【増加するフリーランス前年比12%、課題は山積みか?】副業で"人生の選択肢"を増やすためのヒントをお届け!働き方改革メディア『副業新聞Vol.3』を発刊!

日本初の副業の専門学校として、副業情報を提供する株式会社レベクリ(代表取締役 小林 昌裕、本社:東京都中央区、以下:レベクリ)は、2019年8月20日(火)に『副業新聞』vol.3を発刊いたします。
vol.3となる本号では、
働き方改革関連法が施行され、ますます増加の予想がされるフリーランスの現状課題や、今注目の「地方創生」の更なる活性化が期待できるプラットホームサービスついて掲載します。

 



………HeadLine………

▽増加するフリーランス前年比12%
現在日本には390万人のフリーランスがいることが、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の報告により明らかになった。
報酬トラブルは約7割が経験、重くのしかかるインボイス制度等…まだまだ山積みとされる現状課題に注目。


▽今注目の地方創生!首都圏在住者と地方をつなぐ"副業・複業サービス"
地方の人口減少が問題となっている中で、大手企業が次々と地方創生に向けたサービスを発表。
株式会社groovesの提供する「Skill Shift」、ランサーズ株式会社の「CON-NECT」。その実態とは?


▽副業の達人 ~副業を始めるにあたっての税金の心配~
副業を始めるにあたり、避けては通れないのが税金。まず学ぶべき事とは?

………………………

 



≪なぜ今、あえて新聞なのか?≫
終身雇用が崩壊を迎え、日本が産んだ年功序列型企業の生産性が危ぶまれる中、古きよき紙媒体としての"新聞"という形にあえて回帰することで、情報は"顔のわかる誰か"から手渡しで伝わり、幅広い層に配ってもらうことを目的としています。
ご自由に印刷して、配布や設置などして頂けますと大変幸いです。

 
  •  <Vol.3内容>

①「令和のフリーランスの現状と課題」について
「働き方改革関連法」施行後のフリーランスの現状と課題を、複業系パラレルワーカーである筆者の知見も併せて掲載。

②「地方創生を促すプラットホームサービス」について
続々とリリースされる「地方の求人ニーズと地方における副業・複業を求める首都圏在住者をブリッジするサービス」。その概要や、今後の地方創生の課題について掲載。

 ③インタビュー
副業を始める際に抑えるべき「税金の基本」について。現役税理士の秋田谷紘平先生へインタビュー
 

 
  • 取材依頼大募集!

 副業新聞では掲載してほしいイベント、サービス、キャンペーンなどを大募集!
副業や働き方改革に伴う話題提供が可能という方は、是非ご連絡ください。

 



【媒体情報】
媒体名:『副業新聞』
発行元:株式会社レベクリ
発行者:小林 昌裕
編集人:髙崎 友貴
購読料:無料
発行日:2019年8月20日


副業新聞ダウンロードはこちらから
https://drive.google.com/open?id=1ku6xxmWkLvuhLPbKhlOuM19tvt-YkNwi

定期配信希望の方はこちら
https://fukugyou-academy.com/sidejob-newspaper/



◆株式会社レベクリ 
会社概要:
代表取締役:小林 昌裕
資本金:10,000,000円
所在地:東京都中央区新川1-6-11 ニューリバータワー3階
事業内容:兼業、副業、複業に関する支援事業
広報担当:波多野 麻衣
TEL:03-5244-9400
MAIL:info@revecre.com
HP:http://www.revecre.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 レベクリ >
  3. 【増加するフリーランス前年比12%、課題は山積みか?】副業で"人生の選択肢"を増やすためのヒントをお届け!働き方改革メディア『副業新聞Vol.3』を発刊!