福岡初開催!「最先端の技術・製品に触れる!」HPC(AI・CAE)ソリューションセミナー開催のお知らせ


報道関係各位
                        2019年10月30日
アプライド株式会社

福岡初開催!「最先端の技術・製品に触れる!」
HPC(AICAE)ソリューションセミナー開催のお知らせ

 


 アプライド株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:岡 義治 以下 アプライド) は、「最先端の技術・製品に触れる!」をテーマに、AIやディープラーニング、CAEの最新情報を、技術開発部門及び、IT担当者様向けに『HPC(AI・CAE)ソリューションセミナー』を2019年11月12日(火)に、JR博多シティ会議室で開催致します。

アプライド株式会社主催、R&D部門(研究開発)及びITご担当者様向けセミナー「HPC(AI・CAE) ソリューションセミナ―」を開催いたします。
AI・HPC及びサイバーセキュリティ等の最新技術やプラットフォームをはじめ、計算科学に関する最先端ソリューションのご紹介、それらを実現する弊社研究開発ワークステーションのご案内など、AIやCAEに特に関心をお持ちのITご担当者様向けの内容となっております。九州大学藤澤教授も登壇。会場には各種ソリューションの実機の展示もあり、聞いて、触れて体験できるHPCソリューションセミナーが11月12日JR博多シティで開催!(参加費無料*要予約)
予約サイト:http://www.applied.ne.jp/hpc_solution/

― 開催概要 ―

セミナー名称

HPC(AI・CAE)ソリューションセミナー

ご対象者様

AI研究及び技術開発 / IT・CAEご担当者様

会場

JR博多シティ会議室

日時

2019年11月12日(火)  13:00 ~ 17:00

参加費用

無料

受入可能人数

100名予定 / 予約優先(先着順)

主催

アプライド株式会社

お問い合わせ

hpc-pro@applied-net.co.jp

 

- 講演概要 -

株式会社爆発研究所

吉田 正典 氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13:10 ~ 13:50

CAE 計算科学に関する最先端ソリューション』

 

高性能並列計算機を用いた数値流体シミュレーションは、爆発現象を理解するための強力なツールになります。
本講演では、オープンソース流体計算ソフトウェア「OpenFOAM」のソルバー開発と並列計算機の構築サービスを中心として、以下についてご紹介します。弊社で開発しているOpenFOAMソルバーライセンス。

1.    並列計算機のインストール、ソフトウェアサポートサービス。

2.    並列計算機を使ったOpenFOAM数値シミュレーションのデモンストレーション。

3.    弊社で販売しているライセンスソフトウェア。

サイバネットシステム株式会社

久保田 聖 氏

 

 

 

 

13:50 ~ 14:30

『サイバネットシステムにおけるCAEソリューション』

 

弊社で取り扱っている構造解析や流体解析用ソフトウェアやビックデータソリューション、数値シミュレーションや実験、観測データの可視化ソフトウェアについてご紹介いたします。また、VRを使って可視化結果や設計データ(3D CADデータ)を活用する際の応用例とそのメリットなどについてもご説明いたします。

九州大学

藤澤 克樹 氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14:30 ~ 15:50

『AI・HPC及びサイバーセキュリティ等の最新技術』

 

近年では多種多様な AI のアルゴリズムとモデル、日々生成されるビッグデータ、複雑なモデルのパラメータサーチを短時間で解決する HPC 技術の組み合わせが大きなイノベーションを作り出しています。
このような物量によるイノベーションは GAFAなどに巨大な先行者利益をもたらすことになり、産業分野を問わずに今後の戦略策定が急務とされています。
さらに製造業やインフラ産業などにもこれらの動きが押し寄せており、現場のエッジ部分とクラウドを含めた全体システムのセキュリティ確保も課題となっています。
本講演ではAIHPC及びサイバーセキュリティ等の最新技術と今後の戦略策定に関する解説を行います。

丸紅情報システムズ株式会社

徳永 克也 氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15:50 ~ 16:30

『AI画像識別の基本の基本と、プログラミングレスAIプラットフォーム”ReNom”』

 

高品質カメラの発達に伴い製造現場での品質管理や、流通・店舗管理、交通・通行監視をはじめとして、AIを利用した画像識別の応用が増しています。従来、AI学習モデルの構築は高額な外部委託で、出来上がりはブラックボックスとなるケースが多くありました。
ここでは、AI専門技術者でなくてもプログラミングレスで画像識別の構築が可能なGRID社の国産AIプラットフォーム“ReNom”を画像識別に応用した事例を、教師あり学習としてのAI画像識別や畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の基本の基本と併せてわかりやすくご説明します。
これにより、安価で短時間に自社内でのAIモデル構築が可能になります。

アプライド株式会社

木下 和志 氏

 

 

 

 

16:30 ~ 16:45

『研究開発ワークステーションのご紹介』

 

CAEなどの科学技術計算やDeepLearningなどのGPU計算向けのワークステーションからOpenFOAMAI開発プラットフォームなどのシステムプリインストールモデルまで、幅広くラインアップしたアプライドのHPC製品群の中から、旬の製品をピックアップしてご紹介します。

- 登壇者紹介 -

藤澤 克樹 氏

九州大学教授 マス・フォア・インダストリ研究所

 

最先端理論やビッグデータ、最新計算技術を使って、防災計画策定や交通・災害復興、避難など、社会問題となっている超大規模問題を解決に導くための研究をしています。この度のセミナーでは、グラフ解析と最適化問題の高速計算及び実社会への応用についてテーマを元にご登壇いただきます。

吉田 正典 氏

株式会社爆発研究所  代表取締役

 

爆発・災害に関するコンサルティング・数値解析・プログラム開発・実験など様々な業務を承っております。2019年9月4日 アプライド株式会社と業務提携を締結。この度のセミナーでは、計算科学に関する最先端のソリューションについてご登壇いただきます。

久保田 聖 氏

 

 

サイバネットシステム株式会社 

CAE事業本部CAEソリューション事業部
先端化可視化ソリューション部 営業課 課長

徳永 克也 氏

丸紅情報システムズ株式会社
事業部門統括役員補佐

木下 和志 氏

アプライド株式会社 技術課

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アプライド株式会社 >
  3. 福岡初開催!「最先端の技術・製品に触れる!」HPC(AI・CAE)ソリューションセミナー開催のお知らせ