グローバルフードパートナーズがウェビナー開催:日本のケージフリー卵の拡大のためにインパクト・インセンティブを活用する方法

インパクト・インセンティブは、パーム油などのサプライチェーンを改善するために運用されたブック・アンド・クレームモデルを元にしています。

2021年9月23日・ 東京 / シンガポール:責任ある生産者の利益を確保するために、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)などのブック・アンド・クレーム・クレジットシステムは用いられてきました。今回、シンガポールに本拠地を置くサプライチェーンコンサルティング会社のグローバルフードパートナーズ(GFP)は、日本におけるケージフリー卵(平飼い、放牧など非ケージ飼育で生産された卵)の拡大のため、世界的なサステナビリティ・プログラムを共創するインパクト・アライアンスを通してパーム油のRSPOと類似の仕組みを開始しました。来月のウェビナー「インパクト・インセンティブ:ケージフリー卵市場の到来とビジネスチャンス」ではこの仕組みを解説予定です。多くの卵の生産者と食品会社の参加をお待ちしております。
開催日時:10月13日 15:00〜16:30(日本語通訳付き)

ウェビナー概要:
  • 日本におけるケージフリー卵の市場機会と、中国やタイなどアジアの卵生産者がどのように消費者の需要に応えマーケットシェアを獲得するためにケージフリー飼育を導入しているか
  • 食品会社などのバイヤーが、自社のサステナビリティ目標を達成するための一歩目として、どのように証書トレーディングを活用できるか
  • インパクト・インセンティブが、どのように日本のケージフリー卵の生産と調達目標の達成をサポート出来るか
  • RSPOクレジットがパーム油の生産者の持続可能な取り組みを利益に変えるために用いられた事例のケーススタディと、同様の取り組みがインパクト・インセンティブで実現できる方法

GFPは、ケージフリー卵の生産者がその取り組みで利益を確保するとともに、食品会社がアジアでのケージフリー卵の調達目標を達成することを目指して、インパクト・インセンティブを設立しました。ネスレ、ヒルトン、ユニリーバ、ハイアット、そしてマリオット・インターナショナルなどの名だたる食品・サービス会社は、5年後までに日本を含む自社サプライチェーンの全体で、ケージフリー卵のみを調達する目標を設定しています。この目標を達成するために、企業はケージフリーなサプライチェーンの実現に目を向けています。それと同時に、各地域の大小様々な生産者は、拡大するケージフリー卵の需要に応えるためにケージフリー飼育を導入し始めています。

GFPで企業提携部長を務めるドーン・ネオ(Dawn Neo)は次のように語ります。「日本でケージフリー飼育は登場したばかりであり、企業がケージフリー卵の調達目標を達成するには多くの課題があります。生産量の少なさ、サプライチェーンの複雑さ、季節需要などの課題は、結果的にコスト増加をもたらします。」

「これらの課題が需要と供給のバランスによって解決されるまで、食品会社がケージフリー卵の生産を支援する手段としてインパクト・インセンティブは有効です。将来的に生産量が増えれば、食品会社が物理的にケージフリー卵を調達することは容易になっているでしょう。ブック・アンド・クレームモデルも、パーム油のサプライチェーンを変革させることに貢献しました。」

ケージフリーのインパクト・インセンティブは、日本、シンガポール、マレーシア、タイ、中国、フィリピン、そして韓国を含むアジア中の食品会社が利用可能です。

今回のウェビナーでは、当分野の専門家であるGFP、RSPO、そしてザ・ヒューメイン・リーグ・ジャパンの上原まほ氏をモデレーターとしてお招きしています。

 

参加お申込みQRコード:参加お申込みQRコード:

 
グローバルフードパートナーズについて

グローバルフードパートナーズ(GFP)は、グローバルフードパートナーズは、シンガポールを本拠地とする多国籍コンサルタント会社であり、アジアで最適な経済的かつサステナブルなケージフリー卵(平飼い、放牧など非ケージ飼育で生産された卵)の生産へ移行するために、生産者や業界のステークホルダーに対しノウハウやサポートを提供するべく設立されました。GFPは食品会社とともにケージフリー飼育方針の計画や実行に取り組み、また、卵の生産者とともに雌鶏の家畜福祉を高めるためのケージフリー飼育マネジメントの指導や技術的サポートを提供しています。

GFPは経営や養鶏の現場で50年以上にわたって、家畜福祉のための方針や生産方法を開発してきた経験があり、ラテンアメリカ、北アメリカ、アジア、そしてオーストラリアなど世界中の食品会社のリーダーや政府、そして鶏卵業界と協力し、ケージフリー卵の調達基準の導入や家畜福祉に比重をおいたケージフリー飼育システムの維持に取り組んでいます。

www.globalfoodpartners.com/ja 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Global Food Partners, Inc. >
  3. グローバルフードパートナーズがウェビナー開催:日本のケージフリー卵の拡大のためにインパクト・インセンティブを活用する方法