​ユビ電、WeCharge電気自動車充電サービスが全EV車種に対応

WeCharge正式サービス開始は6月初旬を予定

WeCharge HUBの導入により、2021年6月初旬開始の正式サービスでは、全EV車種でWeCharge充電サービスが利用可能。マンション向けに「マンション居住者向け充電設備設置サポート」も実施中。ホテル旅館、商業施設等にWeCharge充電スポットを順次拡充。
ユビ電株式会社(本社: 東京都渋谷区 代表取締役:  ⼭⼝ 典男 以下、ユビ電)は、電気⾃動⾞充電サービスの WeCharge [ウィーチャージ] に、独自の課金運用コントローラー WeCharge HUB [ウィーチャージハブ] を充電場所に導入することで、BEV(バッテリー電気自動車)・PHEV(プラグインハイブリッド車)の全車種対応の充電サービスとなります。WeChargeはプレサービス期間を終えて、正式サービス開始は2021年6月初旬を予定しています。
 

 

WeCharge HUBWeCharge HUB

 
  1. WeCharge対応のコンセント・充電器は常時OFFの状態
  2. WeChargeアプリでQRコードを読み込み充電開始
  3. WeCharge HUBで遠隔スイッチがON
  4. 電気自動車を充電⚡アプリで登録されたクレジットカード払いで簡単

電気自動車の普及には、駐車中に充電できる場所の拡充と、電気代を簡単に精算する課金システムが重要と、ユビ電は考えています。WeCharge電気自動車充電サービスはIoT技術を活用し、車両登録から充電利用、そして支払いまでWeChargeアプリだけで完結する充電サービスを提供しています。

WeChargeは、施設付属駐車場に複数のコンセントとWeCharge HUBを設置し、充電開始や終了の遠隔制御、充電料金の支払いが全てWeChargeアプリで行うことができます。

WeChargeではマンション居住者でも電気自動車の「おうち充電」ができるよう、全国のマンション向けに「マンション居住者向け充電設備設置サポート」を実施しています。

また「おうち充電」と並行して、ホテル旅館、商業施設、オフィスビル、空港など、クルマの駐車時間が長い施設駐車場にも「おそと充電」ができるWeCharge充電スポットを拡充していきます。一つのアカウントで、マンションでも、ホテルでも、仕事中でも、どこでも、駐車時間を味方にするWeCharge充電が可能となります。

WeCharge HUBの提供により全BEV・PHEV車種対応となるWeChargeは、より多くの電気自動車ユーザーに利便性の向上をもたらし、いつでもどこでも「じぶんの電気」を使える電力環境づくりを目指します。ユビ電は、これからもモビリティとエネルギーの融合領域において、さらにビジネスを加速していきます。

詳細情報については、下記WeChargeサービスサイトにてご確認ください。 
電気⾃動⾞充電サービスWeCharge https://www.wecharge.com
マンション居住者向け充電設備設置サポート 特設サイト https://www.wecharge.com/aptcnp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユビ電株式会社 >
  3. ​ユビ電、WeCharge電気自動車充電サービスが全EV車種に対応