~2019年度アイランドタワークリニック調査レポート~【1,600名に聞いた薄毛に関する実態調査】52.9%(2人に1人以上)が薄毛に悩んだ経験あり!

平成と令和で薄毛人口は約1割近く増加している

 薄毛治療のアイランドタワークリニックグループ(本院所在地:東京都新宿区西新宿6-5-1 アイランドタワー5F)は、 20代~50代の男性1,600名を対象に、「薄毛」に関する調査を実施しました。その調査内容を発表いたします。

 今回アイランドタワークリニックは、20代~50代の男性を対象に、薄毛に関する悩みや、治療法に関する認知度など、薄毛について幅広く調査を行いました。また、2017年9月にアイランドタワークリニックが実施した「薄毛に関する実態調査」の結果と比較し、平成と令和における日本の薄毛事情の変化についても考察しました。

 本企画は、2019年6月24日(月)~6月26日(水)に実施した薄毛に関するアンケートを元に、調査結果を開示するもので、今後も随時リリースを配信してまいります。

 以下が調査結果となります。 本調査結果を是非ご活用頂けましたら幸いです。
  • 調査サマリー
TOPICS①薄毛の悩みについて
薄毛に悩んだ経験がある男性は52.9%と2人に1人以上
・現在薄毛に悩んでいると回答した割合は44.4%という結果に
・2017年に実施した調査よりも、薄毛に悩んだ経験がある割合が9.8%も増えていることが判明

TOPICS②薄毛の状態と年齢の比率、悩みと年齢の関係性
・20代男性で薄毛の認識を持っている人は54%と2人に1人以上
・歳を追うごとに薄毛に悩む人は増加するが、50代は悩む人の割合が減少
・薄毛の悩みと年齢の比率から、年齢により気持ちに変化が現れることが判明!!

TOPICS③頭皮(薄毛)の状態と薄毛の悩みの関係性
・いま薄毛に悩んでいる人の頭皮(薄毛)状態はⅡ型と、薄毛初期に多い
薄毛が大きく進行すると悩む人の割合が減少
 
  • ​調査概要
■調査日    :2019年6月24日(月)~2019年6月26日(水)
■調査対象地域 :東京都、大阪府、愛知県、福岡県
■調査方法   :インターネット調査
■調査期間   :楽天インサイト
■調査人数   :1,600名
■調査対象   :20代~50代の男性
 
※本リリースの調査結果・グラフをご利用頂く際は、必ず「アイランドタワークリニック調べ」とご明記ください。
 

 

TOPICS①薄毛の悩みについて

 

  • 薄毛に悩んだ経験がある男性は“52.9”%(2人に1人以上)!
  • 2年間で薄毛に悩んだ経験がある人が約1割も増えていることが判明

 

 20代~50代の男性1,600名に「あなたは、頭部の薄毛に悩んでいますか」と質問したところ、「今とても悩んでいる(11.8%)」「今やや悩んでいる(32.6%)」「過去にやや悩んでいた(6.7%)」「過去にとても悩んでいた(1.9%)」「今も昔も全く悩んでいない(47.1%)」という結果となりました。
 今回の結果から、過去現在を含め薄毛に悩んだ経験があると回答した方は52.9%と、多くの男性が悩んでいることが分かりました。
 また、2017年9月にアイランドタワークリニックが実施した「日本の薄毛実態調査」では、「過去薄毛に悩んだ経験はありますか」という質問に対し、 「今とても悩んでいる(11.1%)」「今やや悩んでいる(23.9%)」「過去にやや悩んでいた(5.5%)」「過去にとても悩んでいた(2.6%)」「今も昔も全く悩んでいない(56.8%)」という結果となっており、 今回の結果と比較すると、全体的に薄毛に悩んだ経験がある人の割合が増加傾向にあり、2年間で薄毛に悩んだ経験がある人が「9.8%」も増えたことが分かりました。
 

 

TOPICS②薄毛の状態と年齢の比率、悩みと年齢の関係性

 

  • 薄毛の症状に自覚がある人は63.3%、20代でも“54%”が意識している!
  • 歳を追うごとに薄毛に悩む人は増加するが、50代は悩む人の割合が減少年齢により気持ちに変化が現れることが判明!!

 薄毛の進行具合やパターンで分類された図(ハミルトン・ノーウッド分類より作図)を用いて、頭皮の状態について質問したところ、63.3%の方が薄毛症状に自覚があることが分かりました。また、薄毛の症状に自覚があると回答した結果を年代別で見ると、20代が54%、30代が65%、40代が67.5%、50代が67%という結果となっており、20代でも2人に1人が薄毛の症状に自覚があることが判明しました。
 

 20代から30代、40代と歳を追うごとに悩んでいる人が増えており、50代で40代の数値を下回る結果となりました。
 また、「過去に悩んでいた」という回答を比較すると、50代11.5%と最も数値が高くなったことから、歳を重ねることにより薄毛への悩みがなくなる方がいるなど、年齢により気持ちに変化が現れることが分かりました。
 

 

TOPICS③頭皮(薄毛)の状態と薄毛の悩みの関係性
  • いま薄毛に悩んでいる人は、薄毛初期段階の人が多く、
    薄毛の進行が高まると悩む人の割合が減少!

 薄毛症状の段階別に、何型の人が現在進行系で薄毛に悩んでいるのか調査したところ、Ⅱ型の人が57.9%と今悩んでいる人が一番多く、Ⅰ型の人が45%と続き、今薄毛に悩んでいる人は薄毛初期段階の人に多いという結果になりました。
 また、薄毛の段階がⅣ型に進行すると、今悩んでいると回答した人が約1割(11.9%)と大幅に割合が減ることから、薄毛が大きく進行することによっても、気持ちに変化が現れることが分かりました。


■アイランドタワークリニックについて
新宿・大阪・名古屋・福岡に拠点を持つ自毛植毛専門クリニック。
自分の髪の毛を気になる部分に移植する事で、薄毛のコンプレックスを解決します。切らない・メスを使わない自毛植毛「i-direct法」を行い、累計症例数25,000件以上、植毛業界で55.8%、国内シェア5年連続No.1※を誇るクリニックになります。
※矢野経済研究所 2018年版ヘアケアマーケティング総鑑<植毛市場2017年実績>

【会社概要】
社名:アイランドタワークリニックグループ
本社:〒163-1305 東京都新宿区西新宿6-5-1 アイランドタワー5F
HP:https://www.ilandtower-cl.com/ 


STRENGTH1. 自毛植毛一筋15年以上。通算症例数は25,000人突破。

アイランドタワークリニックは、開業以来15年間以上薄毛に悩む患者様に自毛植毛を提供してきました。これまでの通算症例数は25,000を超え、豊富な経験が蓄積されています。その経験を基に、それぞれの患者様に合った自毛植毛をご提案いたします。


STRENGTH2. 経験豊富な専属医が総勢10名以上在籍。

アイランドタワークリニックの医師陣は、誰もが研鑽を積んだ経験豊富な自毛植毛専門の医師達です。
さらに、日々症例数が増え続けることに加えて、最善な治療をするべく積極的な医師間の技術交流によって、医師の自毛植毛技術と知識の向上を続けています。

STRENGTH3. 全国4院、手術室総数15室。


アイランドタワークリニックは東京、大阪、名古屋、福岡の大都市圏に全国4院を展開しています。また、自社開発のi-Direct法をはじめ、医療機器や設備にも細心の注意を払い、一件一件の自毛植毛手術を行っています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイランドタワークリニック >
  3. ~2019年度アイランドタワークリニック調査レポート~【1,600名に聞いた薄毛に関する実態調査】52.9%(2人に1人以上)が薄毛に悩んだ経験あり!