東北5県がトップ10に やまとごころ 都道府県別インバウンド予算ランキングを発表

日本最⼤級のインバウンド(訪日外国⼈観光)業界向け B to B 情報サイト「やまとごころ.jp」を運営する株式会社やまとごころ(本社:東京都新宿区、代表取締役:村⼭慶輔)は、2017年度上半期に、官公庁、地方自治体、観光協会、コンベンションビューローなど、全国1,000カ所以上の関連機関(以下、関連機関)が公示したインバウンド入札情報を独自に 集計し、ランキングを発表しました。
2020年に4000万⼈の訪日観光客の誘致を目指し、関連機関は、年々予算を増やして訪日外国⼈の対応に取り組んでいます。こうした中、やまとごころでは、2017年4月1日~9月30日の期間に、関連機関が公示したインバウンド入札情報を集計し、インバウンド施策に投じた都道府県別の予算額や、特定市場への施策件数をランキングにしました。 

都道府県別インバウンド予算ランキング
本ランキングは、関連機関が発表したインバウンド入札情報の提案上限予算額を元に、都道府県別でランキングにしています。全国47都道府県のうち、上位トップ3は東京、沖縄、北海道と、訪日外国⼈の旅行先として定番の地域が並びます。また、本ランキングで目を引いたのは、東北5県がトップ10入りしたことです。これは政府が「明日の日本を支え る観光ビジョン」の中で、『2020年までに東北6県の外国⼈宿泊者数を 2015年の3倍の150万⼈泊にする』という指 針を掲げていることが影響していると予想されます。また、都道府県別のインバウンド施策件数ランキングにおいても、 東北4県がトップ10にランクインしており、予算額と施策件数が比例していると言えます。 

 

 

※本ランキングには、日本政府観光局、官公庁、地方運輸局などの入札案件は含まれておりません。 
※予算額は発注元の「提案上限予算額」を指しています。 
※「提案上限予算額」が明示されていない場合は、上記の集計データに含まれておりません。 
 

市場別インバウンド施策件数ランキング
本ランキングは、関連機関が発表したインバウンド入札情報から、特定の海外市場をターゲットとした施策を抽出し、件数ベースでランキングにしています。最も件数が多かった市場は台湾です。これは、台湾が最も親日な市場の一つで、日本から距離も近く、リピーター率が高いことが影響していると予測できます。また、2016年の訪日者数637万⼈、2017年1月~10月の累計は622万⼈で訪日者数トップの中国のランキング結果は5位でした。これは、訪日中国⼈観光客の年代や出身エリア、趣味や嗜好など によって訪日目的が異なり、中国をひとくくりにしてターゲティングすることの難しさの現れと考えられます。また、今後注目される欧米勢もアメリカ、フランス、イギリス、ドイツがランクインしており、アジアだけでなく、欧米市場への 対応強化が予想されます。 

※本ランキングは、日本政府観光局、官公庁、地方運輸局などの入札案件は含まれていません。
※同一案件で、複数市場が対象とする場合は複数カウントして集計しています。 
※複数市場を対象とした施策が多いため、今回は施策件数ランキングのみ公開しています。(予算額ランキングの発表はございません) 
 
[集計概要]
期間:2017年4月1日~9月30日
対象:官公庁、地方自治体、観光協会、コンベンションビューローなど全国1,000カ所以上の関連機関が公示したインバウンド入札情報を対象に集計。
※インバウンド入札情報とは、海外への情報発信、展示会出展、メディア招聘、コンサル調査、多言語整備、インフラ環境、教育研修など、外国⼈の訪日促進につながる領域での施策と定義しています。 
 
 
インバウンドに特化した入札情報配信サービス
「やまとごころ インバウンド入札情報サービス」は、官公庁、地方自治体、観光協会、コンベンションビューローなど全国1,000カ所以上の関連機関が発表する入札情報の中から、インバウンドに特化した情報のみを抽出し、毎日メールで配信するサービスです。本サービスは、最新のインバウンド入札情報をいち早くお届けすることで、民間企業による入札参加のサポートを目的としています。また、入札情報を開示する関連機関は、より多くの企業の入札参加及び、新しいアイディアや施策提案を期待しており、入札に参加する民間企業が増えることは、インバウンド業界全体の活性化に繋がると考えています。 

「やまとごころ インバウンド入札情報サービス」https://www.yamatogokoro.jp/nyusatsu/ 

<サービスの特徴>
・官公庁、地方自治体、観光協会、コンベンションビューローなど全国1,000カ所以上のインバウンド関連機関の 入札案件のみを抽出し、毎日最新情報を提供するサービスです。
・業界に精通した専門チームは、1ヶ月あたり延べ150時間以上の時間を費やしリサーチにあたっています。
・無料のトライアル期間を設けており、本格導入の前にお試しいただくことができます。
・自社でのリサーチ工数を削減できると共に、より効率よく情報を入手することで、新規案件に参加する機会を作ります。 
 
入札情報のデータ活用や戦略を考えるセミナーも開催
本リリースで発表した独自ランキングや、入札案件を攻略するためのヒントをお伝えするセミナーも開催します。入札情報の効率的な獲得や活用を真剣に考える方にオススメです。 
 
《独自データ⼤公開・必見》インバウンド入札案件の傾向・戦略セミナー
~平成29年上半期インバウンド関連入札案件の傾向と対策戦略について~
開催日 :12月12日(火)10:00~11:30
会 場   :INBOUND LEAGUE(〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目15−14)
参加費 :2,000円
https://www.yamatogokoro.jp/event/8539/ 
 
<やまとごころとは>
株式会社やまとごころは「日本のインバウンドを熱くする」をテーマに、2007年にインバウンド情報ポータルサイト「やまとごころ.jp」をスタートさせ創業。⽇本最⼤級のインバウンド業界向け B to B 情報サイトと認知されています。自社主催のインバウンドセミナーの開催や企業や自治体などでの研修の企画・運営を行うなど、業界で活躍するインバウンド人材の育成を目指しています。また、日本唯一のインバウンド専門求人サイト「やまとごころキャリア」を運営。2017年6月には3冊目となるインバウンドの書籍『インバウンドビジネス集客講座』を出版。コンサルティングやコーディネート等、インバウンドに従事する企業や団体を課題やニーズに併せてトータルでサポートしています。
HP:https://www.yamatogokoro.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/yamatogokoro/ 
 
<会社概要>
社名:株式会社やまとごころ
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿 5-15-14  INBOUND LEAGUE5F
創業年月日:2007年3月15日
設立年月日:2012年11月15日
代表取締役: 村⼭慶輔
サービス内容:メディア事業、求⼈サイト事業、研修・セミナー事業、コンサルティング事業 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社やまとごころ >
  3. 東北5県がトップ10に やまとごころ 都道府県別インバウンド予算ランキングを発表