多様性社会をテーマにしたビジネスカンファレンス【DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017】 を開催

渋谷区内で9日間に渡ってカンファレンス・展示イベントを実施

2017年11月7日(火)より15日(水)にかけて、一般財団法人渋谷区観光協会が推進する観光振興事業の一環 として、都市型サミット『DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017/渋谷多様性社会サミット』を開催します。

メインカンファレンスの会場は明治神宮会館(11月13日~15日)となり、同時期に渋谷ヒカリエやSHIBUYA CAST、ラフォーレ原宿など渋谷区内の商業施設やホールで『ダイバーシティ(多様性)』をテーマとした様々な 体験プログラムを実施します。 このカンファレンス事業は渋谷区観光協会が10月20日から11月15日に実施する観光プロモーション施策『スク ランブル2017』の枠組みの中で開催する取り組みとなります。 渋谷区内で開催されるエンタテインメントイベントからビジネスカンファレンスまでを総合的に取りまとめ、観光 プロモーションを展開するのは初めての試みとなります。 渋谷区は2016年より、『ちがいを ちからに 変える街。渋谷区』をスローガンに、同性パートナーシップ証明書 の発行や高度なバリアフリー化に向けた都市開発など多様性社会の実現に向けて様々な活動を推進しています。 『多様性(DIVERSITY)』を、乗り越えなければいけない課題や障害ではなく、新たな気づき・アイディアをも たらすチャンスと捉えることで、ビジネスや社会課題の解決に活かしていくという趣旨の元、世界有数の個性を内 包する都市・渋谷区から新しいダイバーシティ社会の可能性やビジネスチャンスを世界へ広めていきます。 

カンファレンス内容 ※2017年5月時点
「ダイバーシティ・イノベーション・サステナビリティ」をキーワードにした基調講演とパネルディスカッション。 都市開発、企業経営、教育、政治、スポーツ、マーケティング、エンタテインメント、テクノロジー、デザイン、 クリエイティブなど様々なカテゴリーの有識者を招聘して、ダイバーシティ社会の現状と未来についての理解を深 め、可能性を提示します。 また、エキシビション会場では、ユニバーサルデザインや次世代の福祉技術、テクノロジーサービスなどの展示を 行い、新たな学びの場、人脈形成の場を提供します。

※上記カンファレンス内容は現状の予定です。
※各登壇者は7月頃より順次発表する予定です。


DIVE DIVERSITY SUMMIT 実行委員会・事務局について
発起人
長谷部健(渋谷区長)/別所哲也(一般財団法人渋谷区観光協会 名誉理事長)
大西賢治(渋谷区商店街連合会 会長)/松井誠一(商店街振興組合原宿表参道欅会 理事長) 
実行委員長
夏野剛(慶應義塾大学特別招聘教授)/金山淳吾(一般財団法人渋谷区観光協会 理事長) 
事務局
一般財団法人渋谷区観光協会 
協 力
東京急行電鉄株式会社/株式会社東急エージェンシー/株式会社朝日新聞社/株式会社シブヤテレビジョン/
株式会社HAKUHODO THE DAY/株式会社デジタルガレージ/株式会社TAMARIBA/株式会社フルハウス/
タイムアウト東京株式会社/株式会社 ヘッドライン/特定非営利活動法人ピープルデザイン研究所(順不同) 

オフィシャルHP
www.ddss.tokyo

発起人/実行委員長メッセージ

 

 

サポーターメッセージ

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人 渋谷区観光協会 >
  3. 多様性社会をテーマにしたビジネスカンファレンス【DIVE DIVERSITY SUMMIT SHIBUYA 2017】 を開催