カカオ菓子ブランド「CROKKA(クロッカ)」が、ハイカカオ好きにはたまらない新ジャンル「スペシャルティ・ココア」の販売を開始!

新ジャンル「スペシャルティ・ココア」を切り拓く、ビターでポップなカカオドリンク。

フーズカカオ株式会社(以下「フーズカカオ」、本社:東京都渋谷区、代表取締役:福村 瑛)が運営をするカカオ菓子ブランド CROKKA(クロッカ)は、本日2月18日(月)より、お家やオフィスに届き簡単に楽しめるスペシャルティ・ココアの粉末「CROKKA cocoa(クロッカ ココア)」の販売を開始しました。
 
  • 商品概要

商品名:CROKKA cocoa(クロッカ ココア)
内容量:1箱(20g×5袋)
価 格:1,080円(税込)
発売日:2019年2月18日 (月) 
        2月20日(水)より順次発送
販売店:SWEETS SHOP(https://sweetsshop.net/
購入ページ:https://sweetsshop.net/items/5c64280ac2fc284fd60697fd
 
  • ブランド情報
 


CROKKA(クロッカ)は2018年11月に、フーズカカオ株式会社が立ち上げたカカオ菓子ブランドです。自社でカカオ豆の生産・開発を行うカカオのプロフェッショナルだからこそ作れる、素材の個性を生かした今までにないお菓子を開発しています。

ブランドコンセプトは、『素材から、カカオの “カタチ” を再発見する』

" わたしたちのやりたいことは、原料がいちばん美味しいカタチで、もっとたくさんの人に届くこと。
だから私たちは、実際にカカオ自体をつくりながら、「どんなカタチなら、このカカオは最も個性を輝かせてくれるだろう?」って考えて、収穫したカカオの個性をもとにひとつのお菓子=カタチをつくって、みなさんに提案してみることにしました。"

 

  • 商品の特徴

1. 今までにない新ジャンル「スペシャルティ・ココア」が誕生!

従来のココアでも、ホットチョコレートでもない新しいカカオドリンクが誕生しました。
長年世界中で愛されているココアの飲みやすさを残しつつ、年々注目度が高まる「ビーントゥバー」に代表されるクラフトチョコレート特有のフルーティな香りを感じられます。カカオ率は76%と甘いものが苦手な人でも、苦いものが苦手な人でも楽しめるようにブレンドしました。

素材は極力シンプルに。カカオの風味を残しつつ、美味しく飲めるバランスを追求しました。

<原材料>
カカオ豆
ココアパウダー
てん菜糖
バニラビーンズ

2. "スペシャルティ" なカカオ豆とロースト
「CROKKA cocoa」には、フーズカカオが独自に生産・開発した、高品質のカカオ豆を使用しています。また、もともとカカオはポリフェノールが多く含まれ、さらに発酵させた酸味のあるカカオは通常飲みづらさがありますが、今回スペシャルティコーヒーのロースト技術をカカオ豆にほどこすことで、カカオの美味しさを残しつつ飲みやすさを追求しました。​

3. リビングやオフィスにぴったりな仕様とデザイン
ちょっと一息つきたいときに限って時間がない。そんなシチュエーションでも手軽に楽しめる商品を目指しました。1杯分の量を小分けにパッケージにすることで、お湯に溶かすだけで簡単に飲める仕様にしました。手を汚す心配もありません。


CROKKAのボックスは、見た目やサイズがオフィスのデスクに馴染むようなデザインにしました。
 


カラフルなゴツゴツした物体は、カカオ豆を砕いてできたカカオニブの素材感を表現しています。会話のきっかけになるような存在にもなれたら嬉しいです。
 
  • 過去の販売実績
カカオの香りが溢れ出す、ザクザク食べる "新食感" ブラウニー『CROKKA brittle(クロッカ ブリトル)」』をブランド第一弾商品として発表。発売前に実施したクラウドファンディングは開始5時間で目標金額を達成し、最終的には211人から70万円以上の資金調達に成功しました。

クラウドファンディングページのURL:https://camp-fire.jp/projects/view/107123

 

  • 今後の展開について
CROKKAでは、カカオ豆の収穫期ごとに、その時期に取れたカカオ豆の特徴を生かした商品をリリースしていく予定です。収穫された素材が、いちばんいきいきとしてくれるようなお菓子のカタチを日々追求していきます。
 
  • 代表よりメッセージ

​カカオのドリンク。
そう聞くと、チョコレート好きな人からするとホットチョコレートを思い浮かべるかもしれません。
しかし、今回の商品はホットチョコレートではありません。
ココアなのか?と言われると、それもまた疑わしいです。

今回の商品はいわば「Bean to Barのチョコレート」と「ココア」のハイブリッドです。

 

「ココアは甘い or 苦いの二択」
多くの人がそういった印象を持っているかと思います。
カカオはワインやコーヒーのように多様な風味をつくるのに
ココアは甘いか苦い、どちらかしか選べません。
それは酸味や雑味を消して多くの人にとって飲みやすくしているからです。
いわば、カカオ本来の風味を消しているのです。

そこで、私たちは「カカオ豆からチョコレートをつくる工程」を分解&分析し
「美味しくてカカオの風味を感じられる飲み物」をつくることにチャレンジしました。
2018年の秋から試行錯誤を続けましたが、思った以上に難航しました。
最初はエスプレッソやドリップコーヒーのようなものをつくりましたが
「美味しい!」と思えるものを作れず、一度は商品化を諦め挫折しました。

しかし、寒い冬をあたたかい飲み物なしでは乗り切れなかった私たちは
カカオをおいしい飲み物にしたい思いを再燃させました。

そしてバレンタイン商戦に目もくれずカカオと向き合い続けた結果
ようやく、カカオ本来の風味を楽しめるスペシャルティココア

「CROKKA cocoa」が誕生しました。

文章だけだとふつうのココアと何が違うの?と思われるかもしれませんが
今回の商品を飲んでいただければ
「ハイカカオなココアは苦い」
そんなこれまでの概念を覆してくれるかと思います。

美味しくて健康的なCROKKA cocoa。
ぜひお家や職場で楽しんでください。
みんなで寒い冬を乗り切りましょう。 
 

  • フーズカカオ株式会社について
テクノロジーを駆使して農園 / カカオ豆 / お菓子の開発を行う、2017年10月に創業したベンチャー企業です。"カカオ" のプロフェッショナルをはじめ、お菓子、IT、金融など多様なバックグラウンドのメンバーで、「素材を供給する農園」と「素材を必要とする作り手」を繋ぐ活動を行なっています。
現在は、農園やプロダクトの "DEVELOP"(開発)、生産・製造者と消費者の "CONNECT"(繋合)という2軸で、現在は4つのプロジェクトを展開中。
Whosecacao:https://www.whosecacao.com

 

  • 会社概要
会社名:フーズカカオ株式会社(Whosecacao, inc.)
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目6-6-201
代表者:福村 瑛
設 立:2017年10月
事 業:東南アジアでのカカオ豆の生産・開発、国内製菓メーカーへのカカオ豆の卸売販売、カカオ菓子ブランドCROKKAにおける商品の企画・開発・販売
ウェブサイト:https://www.whosecacao.com/
Twitter:https://twitter.com/Whosecacao
Instagram:https://www.instagram.com/whosecacao/
 
  • 本件に関するお問い合わせ
フーズカカオ株式会社
担当:福村(ふくむら)
メールアドレス:info@whosecacao.com
  1. プレスリリース >
  2. フーズカカオ株式会社 >
  3. カカオ菓子ブランド「CROKKA(クロッカ)」が、ハイカカオ好きにはたまらない新ジャンル「スペシャルティ・ココア」の販売を開始!