プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社MOONGIFT
会社概要

開発者向けマーケティングDevRelのアジア最大のカンファレンス、DevRel/Asia 2020が開催決定!

11月14日、オンラインにてアジア各地より同時配信。アジアをはじめ、世界中から有名サービスのエバンジェリスト、アドボケイトが登壇!

株式会社MOONGIFT

開発者向けサービスの広報活動を支援する株式会社MOONGIFT(代表 中津川篤司)は11月14日に「DevRelCon/Asia 2020」をオンラインで開催します。DevRel/Asiaは日本、韓国、香港、中国、シンガポール、ベトナム、インドネシアの7カ国/地域と協力して開催するグローバルな開発者向けマーケティングに関するカンファレンスです。

DevRelAsia 2020のWebサイトDevRelAsia 2020のWebサイト

DevRelについて

DevRelとはDeveloper Relationsの略で、自社サービスや製品を使ってくれる開発者との繋がりを強固にするマーケティング活動になります。世界では多くの企業が開発者向けカンファレンスを開催したり、世界各地でハンズオンやセミナー、開発者向けコミュニティを展開しています。開発者に対しては広告によるアプローチが難しく、いかに彼らとの接点を多く持ち続けるかが製品やサービスの発展に大きく関わってきています。開発者が利用するSDK(ソフトウェア開発キット)、Web API、パッケージ、クラウド、IoTなどを提供する企業にとって、DevRelは必須となっています。昨今では開発者不足が話題になっており、より優秀な開発者に自社を知ってもらう、入社してもらうための接点作りとしてもDevRelを行う企業が増えています。

日本においてもクラウドベンダーをはじめとして、多くの企業がDevRelを行っています。DevRelについて学ぶDevRel Meetup in Tokyoが開始して4年、DevRelCon Tokyoが2017年より過去3回行われており、認知度が広がっています。DevRel/Asia 2020では、世界の中でも特に成長著しいアジア圏にフォーカスし、各地域の特徴や特性を活かした開発者向けマーケティングが学べるでしょう。

DevRel/Asia 2020について

DevRel/Asia 2020はコロナ禍におけるカンファレンスのオンライン化を活かし、アジア各地域の主催者たちと同日、同日程(タイムゾーンにより時差があります)にて開催されます。日本はもちろん、アジアをベースにした企業にてDevRelに関わる方たち、アジア各地域でのコミュニティリーダーなど多くの方たちが登壇されます。日本国内の知見だけでなく、アジア各地域での特性を学ぶ上でも重要なカンファレンスになるでしょう。

日本トラックではほぼ全セッションが日本語で提供されます。各地域のトラックにおいても、英語と母国語のセッションがそれぞれ提供されます。各国語への翻訳システムも提供予定です。

なお、カンファレンス開催を通じて得た利益の半分を赤十字社、または他の組織へ寄付します。

DevRel/Asia 2020は以下の概要にて開催されます。 

 

名称 DevRel/Asia 2020
日時 11月14日(土) 10:00 - 18:00 (JST/KST/IST/SGT)
参加人数 400〜500名程度
会場 オンラインにて開催
参加費用 視聴のみ:無料
ステッカー付チケット:10ドル
スーベニア付きチケット:99ドル
個人スポンサーチケット:300ドル
幹事企業 株式会社MOONGIFT
セッション数 約63セッション
Webサイト https://devrel.dev/asia-2020/

 

セッションは日本、韓国、シンガポールのタイムゾーンごとのトラックに分かれて同時開催されます。いま世界の中で注目されているアジアのDevRelについて、日本からアジアへ、またアジアと日本でのDevRelの違いなど、さまざまな講演が60以上予定されています。Microsoft、IBM、Huawei、Progate、Nulab Inc.、はてななどアジア中の名だたるIT系サービスのエバンジェリスト、アドボケイトが登壇します。セッション内容はDevRel、開発者コミュニティ、開発者マーケティング、DX(開発者体験)など多数のテーマに分かれています。

株式会社MOONGIFTについて
開発者向けのメディア「MOONGIFT」の運営と、開発者向け広報支援「DevRel」を提供しています。開発者へ正しい情報を届けるをコンセプトとし、イベント開催やオウンドメディアの運営、BtoBコミュニティ運営を行っています。 

 

 本社所在地 神奈川県中区日本大通7 日本大通7ビル 4F YBP
代表取締役 中津川篤司
設立 2013年10月
事業内容 自社メディア事業、開発者向けマーケティング支援(DevRel)
Webサイト https://moongift.co.jp/

DevRelAsia 2020のロゴDevRelAsia 2020のロゴ

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://devrel.dev/asia-2020/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社MOONGIFT

0フォロワー

RSS
URL
https://moongift.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
神奈川県横浜市中区日本大通 日本大通7ビル 4F YBP
電話番号
045-550-3365
代表者名
中津川篤司
上場
未上場
資本金
200万円
設立
2013年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード