小銭も入る、究極のミニマルウォレットREQFUL。「小さい財布は収納力が無く使い辛い」に真っ向から挑んだキャッシュレス時代の財布を販売開始。

クラウドファンディングの先行販売で合計869万円の大ヒットデビューした人気カードケースの新作が登場!

Rotir株式会社(所在地:千葉県市川、代表取締役:折見隆介、鐘築一真)は、M&Aにより取得した小銭も入る究極のミニマルウォレットREQFUL(レキュフル)の販売を開始いたしました。同時にクラウドファンディングの先行販売で合計869万円の大ヒットデビューした人気カードケースの新作REQFUL1.1の販売を開始しております。さらに洗練されたデザインと使いやすさを追求し、軽くて丈夫なカーボン素材と高級感あるメタリック素材を5色展開しております。
「小さい財布は収納力が無く使い辛い」に真っ向から挑んだREQFULは、紙幣やカードのみならず小銭も入るカードケースとなっており、従来のカードケースと比べても圧倒的な収納力を誇ります。 REQFULは「限りなくコンパクトに全てを持ち運ぶ」をコンセプトに、重くかさばる従来の財布から解放される快適さを多くの人にご提供いたします。
 



■ 実施の背景
近年の日本ではキャッシュレス決済が普及していくにつれ、外出時には現金を持ち歩かずともクレジットカード、電子マネー、QR決済などを用いて、問題なくショッピングを楽しめるようになってきております。それと同時に、長財布のような重くかさばる財布離れが進んでおり、若年層を中心に軽くて薄いカードケースにしたいというニーズは年々高まっています。一方、カードケースはカードや紙幣のみが収納できるものがほとんどであり、コンパクトさを追求した結果、小銭を入れられない、コインケースを別で持ち運ぶ必要がある、など逆に不便になってしまうという側面がありました。そこで小さい且つ軽く、小銭も入る収納力を備えたREQFULは、近年現金をあまり使わないと感じる方のコンパクトウォレットデビューにも、セカンドウォレットとしてのご利用でもご満足いただける商品になっています。

■ 特徴
1. カード・紙幣・小銭をしっかり収納できます。
小銭は最大16枚(10円玉なら12枚)、カードは15枚、紙幣は10枚まで収納可能です。ゴムが中身に合わせ伸縮、常に「最小」を維持するため、カードを15枚入れても2.3cmの厚さです。

2. 超コンパクト&超軽量にしました。
REQFULはハード素材 x ゴムの構造で中身に合わせ伸縮するので、スリムに維持することが可能(ゴムは3段階で調整可)。大きさはクレジットカードや名刺入れサイズで、カーボン素材なら45gで超軽量。

3. 劣化しにくく長持ちする素材を採用しました。
表面は傷に強く、傷が目立ちにくい加工です。丈夫ながらも軽量なカーボン素材と、高級感あるメタル素材で、服装やシーンを選びません。シックな佇まいは使うたびに気分を上げてくれます。水漏れも問題ないため、アウトドアの場でも気にせずに利用できます。

■ 今後の展開
キャッシュレス時代のミニマルウォレットとして、重くかさばる従来の財布から解放される快適さをより多くの人に届けていきます。自社ECのみならず、Amazonや楽天、百貨店など実店舗での商品販売を開始してまいります。
 

 

 

■ 商品概要
REQFUL
ホームページ:https://reqful-wallet.com/

■ 本件に関するお問い合わせ先
企業名:Rotir株式会社
Email:info@rotir.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Rotir株式会社 >
  3. 小銭も入る、究極のミニマルウォレットREQFUL。「小さい財布は収納力が無く使い辛い」に真っ向から挑んだキャッシュレス時代の財布を販売開始。