脳SellがシモキタTAKEOUTとの協賛で、大型アイデアコンペティションを開催

脳Sellにて、地域課題を一般消費者のアイデアで解決するアイデアソンを実施

企画やアイデアの売買プラットホーム『脳Sell(https://know-sell.com)を運営するrayout株式会社(東京都世田谷区、代表者:吉田壮汰、以下rayout)は下北沢の街との協賛イベントを2020年12月18日(金)12:00~開催することを発表いたしました。
■イベント概要
同社が運営するサービス、脳Sell(https://know-sell.com)では、一般消費者からのアイデアや発想を社会に役立てるという仕組みになっており、今回下北沢の飲食店などを中心とする団体「シモキタTAKEOUT」との協賛で、「下北沢のテイクアウト文化を促進させる」というテーマでアイデアコンペティションを行います。

アイデアは脳Sell上から投稿することができ、投稿されたアイデアの中から金賞、銀賞、銅賞が選定される形になっており、各種報酬が設定されております。

 

 



■イベントの背景
コロナの第一波を超え、人の出入りも少しずつ回復しはじめてきたところでしたが、ここに来てまたコロナウイルスが猛威を奮い始めております。それに伴い、GoToの年末の廃止なども相まり、地域経済も打撃を受けかねないような状況が再び襲ってきております。
そんな状況下で、人々の健康と地域経済の両立を考えた中で、密な店内での飲食ではなく、テイクアウトを促進させたいという下北沢の店舗様方の想いから、本キャンペーンは開催されております。

 


開催期間
本キャンペーンは2020年12月18日(金)12時〜2020年12月22日(火)15:00までの開催となっております。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. rayout株式会社 >
  3. 脳SellがシモキタTAKEOUTとの協賛で、大型アイデアコンペティションを開催