アラヤとVIE STYLE、BMIの社会実装に向けた共同研究開発を開始

~両社の強みを活かし、イヤホン型脳波計による実用的なBMIの実現を目指す~

株式会社アラヤ(代表取締役:金井 良太、以下「アラヤ」)とVIE STYLE(ヴィースタイル)株式会社(代表取締役:今村 泰彦、以下「VIE STYLE」)は、イヤホン型脳波計による実用的なBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)の実現に向けた共同研究開発を開始したことをお知らせいたします。
アラヤのニューロサイエンスおよびAIのケイパビリティとVIE STYLEのイヤホン型脳波計・解析技術を掛け合わせ、まだ世の中にない革新的な技術の開発を行います。
【概要】
株式会社アラヤ(代表取締役:金井 良太、以下「アラヤ」)とVIE STYLE(ヴィースタイル)株式会社(代表取締役:今村 泰彦、以下「VIE STYLE」)は、イヤホン型脳波計による実用的なBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)の実現に向けた共同研究開発を開始したことをお知らせいたします。
アラヤのニューロサイエンスおよびAIのケイパビリティとVIE STYLEのイヤホン型脳波計・解析技術を掛け合わせ、まだ世の中にない革新的な技術の開発を行います。


 

(アラヤ・VIE STYLEによる共同研究開発のイメージ)(アラヤ・VIE STYLEによる共同研究開発のイメージ)


【背景】
昨今、ブレインテック/ニューロテックと呼ばれる神経科学の知見を活用して脳センシングやブレイン・マシン・インターフェース(BMI)などを実現する技術に関心が集まっています。一方で、脳から質の良い情報を抽出するには大型のデバイスを要するなど、社会実装に向けた課題も存在しています。
この度、イヤホン型脳波計の開発を行うVIE STYLE社とニューロテック/AIのアルゴリズム開発に強みを持つアラヤの両社の技術を掛合わせることで、新たな開発が可能と考えております。


【本共同研究開発の目的】
本共同研究では、アラヤのAIを活用した脳データ解析アルゴリズムとVIE STYLE社のイヤホン型脳波計VIE ZONEを活用します。消費者向けだけでなく、オフィスワーカーや製造/建設現場など産業界向け実用的なユースケースも開拓し、社会実装の加速を目指してまいります。


株式会社アラヤの特徴】
アラヤは、「人類の未来を圧倒的に面白く!」をミッションに掲げ、2013年の創業以来ニューロテック事業を推進しています。近年においては、アラヤ代表取締役の金井良太が内閣府の「ムーンショットプログラム1. 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」に採択されるなど、ブレインマシンインターフェースの研究開発やニューロテックソリューションに注力しています。また、ディープラーニングを用いた「画像認識AI」や、モデル軽量化技術を活用した「エッジAI」、ドローンや建設機械の自律制御を実現する「自律AI」など、AI技術の強みや豊富な実績を有しております。

所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル24階
代表者:金井 良太
設立:2013年12月
事業内容:AI/ニューロテックのアルゴリズム・プロダクト開発(画像AI・エッジAI・自律AI・ニューロテック事業)
ホームページ:https://www.araya.org/


【VIE STYLE株式会社の特徴】
VIE STYLEは、「味わい深い人生を ~Feel the life~」をミッションに掲げ、ニューロテクノロジーと音楽で、人々の感性をアップデートし、世界の人々が感性豊かな人生をおくることをサポートするプロダクトを創造することで、ウェルビーイングに貢献します。さらに脳神経に関わる未来の医療ICT・デジタルセラピューティクスの発展にも寄与していきます。

所在地:神奈川県鎌倉市材木座5-15-12
代表者:今村 泰彦
設立:2013年8月
関連会社:VIE STYLE,INC. (US法人)
ホームページ:https://www.viestyle.co.jp/


【お問合せ先】
株式会社アラヤ
お問い合わせフォーム:https://www.araya.org/contact/

VIE STYLE株式会社
メール: info@vie.style
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アラヤ >
  3. アラヤとVIE STYLE、BMIの社会実装に向けた共同研究開発を開始