受取請求書の自動処理サービス「sweeep」のリニューアルと資金調達のお知らせ

デザイン刷新と大幅アップデートにより利便性が更に向上

オートメーションラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:村山毅、以下当社)は、請求書の受取から保管までの経理処理を自動化するAI「sweeep」において、製品のリニューアルを行いました。またリニューアル版開発およびユーザ拡大のための資金調達を行いましたことをお知らせいたします。

受け取った請求書はクラウドへ受け取った請求書はクラウドへ


<リニューアルの背景>
2018年12月のクローズド版リリースより大手企業を中心にユーザの開拓を行い、請求書の処理を自動化するための機能を開発してまいりました。この度、ユーザ拡大に伴いUI/UXの刷新を行いました。これによりパフォーマンスが50%改善し、各機能がアップデートされました。

sweeepウェブサイト 
https://sweeep.ai/

<資金調達について>
今回のリニューアルにあたり、ベンチャーキャピタルのKVPおよび銀行融資により6500万円を調達しました。調達した資金は以下の活動に使用し、ユーザの更なる拡大を図ります。

・電子帳簿保存法の対応機能開発
・ワークフロー機能の開発
・全職種における採用強化
・COO、CMO、その他CxOの獲得


<sweeepの特徴>
sweeepの特徴はAI-OCR機能(学習・光学式文字認識を使った読み取り)に留まらず請求書の回収から仕訳・振込・保管などの経理が課題としていた業務フローを一気通貫で解決できる点です。また請求書のクラウド受取が可能なatenaやクラウド会計freeeとの連携を行い、製品内に留まらず業務全体を俯瞰しユーザの利便性を高めることをモットーとしています。(現在、RPAやiPaaSとの連携も進めております。)
 

 

 



<会社概要>
オートメーションラボ株式会社は、「働くを楽しく」をミッションに掲げ、AI技術を用いた業務自動化サービスを開発運営しています。お客様の生産性の向上、新たな価値創出への貢献を目指し、2011年の創業から経理・人事・営業事務などバックオフィス領域のBPR事業・BPO事業を展開し、2016年にRPAコンサルティングを提供開始。2018年12月、請求書の受取から仕訳・振込・保管を自動化するOCR付き請求書処理AI「sweeep」をリリース。 

会社名:オートメーションラボ株式会社
本 社:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1F SPACES
代表者:代表取締役 村山 毅
設 立:2011年6月6日
URL:https://automationlab.co/


<本件に関するお問い合わせ>
オートメーションラボ株式会社
https://sweeep.ai/inquiry
https://automationlab.co/contact
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オートメーションラボ >
  3. 受取請求書の自動処理サービス「sweeep」のリニューアルと資金調達のお知らせ