美容師短期育成ニーズの急増!美容師教育ベンチャーの東京スタイリストアカデミーがサロン向け技術コースを新設!!助成金サポートでサロン負担を軽減!!

美容師短期育成学校『東京スタイリストアカデミー』はサロン向けとなる新コースを設立。美容室の教育体制の強化と助成金申請のサポートでの金銭的負担を軽減へ。

株式会社SnafkinDesignWorks(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川又茂男)の運営する美容師短期育成学校『東京スタイリストアカデミー』は2020年よりサロン向け教育支援サポートを開始する。

東京スタイリストアカデミー東京スタイリストアカデミー



東京スタイリストアカデミーについて
『東京スタイリストアカデミー』は美容師アシスタントを短期育成させる教育をおこなうベンチャー企業である。
本来、美容師はスタイリスト(顧客施術をする者)になるまでに3年から5年の年月をかけるが短期間のスパルタ教育により最短3ヶ月でデビューをさせる学校である。
現在、平日週5日通う3ヶ月コースと平日週3日通う5ヶ月コースが開設されている。
 

 

▼東京スタイリストアカデミーWEB
https://www.stylist-academy.com/index.html

新設されるコースについて
今回、サロン向けコースは年間を通じた育成プログラムとなる。
年間を通して、育成計画の作成から助成金の活用、モデルワークの監督まで幅広サポートを可能となる。
サロンにより則したプログラムの提供しする事で明瞭化した育成指標を作成する事で、正確な技術の安定供給を目的としている。
また、サロンにかかる金銭負担を軽減するために数千万円の助成金申請のサポートを行なう形となる。

募集について
■募集期間
2020年10月1日〜2020年12月31日

■内容
・年間計画の作成、コンサルティング
・講習カリキュラムの作成
・実地講習(4~6回程 / 月)
・助成金申請手続き支援

■金額
100万円/月

■募集条件
・法人会社
・2021年度新卒生 14名以上の就職予定サロン

■募集企業数
5社

■企業取得助成額
1400万円〜
(受講人数により増減 70万〜130万/人程)

コース新設の背景
東京スタイリストアカデミーは美容師アシスタント個人だけでなく、サロンからの相談数が年々増してきております。
サロン方針に則した教育体制の提供と助成金を利用した金銭的サポートをする事でより良い環境の構築が測れるとの実例が複数出せた為、今回のサロン向けコースの新設に至った。

東京スタイリストアカデミー代表のメッセージ

当校は美容業界の教育体制にイノベーションを起こす為に立ち上がった学校です。
今回のコース新設では、サロン様へ技術土台の安定供給、金銭的な負担の軽減、教育環境(労務)の整備の3つが目的です。
当校は,今回の取り組みでサロン様と共により良いサロン環境を生み出していく事ができると願っております。延いては、課題の多い美容業界の環境を少しでも改善できれば幸いです。

▼東京スタイリストアカデミーについて
資料請求、見学などお問い合わせ先よりご連絡ください。
無料相談や見学も随時行っています。
https://www.stylist-academy.com/index.html

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.stylist-academy.com/inquiry
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SnafkinDesignWorks >
  3. 美容師短期育成ニーズの急増!美容師教育ベンチャーの東京スタイリストアカデミーがサロン向け技術コースを新設!!助成金サポートでサロン負担を軽減!!