埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、アスリートのための就労支援サービス「マイナビアスリートキャリア」とHRパートナー契約を締結


COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役社長 有田和生)は、株式会社マイナビ(東京都千代田区、代表取締役社長 中川 信行)が展開する、デュアルキャリア、セカンドキャリア、スポンサー支援を希望するアスリートのための就労支援サービス「マイナビアスリートキャリア」とHRパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、スペインでの指導実績のある監督や、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

COEDO KAWAGOE F.Cは、スポンサー収益に頼らず、新規に事業の柱を創ることを標榜しているフットボールクラブです。COEDO KAWAGOE F.Cでは積極的にデュアルキャリアを推進しており、現在でも実際に10名ほどの選手は事業作りを経営陣と共同で行っております。

「マイナビアスリートキャリア」のお力をお借りすることで、選手のデュアルキャリア、セカンドキャリア支援、及び「アスリートキャリアスクール」による育成支援を加速していきます。

■マイナビアスリートキャリア様からクラブへの支援内容

・チーム所属アスリートの人材育成支援
・チーム所属アスリートのキャリア支援

■株式会社マイナビ「マイナビアスリートキャリア」事業責任者 木村雅人 様 コメント

「地域の価値創造と、所属選手の生涯を見据えた人材育成の重要性について互いに共感することができたCOEDO KAWAGOE F.C様と、競技活動を通じた人材育成に取り組めることを心から嬉しく思い心を燃やしております。
地域で育った人材が、クラブの目標達成に加え、クラブ以外でも活躍していただけるよう『人材育成』『キャリア支援』で同クラブ、選手そして地域に貢献したいと考えています。」

HP: https://athlete-career.mynavi.jp/

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 取締役 中島涼輔 コメント

「COEDO KAWAGOE F.Cでは、選手のデュアルキャリアを積極的に推進しています。1サッカー選手として結果を出してもらうのは当然求めるものの、1社会人として成長してクラブを卒業していって欲しい、そう思っています。そんな選手にも社会人としてのスキルアップを志向する中で、マイナビアスリートキャリアさんからはクラブに伴走いただけるというご提案をいただき、今回のご縁となったことを大変嬉しく思っています。」

HP: https://c-kawagoe.com/
事業計画:https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU 

■本件に関するお問い合わせ

COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com

  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、アスリートのための就労支援サービス「マイナビアスリートキャリア」とHRパートナー契約を締結