AI顔認識技術を活用した体温測定システムを開発、農林水産省省内に導入

JCV
ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)の子会社であるAI画像認識ソリューションを提供する日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:アンドリュー・シュワベッカー、以下「JCV」)は、AI顔認識技術を活用した高速体温測定システムを開発し、農林水産省へ納入致しました。農林水産省は、省内の会議室入室前で実施している体温測定を効率的に実施することを目的として、本システムの導入をしました。
AI(人工知能)を活用した顔認職技術により、マスクを着用したままでも入室者の体温を瞬時に測定する他、マスクの着用有無を検知・通知し、感染症の拡大予防に繋げます 。
JCVが提供する「顔認証・体温測定ソリューション」はマスクを着用したままでも認証ができる高精度な顔認証機能に、体温測定検知ならびにマスク検知機能を追加した形となり、提供開始以降、公共施設、病院、オフィスビル等にてご採用を頂いております。

本システムは、「顔認証・体温測定ソリューション」のうち、体温測定機能とマスク検知・通知機能を活用します。赤外線カメラは、対象者と1.5メートル離れた距離でも、0.5秒で、±0.3℃の精度で体温を測定します。また来場者のマスク着用有無や体温異常を検知し、管理者に即時通知を送信することが可能です。最適化されたアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも正確に測定および検知を行います。なお、今回の導入では、体温測定のみを行い、顔認証による入場管理は行いません。また来場した方の個人情報や画像データは一切取得しません。

 本取り組みを通じて、農林水産省は、密閉空間における感染リスクの低減と各種会議ならびに会合が安全に実施できる環境づくりを目指します。JCVは、本取り組みで得たノウハウを元に、新型コロナウィルスやインフルエンザなどの感染症の予防や施設の運営管理に貢献すべく、オフィスやイベント会場、空港、学校などへの導入拡大を図っていきます。

 


<参考>
■JCV「顔認証・体温測定ソリューション」(http://pardma.japancv.co.jp/face_thermal_imaging_jpについて
1. 特長
・「JCV Total Building Access solution」(https://www.japancv.co.jp/solutions/buildingaccess/
との連携により、入退館および体温測定を同時に管理可能
・特化したアルゴリズムにより、マスクを着用したままでも高精度かつ高速な顔認証および体温測定が可能
・最適化されたアルゴリズムより黒体※の導入が不要
・既存のセキュリティゲートへの装着やスタンドへの設置が可能

2. 機能
・超精密な体温測定:11万の温度点から独自アルゴリズムで通行者の体温を±0.3度の精度で測定
・リアルタイムアラート:マスク未着用、体温異常の場合、通知の送信が可能
・非接触・ウォークスルー (walk-through):0.5m~1.5mから0.5秒以内に体温および顔を検知
 


※ 黒色の平面を一定温度を設定できる機器。サーモカメラの多くは精度を保つために黒体を用いた調整が必要となることが一般的
 

■ 日本コンピュータビジョン (JCV)について https://www.japancv.co.jp
日本コンピュータビジョン株式会社(JCV:Japan Computer Vision Corp.)は、ソフトバンク株式会社の子会社で、AI技術を活用し、スマートビルディング分野やスマートリテール分野に対し最先端の顔認証ソリューションを提供するビジョナリーカンパニーです。JCVは、最先端の技術に、日本国内で求められる高水準のセキュリティ、個人情報保護の価値への意識を通じて、人々が幸せにくらす、より効率的で便利な新しい世界の出発点となるようなプロダクトを生み出していきます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCV >
  3. AI顔認識技術を活用した体温測定システムを開発、農林水産省省内に導入