楽器不足の子どもたちに休眠楽器を寄附「楽器寄附ふるさと納税」令和2年度までの寄附実績を公表

三重県いなべ市をはじめとした全国16の自治体が参画

サマリー
・寄附申込み件数が1,000件を超え、寄附楽器の累計査定金額が1,000万円を超える
・寄附が多い地域は関東地方、TOP3は東京・愛知・神奈川
・最も多く寄附された楽器はトランペット、次いでクラリネット・フルート
株式会社パシュート(本社:東京都文京区、代表取締役:中道麦)、三重県いなべ市(市長:日沖靖)、株式会社マーケットエンタープライズ(本社:東京都中央区、代表取締役:小林泰士)が連携して開始した「楽器寄附ふるさと納税」(専用サイト https://www.gakki-kifu.jp/)は、2018年10月の制度開始から2年半における寄附実績を公表しました。

「楽器寄付ふるさと納税」とは、楽器が不足している教育機関及び音楽団体等へ、全国の使われていない休眠楽器をご寄附いただく仕組みです。ご寄附に際して楽器の査定が行われ、その査定金額がふるさと納税と同様に税金控除される、全国初の取り組みとなります。
2018年10月にこの取り組みを発案した三重県いなべ市が楽器寄附の募集を開始し、現在16の自治体が参画しています。​今年度も数自治体の参画が既に確定しています。

 
  • 令和2年度までの寄附実績

制度開始から2年半が経ち、全国の休眠楽器をお持ちの方からご反響をいただくことができました。これまでの寄附申込み件数は全国から1,000件を超え、寄附楽器の累計査定金額は1,000万を超えました。最終的に学校等にご寄附された楽器の件数は461件となりました。

楽器寄附を受けた児童や生徒たちからは、「コロナ禍でコンクールが中止になって発表の場もなくなり、開催されても無観客での演奏は寂しいものがありましたが、そんなときに楽器を寄附していただき、心がとても明るくなりました」、「ピカピカのトロンボーンを見てうれしくてたまりませんでした」など、たくさんのよろこびの声を聞くことができました。コロナ禍以前には、ご寄附いただいた楽器の音色を感じていただけるよう、寄附者を演奏会へご招待し、地域との直接的な結びつきに繋がっています。
 
  • 【地域別】楽器寄附件数

  寄附者の居住地は36都道府県に渡り、全国の約76%の地域からご寄附いただいています。最も多いのは東京都(117件)、次いで愛知県(50件)、神奈川県(37件)と続きます。関東・関西・中部のように、人口の多さに比例して寄附件数も多いという結果になりました。
対して特徴的なのは鹿児島県(11件)です。人口で見ると決して多い地域ではありませんが、鹿児島県の鹿屋市が本制度に参加していることにより周知・認識され、県内からの多くの寄附をいただくことができました。

通常のふるさと納税と違い、本制度には「返礼品」と呼ばれるものがなく、児童・生徒たちからの「感謝の手紙」をお返しいただいています。返礼品がないことにより、自治体内の方でもふるさと納税のメリットである税金控除を受けることもできるため、より地元の方からも応援しやすいかたちになっていると考えられます。
 
  • 【楽器別】楽器寄附件数

これまでにご寄附いただいた楽器の種類は15種類を超えます。最も多いのはトランペット(102件)、次いでクラリネット(87件)、フルート(81件)、サックス(59件)と続きます。やはり個人所有のしやすい楽器の寄附が多い結果となりました。

楽器の状態に関しては、ご寄附された学校の児童・生徒や先生たちも驚くほど状態の良い楽器がほとんどです。「もう使わなくなったから売ってしまおう」という気持ちよりも、「使う予定はないが想いが詰まっている楽器を手放したくない。しかし困っている子どもたちが居るのであれば使ってもらったほうが楽器にとっても幸せだろう」という想いを込めてご寄附してくださる方が多いことの結果だと考えています。
 
  • 寄附者からの応援メッセージ紹介
■長らく家で眠っていた、思い入れのある楽器です。子どもたちの心豊かな音楽生活の助けになれば、こんなに嬉しいことはありません。コロナで管楽器は特に練習が難しくなっていますが、皆さんの若い力でどうか乗り越えていってください。地域に、そして世界へ、素敵なハーモニーを響かせてくださいね♪

■はじめまして。今年度はコロナで、学校生活もクラブ活動も制限が沢山あり大変でしたね。そんな中でも、練習に励んでおられることを知り、お役に立てればと、楽器を寄附させて頂くことにしました。 このコルネットは私が皆さんと同じ中学生の時に吹奏楽部で毎日練習したものです。両親に買ってもらった大切な楽器ですが、大人になってからは演奏する機会もなく、楽器が可哀想だと常々思っていました。日々、頑張っておられる皆さんに使って頂けると、きっと楽器も喜ぶと思います(^^)

 
  • 今後の展開
本制度も4年目を迎え、今年度からご参画いただく自治体も更に増える予定です。返礼品目的ではなく、「楽器不足で困っている児童・生徒たちを応援したい」という純粋な想いから生まれる楽器寄附は、「ふるさと納税の本質」を捉えているとも考えています。

コロナ禍で難しい部分もありますが、演奏会やコンサートへのご招待等、楽器をご寄附いただくだけにとどまらない、寄附者と自治体との直接的な接点を設けることにより、その自治体のファン(関係人口)の創出にまで繋げられるような制度の構築を目指していきます。

 
  • 楽器寄附ふるさと納税とは
楽器が不足している教育機関及び音楽団体等へ、全国の使われていない休眠楽器をご寄附いただく仕組みです。寄附に際して楽器の査定が行われ、その査定金額がふるさと納税と同様に税金控除されます。

寄附希望者は専用のWEBサイト(https://www.gakki-kifu.jp/)から寄附したい学校等を選んでいただき、楽器の査定を行います。寄附者の負担は一切ありません。寄附が実行されると、査定事業者から自治体へ楽器が納品され、児童・生徒たちに手渡されます。返礼品はありませんが、児童・生徒たちからの「感謝の手紙」やメッセージ、演奏会へのご招待等が届きます。楽器をご寄附いただくだけにとどまらず、楽器寄附をきっかけにした関係人口創出にもつながっています。

 



<株式会社パシュート>
株式会社パシュートは「地域とヒトをつなぐ」を企業コンセプトに、地域の課題解決だけではなく、地域の魅力を活かしたファンづくりのお手伝いをさせていただきます。
事業内容:地域企画事業(アウトドアや地域の自然資源を活用した地方創生・関係人口創出)、メディア事業(メディア運営・イベント・Web・デザイン)
URL:https://www.pursuit-inc.jp/

<いなべ市>
三重県の北の玄関口に位置し、岐阜県や滋賀県と隣接するいなべ市は、名古屋から車で約50分の距離にあり、自動車関連企業などが進出し、活力あるまちとして発展を続けています。西に鈴鹿山脈をいただき、中央に流れる員弁川を挟んで田園地帯が広がる緑豊かな住みよいまちです。2019年3月には東海環状自動車道大安インターチェンジが開通し、更なる発展が期待されています。
URL:https://www.city.inabe.mie.jp/

<株式会社マーケットエンタープライズ>
株式会社マーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業などを展開しています。「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、2006年の設立以来、成長を続けています。2015年6月には東証マザーズに上場し、2021年2月に東証一部上場を果たしました。ネット型リユース事業のサービス利用者は延べ430万人を達成しました。楽器寄附ふるさと納税では、これまで行ってきた楽器買取の知見を活かし、楽器査定を担当しています。
URL:https://www.marketenterprise.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パシュート >
  3. 楽器不足の子どもたちに休眠楽器を寄附「楽器寄附ふるさと納税」令和2年度までの寄附実績を公表