教養を身につけ発揮する機会を提供します。
所在地: 東京都新宿区西早稲田1-22-3 早稲田大学インキュベーションセンター12室
代表者: 代表取締役 冨江 恭直
URL : https://www.rungar.co.jp/
事業内容:
日中間コミュニケーション領域のサービス開発・運営
・日本語母語話者向け中国語コーチング
・中国語母語話者向け日本語コーチング
・日中の個人同士によるコミュニケーションサービス

【代表取締役の経歴】
早稲田大学国際教養学部卒業。フィリピン英会話やオンライン中国語のベンチャー企業でのインターンを経て、楽天株式会社に新卒入社。2012年、アニメ映画『君の名は。』の中国展開などで知られる株式会社アクセスブライトに、創業メンバーとして参画。中国支社の日本人代表として合計約5年間中国(南京と上海)に駐在し、数々の日本産ゲームやアニメ等IPコンテンツ(知的財産)の中国展開に従事。企画、提案、契約からプロジェクト進行まで担当。その後、2019年8月に株式会社Rungarを起業。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社Rungar 冨江
電話: 080-7553-5865
メール:info@rungar.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Rungar >
  3. PaoChai「中国語独学完全マップ」中国語トレーニング用の動画を39本、無料公開