すべての人が自らの「Freewill-自由意志」を持ち、お金のためではなく“自己実現”のために働く社会を実現

経済の発展と地球課題解決が両立し、人類と地球の共存共栄が果たされました

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

ICT×グローバル事業で地球課題解決に取り組む株式会社Freewillは、すべての人が自らの「Freewill-自由意志」を持ち、お金のためではなく“自己実現”のために働く社会を実現したことを発表いたします。当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「株式会社Freewill」のApril Dreamです。

GDP世界第2位として日本が位置付けられていますが、その反面“過労死(Karoshi)”が世界の言葉として通用していました。本来は「幸せに生きること」が目的だったはずなのに、仕事やお金を稼ぐことが手段ではなく目的となり、それらが原因で自らの命を絶つ悲しい出来事が後を絶ちませんでした。

そんな社会の現状に終止符を打つため、株式会社Freewillは”お金第一”ではなく、“自己実現”のために働く社会の実現を果たしました。


憂鬱な空気が蔓延した通勤電車の雰囲気がガラッと変わり、一人ひとりが自身の「Freewill-自由意志」の実現に向けて働くことができるようになりました。今では、すべての働く人々の顔がやる気に満ちた表情に変わっています。

副業やリモートワークなどにより働き方の選択肢も多様化して会社単位ではなく、プロジェクトベースで仕事をすることが当たり前になりました。IT技術の普及により日本のグローバル化が進み、起業家精神(アントレプレナーシップ)を持った若者がどんどん世界で活躍することになり、日本の”過労死(Karoshi)“は過去の産物となりました。

 

“働く”ことは誰かに強制されてするものでもなければ、嫌々するものでもない。
”働く“ことは自分自身の人生をどのように生きたいか、自らの選択で行うもの。

働く人それぞれが“働く”ことの目的を考え直し、”お金や生活のため“ではなく”自己実現のため“に働く意識をもつようになりました。

仕事が生きるテーマにつながり、仕事を楽しみ、人生をもっと楽しむ人が増えました。自分の良心に従い、海はきれいな方が良い、山は豊かな方が良い、勝ち負けではなく、損得ではなく、みんなが笑顔で幸せな方が良いという選択をすることができるようになりました。その結果、経済の発展と地球上で起きている環境問題の解決が同時にできる、人類と地球の共存共栄を果たすことができています。

Freewillでは、上記の夢の実現に向けて、ユニークな会社制度やソーシャルサービスの運営を行っています。
  • 自らが実現したいビジネスアイデアをプレゼンし、共感する仲間とチームを組んでプロジェクトベースで仕事ができる「社内起業制度」
  • 一定の成果をアウトプットできる社員を管理・監督するのはナンセンスとして、自身の給与を自ら決める事が出来る「自己報酬決定制度」
  • 社員のだれもが海外研修の企画・拠点の立ち上げを行うことができる「海外研修企画制度」
  •  ICT技術だけでなく、アントレプレナーシップ、英語力などグローバルビジネスパーソンを育成する「社内研修制度」


これら全ては、社員の夢や目標を応援し、社員の成功を会社の成功と考える企業風土から生まれたものです。シリコンバレーに姉妹会社を持つFreewillが目指すのは、自己実現を実現するフラットな組織です。2021年3月現在、日本以外に世界19か国以上から国際的なメンバーが集まり、現在160名のスタッフが在籍しています。

主軸となる事業は、ICTエンジニアリング事業とソーシャルサービス事業です。

ICTエンジニアリングでは、お客様の課題分析から提案、システム開発や運用保守までワンストップで行い、グローバルエンジニアがICTを通じた日本企業のグローバル化支援を行っています。

自社開発するソーシャルサービスについては、AI・ブロックチェーンなどの最先端テクノロジーを駆使して、4つのグローバルソーシャルサービスの開発と運営をしています。

■4つのソーシャルサービス

地球の才能を育むストーリーファンディング「SPIN」
https://spin-project.org/


誰もが世界に”良き行い“を発信できるメディア「Vibes.media(β版)
https://vibes.media/

 


熱と才能を結び付ける人材シェアリングサービス「Freewill Freespace(β版)」
https://www.freewill-freespace.com/


地球と人を豊かにするエシカルオンラインマーケット「tells(2021年リリース予定)」


■Sustainable eco Society
4つのサービスは、「サービスを使えば使うほど森の苗木が増える」仕組みになっており、誰もが無意識に消費活動をする中で、自動的に森の苗木が増える「Sustainable eco Society」というトークンエコノミー実現のために連携しています。消費者(コンシューマー)が生産消費者(プロシューマ―)になり、経済と地球が共存共栄していく世界を実現します。

https://www.free-will.co/sustainableecosociety

Freewillは、すべての人が「Freewillー自由意志」と良心に従い地球と共存共栄していく世界の実現 を目指して活動を続けて参ります。また、 “Take Action with Love”をコアバリューに私たちと一緒に「本気で世界を変えたい」という熱い想いを持った仲間を学歴や経験問わず募集していきます。


「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Freewill >
  3. すべての人が自らの「Freewill-自由意志」を持ち、お金のためではなく“自己実現”のために働く社会を実現