テスラ 大型蓄電システム Megapack が日本上陸。

茨城県にて稼働開始し、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)達成に貢献。

テスラ大型蓄電システム Megapack(メガパック)が、高砂熱学イノベーションセンター(茨城県つくばみらい市、以下、同センター)に設置され、2021年4月より稼働を開始致しました。日本におけるテスラMegapackの導入はこれが初めてです。

同センターは、オフィス棟、ラボ棟、展示スペース、プレゼンルームで構成され、建物全体に省エネソリューションが施されており、オフィス棟ではZEB(ゼブ:Net Zero Energy Building、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーが正味ゼロまたはマイナスの建築物)を、敷地全体でNearly ZEB(建物で消費する年間の一次エネルギーを75%以上削減する建築物)を目指しています。

テスラ Megapackは、同センターにおける発電設備である超小型木質バイオマスガス化発電、太陽光発電 約200kW により発電された電気を施設内の需要に合わせて適切に蓄電・放電することで、施設全体のエネルギーの自立化、電力の安定供給に貢献しています。

〇 運用開始:2021年4月
〇 設置場所:高砂熱学 イノベーションセンター(茨城県つくばみらい市)
〇 Megapack システム 規模:429kW / 2964kWh

 

写真1_イノベーションセンターにて稼働中のMegapack(夕景)写真1_イノベーションセンターにて稼働中のMegapack(夕景)

写真2_イノベーションセンターにて稼働中のMegapack(寄り)写真2_イノベーションセンターにて稼働中のMegapack(寄り)

また、テスラMegapackに関する新規プロジェクトのご相談は、テスラウェブサイト(https://www.tesla.com/ja_jp/megapack)もしくは、E-mail(EnergyOrdersJP@tesla.com)にて受け付けます。再生可能エネルギーの活用や系統安定化など、様々な用途・規模のプロジェクトにご活用頂けます。

※ テスラ Megapack 詳細:https://www.tesla.com/ja_jp/megapack
以上

<参考:テスラ大型蓄電システム Megapack 製品概要>
1)特徴
  • オールインワンで現地における省施工を実現
Megapackの筐体には、蓄電池、パワーコンディショナー、温度管理システム、制御機構がすべて内蔵されおり、現地での施工はACとLANを接続するだけ。現場作業が少ないため、施工期間も短く、品質も安定しています。
  • 運用時のソフトウェアまで、すべてをテスラが提供
蓄電池、パワーコンディショナーなどのハードウェアだけでなく、システム設計、試運転、カスタマーサービス、ソフトウェアまで全てをテスラがご提供します。シンプルかつスムーズな設計、導入が可能です。
  • 自社開発のソフトウェアにより、最適なシナリオで運転・制御。遠隔監視も簡単に。
ソフトウェアはテスラの自社開発。プロジェクトに最適なシナリオで運転・制御可能なだけでなく、設置後にはデータを継続的に収集し、将来のパフォーマンスも予測します。また、稼働状況も簡単に確認できるWEBインターフェイスもご提供します。
  • 高い安全性
セル・モジュール・バッテリーパックの各レベルで電気的、機械的な安全保護対策を実施。独自の設計により、高い安全性をご提供します。
  • 拡張性は無限大
モジュール形式の設計構造により、プロジェクトに合わせた規模に拡張することができます。ギガWhスケールまで拡張性は無限大です。

2)標準仕様(2021年5月時点)

Tesla Megapack 製品写真1Tesla Megapack 製品写真1

※ 仕様の詳細はお問い合わせください。


3)海外における導入事例

  • Holes Bay (イギリス、7.5MW/15MWh、2020年6月 稼働)

Holes Bay(イギリス)Holes Bay(イギリス)

​​イギリス ホールズベイにて稼働中のMegapackシステム。再生可能エネルギーを貯蔵し、電力系統にピークタイムの柔軟性を提供。運用にはTeslaのAIシステムAutobidder(オートビッダー)を利用。

  • PG&E Moss Landing (アメリカ、182MW/730MWh、建設中・2021年第二四半期 稼働予定)

PG&E Moss Landing(アメリカ)PG&E Moss Landing(アメリカ)

アメリカ カリフォルニア州 モスランディングに建設中の世界最大級の182MW/730MWhのMegapackシステム。ピーク用天然ガス発電所の代替として設置され、容量市場への参加も予定。​
 
  • The Victorian Big Battery (オーストラリア、300MW/450MWh、建設中・2021年11月 稼働予定)

The Victorian Big Battery (オーストラリア)The Victorian Big Battery (オーストラリア)

オーストラリア ビクトリア州 ジーロング(Geelong)に建設中の300MW / 450MWhのMegapackシステム。太陽光エネルギーや風力エネルギーの蓄電・放電による再生可能エネルギーの活用に加え、系統電力の安定に貢献。また、ビクトリア州政府の「2030年までに再エネ率 50%」という目標の達成をサポート。






以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テスラ >
  3. テスラ 大型蓄電システム Megapack が日本上陸。