あなたにぴったりのスマホ乗り換えをアシスト!

〜料金プラン診断から乗り換えまでを手伝う機能「スマホ乗り換えアシスト」をリリース〜

このプレスリリースは、April Dreamプロジェクトに共感し、4月1日を夢があふれる日にしようとする事業者が、やがて叶えるために発信した夢です。

※当社は「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)」のApril Dreamです。今後実現していきたい「夢」について実現後の形を予想して記載しています。|GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)(新潟市中央区、代表:河村亮介)は、同社が運営するインターネット回線比較サイト「GreenWaves(グリーンウェーブス)」にて「スマホ乗り換えアシスト」をリリース致しました。これにより、利用者が自分にぴったりの料金プランを選べ、乗り換えまで行うことで月々の通信費を節約することができます。
報道関係各位
2021年4月1日
GreenEchoes Studio

※当社は「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは「GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)」のApril Dreamです。今後実現していきたい「夢」について実現後の形を予想して記載しています。|GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)(新潟市中央区、代表:河村亮介)は、同社が運営するインターネット回線比較サイト「GreenWaves(グリーンウェーブス)」にて「スマホ乗り換えアシスト」をリリース致しました。これにより、利用者が自分にぴったりの料金プランを選べ、乗り換えまで行うことで月々の通信費を節約することができます。
【URL】https://greenwaves.jp/
 

エイプリールドリームアイキャッチエイプリールドリームアイキャッチ

 



2020年に菅新政権となり、携帯電話料金の4割値下げが掲げられ、大手キャリアからahamo,povo,LINEMOなどの「オンライン専用プラン」が2021年3月から提供を開始しました。各種メディアでも大きく取り上げられており、日本国内では携帯電話料金の見直しへの関心が高まっています。また、2021年4月から転出手数料の無料化がスタートし、格安スマホ事業者がキャリアへ支払う「データ通信料」に関しても、総務省が発表した「アクションプラン」目標値を1年前倒しして2019年度比の約半分に値下がりしました。これを受けて大手キャリアのオンライン専用プランに対抗する形で次々と安価な新料金プランが発表されています。その一方で、携帯電話の番号をそのまま乗り換える手続きに関しては十分周知されておらず、複雑な携帯電話の乗り換えに関する利用者の知識不足によって乗り換えられないケースが多く発生することが考えられます。MMD研究所が2021年3月11日に発表した調査結果によると、オンラインでの契約経験無しはdocomoで64.4%、auで73.6%、SoftBankで72.1%に上り、インターネットが全盛となった現在でもスマートフォンの乗り換えに関してはキャリアショップなどで行われていることが示唆されました。
現在の携帯電話を番号そのまま乗り換える手続きに関しては非常に複雑となっており、総務省によって乗り換え促進のために簡素化する取り組みが行われていますが、既存の仕組みを変えるためには相応の時間がかかることが考えられることから、利用者が通信費用を節約するためには、利用者自身が乗り換え方法について学ぶこと以外方法がないのが現状です。
当事業運営サイト「GreenWaves」がリリースした「スマホ乗り換えアシスト」では、既に提供しているサービス「スマホ乗り換え相談所オンライン」「スマホ乗り換え手数料シミュレーター」を統合し、利用者のニーズに見合ったプランの提案から、乗り換えにかかる手数料の概算に加えて、オンライン上で乗り換える方法についてわかりやすく解説することで、スムーズな携帯電話乗り換えを支援することができます。
この新機能を利用することで、携帯電話料金に対する関心が高まり、乗り換えによって節約できたお金を別の用途に活かすことで日々の生活を支援できると考えています。

「April Dream」は、4月1日に単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。上記新機能「スマホ乗り換えアシスト」が当事業が思い描く夢であり、現時点では実現できておりません。
各種調査で数値はばらつきますが、2021年時点で大手通信キャリアの契約者は約9割、格安スマホと呼ばれているキャリアから通信回線を借用して通信事業を展開しているMVNOの契約者は約1割程度と言われています。MVNOに関しては、料金が非常に安価ですが、人件費を削減して通信費を下げる傾向があるため多くの場合ウェブサイト上での手続きが主流となっています。キャリアショップでの手続きとは異なり、乗り換えに関する手続きの全てを自身が行う必要があります。この手続きの煩雑さが最大の障壁となり、乗り換えが進んでいないという現状があると考えています。
当事業ではその現状を打破するために、運営サイト「GreenWaves」にて2021年1月に総務省案に先駆けて「スマホ乗り換え相談所オンライン(https://greenwaves.jp/norikae_online/)」、2月に「スマホ乗り換え手数料シミュレーター(https://greenwaves.jp/plan_migration_simulator/)」をリリースしました。「スマホ乗り換え相談所」では、利用者のニーズを把握すべくチャート式アンケートに回答していただき、当事業が比較選定したニーズに見合った事業者の料金プランを提案する仕組みです。「手数料シミュレーター」に関しては、乗り換えで生じる契約元と契約先での手数料の組み合わせを提示することで、乗り換えた際にいくらかかるのかを明示することが可能です。合わせて、両機能のリンク先に「スマホ乗り換え案内ページ」を挿入することで、どのように乗り換え手続きをとったら良いのかを提示しています。将来的にはこの機能を統合し、利用者のニーズを汲み取ってプランを提案→乗り換えまでを支援する仕組みを作ることを夢見ています。
総務省統計によると2021年1月の家計調査報告(二人以上の世帯)によると、総支出に占める通信費用の割合は約5%(13,594円)となっています。通信費用に関しては、食費などと異なり、質をある程度保ったまま費用を抑えることが可能です。わずか数%ですが、積み重ねることで家計にとってのメリットは大きいと考えます。
当事業では引き続き利用者のニーズに見合った最適な携帯電話料金プランの提案、並びに乗り換えに対する支援をウェブサイト運営事業を通して行っていきます。


GreenEchoes Studioについて】
 GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)は新潟市にあるWEBサイト運営事業です。主にインターネット回線比較サイト「GreenWaves」を通して、ユーザー様の日々の通信費の節約方法やインターネット回線に関するニューストピックスを随時配信しております。
 GreenWavesのコンセプトは「あなたにぴったりのサービスが見つかるサイト」ということです。特定のサービスを勧めるのではなく、あくまでもユーザー様が主体となり、「選んで良かった」と思えるようなサービスを紹介することを心掛けて運営しております。

【会社概要】
会社名:GreenEchoes Studio
D-U-N-S® Number:718572009
所在地:新潟県新潟市中央区
代表者:河村 亮介
設立:2018年1月
URL:https://company.greenechoes-studio.com
事業内容:WEBサイト運営事業


【お客様からのお問い合わせ先】
《GreenWaves公式》
e-mail:waves@greenechoes-studio.com

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
GreenEchoes Studio代表:河村
e-mail:info@greenechoes-studio.com
  1. プレスリリース >
  2. GreenEchoes Studio >
  3. あなたにぴったりのスマホ乗り換えをアシスト!