クラウドインテグレーターのオルターブース、「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」特別賞を受賞

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019とは、この 1 年、特に優れた実績を築き上げ、お客様からの厚い信頼を獲得されたパートナーを日本マイクロソフトが表彰するものです。

クラウドインテグレーターの株式会社オルターブース(本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳)は、2019年8月30日に「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」特別賞を受賞いたしました。

​株式会社オルターブース(本社:福岡県福岡市、代表取締役:小島 淳)は、2019年8月30日に「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」特別賞を受賞いたしました。


マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019 受賞企業発表
https://aka.ms/japan-award-2019

 

【マイクロソフトパートナーネットワークについて】
マイクロソフトパートナーネットワークは、パートナー企業が、自社の強みを活かしてトレーニングなどの様々な支援を受けることができ、また、エンドユーザーにとっては最適なソリューションを展開するパートナーを見つけやすくするためのプログラムとして設置されている世界共通のパートナー制度です。

【マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019とは】
現在、日本全国で 1 万事業所を超えるパートナー企業が マイクロソフトパートナーネットワーク に参加しています。中でも Gold コンピテンシーおよび Silver コンピテンシー取得パートナーは、多くのお客様のシステム構築のニーズにお応えしています。その中からこの 1 年、特に優れた実績を築き上げ、お客様からの厚い信頼を獲得されたパートナーを日本マイクロソフトが表彰するものです。
また本アワード受賞にあたり、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務パートナー事業本部長 高橋美波 様よりエンドースメントを頂戴しております。

この度の株式会社オルターブース様の「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」特別賞の受賞を心よりお祝い申し上げます。
株式会社オルターブース様の独自ソリューションであるKOSMISCH Monolith及びKOSMISCHの活用により、お客様が保有するアプリケーション資産のソースコードを解析し、Microsoft Azureを実⾏環境とするアプリケーション構成への改善提案レポートの提供することで、お客様のアプリケーションのクラウドネイティブ対応を一気に加速させ、コンテナやKubernetes、マイクロサービスアーキテクチャー、DevOpsといった最新サービスの最大限活用に貢献いただきました。
今後も日本マイクロソフトは、株式会社オルターブース様との強力なパートナーシップを通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
執行役員 常務 パートナー事業本部長
高橋 美波

【今後の展開】
弊社はマイソースファクトリーやCloud Pointerで培った様々な技術を活用し、KOSMISCH(コーズミッシュ)というサービスの提供を開始しました。
KOSMISCHを中心に、お客様が保有するアプリケーション資産のクラウドネイティブ化をサポートするプラットフォームを目指していきます。
URL: https://kosmisch.jp

※Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標 または商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オルターブース >
  3. クラウドインテグレーターのオルターブース、「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2019」特別賞を受賞