シードラウンド/log build 日本初の建設テック ソリューション発表。遠隔操作アバターロボットとVR空間でリモート現場管理を実現。ローンチイベント「建築のミライ」が大盛況のうちに閉幕。

日本初/建設テック/ローンチイベント/シードラウンド/アバターロボット/VA空間/AI/log build

湘南の建設会社社⻑(元現場監督)が創業したスタートアップ企業、株式会社log build(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:中堀 健一、以下「ログビルド」)は、日本初のアバターロボットとVR photoで建設現場のリモート管理を実現するサービスを開発。ローンチイベントを神奈川県横浜市の元町で開催。

 

 

log build メンバーlog build メンバー


ゼネコンから工務店まで幅広い企業でリモート施工管理を実現するためのサービス「Log System(ログシステム)」を開発するログビルドは、リモート施工管理を実現する遠隔操作可能なアバターロボット「Log Kun(ログくん)」と、VR Photoにより遠隔地からクラウド上の現場情報を可視化・共有可能なサービス「Log Walk(ログウォーク)」を開発。


2021年6月24日に神奈川県横浜市の元町にて、「建築のミライ」と題して日本初の全く新しい建設テックソリューションの発表のため、ロボット操作やVR空間の体験型ローンチイベントを同日2部に分けて開催しました。


「建築のミライ」や「現場管理の業界課題」「建築におけるテレポーテーションの考え方」を代表中堀自らの現場監督・工務店経営者・ITスタートアップ経営者という3つの視点を持っているからこその多角的な視点で、多くの報道関係者の方の注目を集め、大盛況のうちに幕を閉じました。



■3つの視点を持つからこその本当に解決すべき課題

建築現場の生産性向上のために解決すべき課題を「移動時間」とシンプルだが的確に課題設定。
移動時間の課題解決のために、建築業界に必要とされるデジタルを活用したテレポーテーションの考え方をプレゼンし、多くの報道関係者の方の共感を得ました。
 

代表中堀_業界課題などをプレゼン代表中堀_業界課題などをプレゼン

 

現場管理の移動時間がlog buildとしての課題設定現場管理の移動時間がlog buildとしての課題設定




■アバターロボットの「Log Kun」登場 / オフィスや自宅からロボットを操作して建築現場を遠隔管理

今回発表したサービスの一つである、遠隔操作可能なアバターロボットの「Log Kun(ログくん)」を登場させるシーンでは、多くの参加者がLog Kunの挙動を撮影しようとカメラを構えました。(Log Kunの詳細は別で記載)

Log Kunは、建築現場内を自動で走行するアップデートが今後あり、2つ目の発表サービスである「Log Walk」と連携することにより、現場監督は朝スマホで、自動でクラウドへ保存されたVR空間を見るだけで現場状況を確認できるソリューションになります。
 

 

Log Kunの登場シーンでは、多くの報道関係者がカメラを向けてロボットの動きを撮影しました。Log Kunの登場シーンでは、多くの報道関係者がカメラを向けてロボットの動きを撮影しました。

 

 



■VR空間によるリモート施工管理「Log Walk」 / プロジェクションマッピングを使用したイメージしやすいプレゼンが好評

発表2つ目のサービスである「Log Walk」は、VR空間による遠隔施工管理ソリューションです。(Log Walkの詳細は別で記載)

VR空間で現場管理をするとどのような体験になるのか、建築途中のような会場空間にプロジェクションマッピングを使用して、参加者がまるで現場にいるかのような演出が多くの方の興味を惹きました。

 

プロジェクションマッピングを使用したプレゼンでは、会場がまるで建築現場かのような演出で多くの報道陣の方から好評でした。プロジェクションマッピングを使用したプレゼンでは、会場がまるで建築現場かのような演出で多くの報道陣の方から好評でした。



■ロボットとVR Photoにより取得したデータをAIが自動で工事進捗を判断

ログビルドが発表した2つのサービスは、取得した可視化データをAIにより自動で工事状況を判断する機能を開発中。

壁面の施工進捗率45%、天井部分の施工進捗率38%など、施工状況を自動で判断し、工程表が自動的に連動。
納品材料の自動発注や自動納品チェック、職人への工事日の通知など、従来経験とカンの要素が多かった現場進捗状況の判断をAIにより自動化を目指します。

取得データを分析して、リモートで現場の寸法計測や、BIMやCADといったコンピューター上に現実と同じ建物の立体モデルを生成するソリューションとの連携も可能となります。
 

AIによる工事現場の自動進捗のサービスについて説明。AIによる工事現場の自動進捗のサービスについて説明。





■Log KunとLog Walkの体験会は大盛況
 

log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会01log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会01

 

log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会02_事業推進責任者 國吉慶太log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会02_事業推進責任者 國吉慶太

log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会03_一番左カスタマーサクセス責任者 髙橋秋博log buildスタッフが操作方法をレクチャーしながらの体験会03_一番左カスタマーサクセス責任者 髙橋秋博

 

 

 

■本格販売開始・他施工管理アプリケーションとのAPI連携も加速
ログビルドは、今回の発表をもって2つのサービスをゼネコンからハウスメーカー、工務店へ販売を開始。
また、他施工管理アプリケーションとのAPI連携の開発を進め順次発表していきます。



■Log Kun / リアルタイムの現場状況を可視化するアバターロボット
場所や有人無人問わず、現場のロボットをスマホやiPad、PCから操作。進捗確認や安全管理、品質チェックを移動レスで1日に何度もする事が可能です。

高解像度な写真撮影、職人との音声通話はもちろん、装着したiPadに情報を映し出し施工指示も可能。

リアルタイムの現場情報を監督のみならず設計士やコーディネーター全員で確認して工程や品質管理を実施出来ます。

リモート施工管理ロボット「Log Kun」リモート施工管理ロボット「Log Kun」



■Log Walk / 360度のVR photoにより、現場を可視化。建設の全工程写真を履歴保存。
360度カメラとスマホで、現場情報を簡単にVR photo化。VR建設現場空間を自由に動き回れることはもちろん、過去状況の確認、現場に付箋を貼り付けるような感覚での指示出し、チャットや問題箇所の通知をする事が可能。

また、敷地調査から完成まで全工程が360度写真でクラウド保存されるので、民法改正によりますます重要となった施工写真の記録も安心です。

従来現場への移動が必要だった安全パトロールや品質チェックもオフィスや自宅などの遠隔地で可能。
建設に関わる外部パートナーの全員が、VR空間をリモートでチェック。
設計士のサラカンや施主への報告資料としても活用出来ます。

物件の引き渡し時には、取説情報などをVR空間に入れる事により、5年後10年後とアフターでの活用も見込めます。

今後のアップデートでは、Log Walkで取得した現場情報をAI解析し、工事進捗率などが自動で分かる機能やVR空間での計測システムも提供していきます。
 

スマホやiPad、PCでいつでも現場状況を確認可能スマホやiPad、PCでいつでも現場状況を確認可能

 

VR空間により遠隔地から現場の全てを可視化する「Log Walk」VR空間により遠隔地から現場の全てを可視化する「Log Walk」




【会社概要】
社名:株式会社 log build(ログビルド)
設立:2020年2月20 日
資本金:39,997,000 円
資本準備金:37,997,000 円
合計:77,994,000 円
代表取締役:中堀 健一
所在地:〒251-0057 藤沢市城南 4-1-9
社員数:9名
HP: https://www.log-build.com/
事業内容:AI 開発、VR 開発、建設現場施工管理ロボット、クラウド現場管理、建設現場プラットフォーム


【log buildについて】
湘南の建設会社である(株)ecomo※1のロボット・VR・AI事業部として発足し、2020年2月に創業。
日本発で世界へ向けてアバターロボットとVR  photoにより全ての建設会社の現場の可視化を実現。

元々現場監督をしていた代表中堀は、テクノロジーが進化しても現場管理の手段が依然としてアナログであることに課題を感じ建設会社経営者や現場管理者、職人の意見を参考にLog Systemを考案。

社内には、元SONYでAIBOの開発やPlayStationの開発に携わった人材や、元リクルートで住宅業界の負を解決してきた人材など様々なキャリアを歩んできたメンバーを登用。

2021年4月のシードラウンドでは、住宅系大手商社である渡辺パイプ株式会社・ジャパン建材株式会社、個人投資家の麻生要一氏を引受先・融資元とする総額約8,000万円の資金調達を実施。


 


<代表プロフィール>
株式会社 log build/代表取締役 中堀 健一


1971 年生まれ。神奈川の高校を卒業後、会社員を経て都内の工務店で勤務し、26 歳で独立。自ら現場監督も経験したことから、建築業界における課題を見出す。自然素材の建築会社、株式会社 ecomo を経営する傍ら、業界の未来を見据えた新しい仕組みを構 築。2020 年 2 月、AI や VR Photo の開発、リモート施工管理ロボットなどを展開する株式会社 log build を立ち上げる。建築業界に携わり約 30 年、業界DX の始め方や仕組みを伝えるべく全国の建設会社への講演も多数。








※1(株)ecomo
湘南の建設会社。(本社:神奈川県藤沢市城南4-1-9、代表取締役:中堀 健一)
テクノロジーにより新しい働き方を実現するSmartBuilders(スマートビルダーズ)を発足し、業界のDX化を牽引。全国でも一番デジタルシフトが進み、オンライン体制が整っており、自社のノウハウを日本全国に広げる活動を実施。大手建材メーカー主催のセミナーでは特別講師として登壇。
URL:https://www.ecomo-life.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社log build >
  3. シードラウンド/log build 日本初の建設テック ソリューション発表。遠隔操作アバターロボットとVR空間でリモート現場管理を実現。ローンチイベント「建築のミライ」が大盛況のうちに閉幕。