2種類の検査方式を一台に。自動車部品における目視検査の自動化を加速! 唯一無二の「ハイブリッド外観検査装置」の個別受注を開始

~JUKIの「画像検査技術」とノーベル賞に寄与したXTIAの「光コム測定技術」を融合~

自動車のエンジン部品や機械部品の外観検査を2D画像検査と光コムレーザ計測の2種類で自動化する「ハイブリッド外観検査装置」の個別受注を4月1日よりJUKIにて開始します。
JUKI株式会社
株式会社XTIA

JUKI株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:内梨 晋介、以下JUKI)と株式会社XTIA(本社:東京都品川区、代表取締役社長:八木 貴郎、以下XTIA)は、2020年2月より、両社の技術を融合させた唯一無二の外観検査装置の共同開発を進めています。
この度、JUKIの検査機にXTIAの光コム測定技術を搭載し、自動車のエンジン部品や機械部品の外観検査を自動化する「ハイブリッド外観検査装置」の個別受注を4月1日よりJUKIにて開始します。

「ハイブリッド外観検査装置」は、JUKIの2D画像認識技術を搭載した高速自動検査機とXTIAの光コム測定レーザを組み合わせた装置です。従来は人による目視検査に頼らざるを得なかった複雑な形状の部品検査をインラインで自動化できます。また、キズ不良の「位置」「長さ」「面積」に加え、「深さ」も計測できるようになり高精度な検査を実現しました。

今後もJUKIとXTIAはこれまで以上に強固なパートナーシップを構築し、JUKIの光学カメラ検査装置とXTIAが保有する光コム技術とを組み合わせ、新たな製品の創出、性能の向上、光コム技術の普及を図ってまいります。

特徴
高速画像と高精度レーザをオールインワン検査装置で実現
アルミ鋳造品のキズなどの欠陥検査に有効なハイブリッド外観検査装置
 

ハイブリッド検査装置ハイブリッド検査装置

JUKIとXTIAの技術を融合させた検査ヘッドJUKIとXTIAの技術を融合させた検査ヘッド


検査可能ワークサイズ  W600×D600×H300mm以内
検査速度        画像 0.7秒(44㎜×32㎜/1画面) レーザ2.5秒(□9㎜/1画面)
検査分解能       12μm(XY) / 1μm(Z) 

参考リリース(技術提携についての発表/2020年2月21日)
JUKI  https://www.juki.co.jp/topics/5615/
XTIA  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000033318.html

■JUKI株式会社について
世界のアパレル産業を支える工業用ミシンの分野において、世界トップシェアのミシン総合メーカーです。世界100ヵ所以上に拠点を構え、製品をお使いいただいている185カ国以上のお客様をサポートしています。1987年より“プリント基板”を製造するための「産業用ロボット事業」に進出し、その技術をベースに機械パーツの「検査機」分野への事業領域拡大を進めています。
設立年 1938年12月(1964年に東証一部上場)
住所  東京都多摩市鶴牧2-11-1
代表者 代表取締役社長 内梨 晋介
ホームページ https://www.juki.co.jp/

■株式会社XTIAについて
XTIAは、ノーベル物理学賞受賞技術「光コム」の産業応用に成功した、高い技術力を有する技術開発ベンチャーです。光コム技術を測定メソッドとして開発することにより、製造現場における測定・検査の自動化ニーズに応え、インダストリー4.0の実現に貢献します。自動検査を実現する検査装置の開発・販売、及び、光コム技術の提供により各社との提携を実施しています。
設立年 2002年4月1日
住所  東京都品川区東品川3-32-42 ISビル 2階
代表者 代表取締役社長 八木貴郎
ホームページ https://optocomb.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社XTIA >
  3. 2種類の検査方式を一台に。自動車部品における目視検査の自動化を加速! 唯一無二の「ハイブリッド外観検査装置」の個別受注を開始