東海3県初!宇宙ビジネスに特化した専門相談窓口 「宙(ソラ)サポ」 が誕生

株式会社サイエンス・クリエイトが急速な市場拡大をみせる宇宙ビジネスへの参入を支援へ

 東三河の産業支援機関である株式会社サイエンス・クリエイト(豊橋市)は、起業や新規事業、産学官金連携による新産業の創出を支援するなど、地域産業活性化のための様々な取組みを行っている。この度、今後の地域活性化の柱のひとつとして、衛星データ利活用等をはじめとした宇宙ビジネスへの参入を支援する、宇宙ビジネス相談デスク「宙(ソラ)サポ」を開設した。宇宙ビジネスに関する相談は東三河地域のみならず広く受け付ける。相談対応は平日9:00~17:00、予約は申込サイトから受け付ける。
 近年、衛星データを活用して様々な課題を解決するビジネスや、小型衛星群による高頻度観測サービス、宇宙資源開発などの分野において、民間企業、大学や学生発のスタートアップなどを中心とした新たな宇宙ベンチャー等が参入し、新しいビジネスモデルを急速に成長させている。宇宙産業では「進化」「変化」「革新」が同時に起こっており、 日本でも小型衛星を使ったサービスを提供するベンチャー複数社が、それぞれ100億円規模の資金調達を成功させるなど、ヒト・モノ・資本が集まる成長産業の一つとなっている。これまで宇宙産業とかかわりがなかった企業も、宇宙関連技術を利用し自社製品を開発するという取り組みや、宇宙産業に貢献できる技術を開発する動きも広がりつつある。内閣府が2017年に策定した「宇宙産業ビジョン2030」では、宇宙産業は第4次産業革命を進展させる駆動力であり、成長産業を創出するフロンティアだとしている。
 こうした背景の中、自動車産業を中心に栄えてきた東三河の今後の展開として、日本の工業製品を支えてきた多くの優良企業や、ニッチでオンリーワンの技術を誇る中小企業がひしめく当地域における新たなマーケットへの挑戦として同相談デスクの設置を決めた。お申込みはホームページの申込フォームから受付。相談内容は宇宙ビジネスの基礎的な質問や、宇宙技術、衛星データの活用、共創パートナー探しまで幅広い。通常の相談は無料だが、個別のプロジェクトへのコンサルティングは別途相談となる。

■ 公式ホームページ及び申し込み
https://www.tsc.co.jp/cosmos/

■ 相談デスクチラシダウンロード
http://www.tsc.co.jp/cosmos/?action=common_download_main&upload_id=1270


■相談デスクイメージ




■参考出典:内閣府「インフラシステムの輸出戦略(平成29年改訂版)」より抜粋

■相談員

 勝間 亮(かつま りょう)

 株式会社サイエンス・クリエイト所属の宇宙ビジネスコーディネーター。名古屋工業大学卒業後、輸送機器設計から宇宙ベンチャーのエンジニアを経て現職。企業の宇宙ビジネスへの参入支援を行っている。




■株式会社サイエンス・クリエイトについて
 愛知県・豊橋市・日本政策投資銀行及び民間企業の出資によって平成2年10月に設立された第3セクターで、地域産業の活性化や産学官連携による新産業創出支援等を行っています。
所在地:〒441-8113 愛知県豊橋市西幸町字浜池333番地の9 豊橋サイエンスコア内
業 種:産業支援、起業支援、官公庁・地方自治体協働事業、コンサルティング など
ホームページ http://www.tsc.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイエンス・クリエイト >
  3. 東海3県初!宇宙ビジネスに特化した専門相談窓口 「宙(ソラ)サポ」 が誕生