アイテスが大量の中古/廃棄ソーラーパネルから高速に再利用判断できるツール「リユースチェッカー RUC-100」を3月16日受注開始

太陽光発電 脱炭素化社会での資源循環を促進!

株式会社アイテス(本社:滋賀県野洲市、代表取締役:五十嵐 靖行)は、ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社:長野県駒ヶ根市、代表取締役:伊藤 敦)監修のもと、ソーラーパネルの再利用の可否を簡易かつ迅速に選別する計測器 「リユースチェッカーRUC-100」 を2022年3月16日に受注開始します。


「リユースチェッカーRUC-100」は、ソーラーパネルの適切なリユースを実施するために発行されている環境省の「太陽電池モジュール(※1)の適正なリユース促進ガイドライン」(※2)に沿い、正常作動性を自動計測し合否判定します。結晶系ソーラーパネルを対象とし、保守点検市場で普及実績がある同社のインピーダンス測定機「ソラメンテ-Z」の測定技術を応用、発展させた新しい計測器です。

【100万円以下の価格でリユース/廃棄すべきソーラーパネルを選別】
2012年に開始された再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)により大量のソーラーパネルが市場に導入されてきました。これらの内、一部は発電性能、安全性能低下を引き起こす故障や、自然災害等により寿命を待たずに廃棄されている実状があります。

国内ではこのようなソーラーパネルを廃棄・リサイクルするか、リユース品として再利用できるかどうかを、効率的かつ低コストで行う手段が無く、その多くが適切な選別工程を経ることなく処分されています。リユース可能であるにもかかわらず、産業廃棄物として処分されていたり、リユースとして不適切なソーラーパネルが、海外へ輸出される不適正輸出も実際に発生しています。

 現状数千万円のソーラーシミュレータを代表とする従来型性能評価機に対して,専門知識が無くても、簡単に短時間でリユース可能なソーラーパネルを見分けるツールとして市場に投入することにより、低コストでリユースソーラーパネルの流通を促進することが可能になります。
 
【ヒトのスキルに依存しない○☓判定】
リユースチェッカーRUC-100は環境省の「太陽電池モジュールの 適切なリユース促進ガイドライン」 に沿い、正常作動性を判断するため、開放電圧、短絡電流、インピーダンス、バイパスダイオード開放・短絡、絶縁抵抗の5つの測定項目を総合的に自動判断し、に○☓判定で、容易に選別判定が可能です。


■新製品の概要
製品名 :「リユースチェッカー(RUC-100)」
受注開始日 :2022年3月16日
価格 :オープン価格
目的 :ソーラーパネルのリユース/廃棄の選別
検査項目 :開放電圧、短絡電流、直列抵抗、バイパス回路の断線・短絡故障の有無、絶縁抵抗
機能 :開放電圧測定 0~50V、直列抵抗測定 0~1500Ω
対象パネル :単結晶・多結晶・ヘテロ接合型
初年度販売見込み台数 : 1,000台
製品情報URL:https://www.solamente.biz/media2203/

「リユースチェッカーRUC-100」は2022年3月16日から東京ビッグサイトで開催される「脱炭素経営EXPO」の期間中、ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社のブース(E2-50)で展示します。
https://www.nextenergy.jp/information/220208/

(※1)太陽電池モジュール:ソーラーパネル、太陽電池パネルを指す。
(※2)令和3年5月 環境省 「太陽電池モジュールの適正なリユース促進ガイドライン」
https://www.env.go.jp/press/109600.html



【株式会社アイテス】
本社:〒520-2362 滋賀県野洲市市三宅800
代表者:代表取締役 五十嵐 靖行
設立:1993年1月
電話番号:077-599-5015(代表)
URL:https://www.ites.co.jp
事業内容:検査装置の開発、電子部品の解析・評価サービス、電子機器修理サービス、ウェハー加工サービス
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイテス >
  3. アイテスが大量の中古/廃棄ソーラーパネルから高速に再利用判断できるツール「リユースチェッカー RUC-100」を3月16日受注開始