エステサロン用化粧品のフェースグループがナノカプセル技術で製法特許を取得

フェースグループ(本社:大阪市中央区、COO:小島真一)は、かねてより出願中の独自のナノカプセル技術である「フェース生コラーゲン」とそれを使用した化粧品に関する特許を、以下のとおり取得することができましたので、お知らせいたします。
【特許の概要】
特許番号:第5695308号
発明事項:コラーゲン修飾二鎖型閉鎖小胞体※からなる化粧料基剤およびそれを含有する皮膚化粧料
特許取得日:平成27年2月13日
※コラーゲン修飾二鎖型閉鎖小胞体のことを「フェース生コラーゲン」と呼称しています。

この度認められました特許の内容は、以下のとおりです。
  1. 角質層への浸透に優れたフェース生コラーゲンの製法特許
  2. フェース生コラーゲン製剤の製法特許
  3. フェース生コラーゲン製剤の配合特許

             

                             フェース生コラーゲンのイメージ図

 
 これらは、「フェース生コラーゲン」とそれを使用した化粧品を作る技術が非常に困難で、唯一無二の新しい技術であり、肌に入る化粧品として様々な可能性が認められたものです。なお、「フェース生コラーゲン」を使用した化粧品はすでに市場導入されております。フェース生コラーゲンが肌に入り、当社の提唱する「角質層内を整えるラメラ美容法」を実現することにより、健康的な素肌へと導くことが可能な化粧品です。
<公開特許公報中の実施例>

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェース >
  3. エステサロン用化粧品のフェースグループがナノカプセル技術で製法特許を取得