ログラス、次世代型経営管理クラウド「Loglass」の正式提供開始およびシードラウンドで総額8,000万円の資金調達を実施

株式会社ログラス(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:布川友也、以下ログラス)は、7月8日(水)より、次世代型経営管理クラウド「Loglass」の正式提供を開始いたします。あわせて、ALL STAR SAAS FUND、日本政策金融公庫等より、総額8,000万円のシードラウンドでの資金調達を実施したことをお知らせします。

写真左から、勝丸真、布川友也(代表取締役CEO)、坂本龍太(取締役CTO)、矢納弘貴写真左から、勝丸真、布川友也(代表取締役CEO)、坂本龍太(取締役CTO)、矢納弘貴

■Loglassについて

Loglassは、企業が表計算ソフトで取り組む予算策定、予実管理、見込管理などの経営管理業務を最大80%効率化します。全ての事業部や支店に向けて、経営管理側から1クリックで表計算ソフト上にデータ入力フォーマットを自動発行することが可能です。一方、事業部や支店では、発行されたフォーマットに数値を入力するとクラウドに数値が直接提出され、各種財務分析レポートがクラウド上に自動構築されます。

クローズドテストでは、様々な規模(従業員10~10,000名)の企業様から200件以上のお問い合わせをいただき、既に東証一部上場企業を含む10社以上に有償でご活用頂いております。

■Loglassが創る世界

●全社一体のスクラム経営 Loglassが目指す世界は、全社員が一体となって業績の向上に取り組む「スクラム経営」です。様々なExcelやスプレッドシートに分散する情報を経営管理特化のワークフローシステムを使用しながら数値を簡単に集約し、全社員に閲覧権限制御をかけながら情報を提供することが可能となります。経営者は現場から上がる数値をリアルタイムで確認でき、現場は経営側に業績に対するアプローチを簡単に伝達できます。

●システム連携で経営管理を更に強く Loglassは日本初のエンタープライズ向けコーポレート・インテリジェンスとして、国内で数多く利用されているソフトウェアへの対応を拡大しています。財務会計ソフトを中心に、販売管理ソフト、経費精算ソフト等への対応を拡大していきます。 1つの部署で完結しない経営管理領域だからこそ、外部ソフトとの連携に力を入れています。

●経営をもっとシンプルに美しく 数値の可読性・正確性は企業にとっては生命線です。Loglassでは、常に変わり続ける数値を変更箇所認識、変更ログによって管理することができます。従来はCFO・経営企画が膨大な工数を割いていた数値管理はLoglassが代行し、美しいダッシュボード※によって経営者の意思決定をサポートします。

Loglass(ログラス):https://loglass.jp/

■サービス開始の背景

【代表 布川の上場企業における経営管理経験】
現在、日本の上場企業が抱える課題として、「企業の経営管理は重要度が高いにも関わらず、生産性が低く仕組み化されていない」という点があります。業務の性質上、情報の秘匿性が高いことから、業務に関連する知見の共有が希薄であり、クラウドサービスとして本領域を集合知としていくことが重要と考えました。


 【経営管理は企業価値創出の土台】
経営管理は、企業において最も重要な財務数値・KPI等を管理・運用・改善する業務です。大企業を中心に表計算ソフトで非効率・属人的に経営管理をしているため、企業価値の源泉である利益を適切にコントロールできないといった問題があります。Loglassは、こうした経営管理データを可視化し、一気通貫でコントロールする新たな概念「コーポレート・インテリジェンス(CI)」によって、経営管理の可能性を拡張し、600兆円以上ある日本企業の時価総額のさらなる拡大を実現します。


このような背景を踏まえ、「全ての企業に、最高の経営管理体験を。」をビジョンに掲げ「Loglass」の開発・提供に至りました。クローズドテストでは、多くの企業様からお問い合わせをいただきました。既に東証一部上場企業を含む10社以上に有償でご活用頂いており、足元でも利用社数は拡大しています。


■今後の展開
今後は、取り込み可能なデータ属性の拡充や、分析機能の強化を行ってまいります。また、今秋には取り込んだデータを外部のビジネスインテリジェンスツールに連携する機能の公開を予定しており、可視化まで含めた一気通貫の経営管理を実現していきます。調達した資金は開発・営業人員の採用を中心に投資を行い、1年以内に15名体制まで拡大してまいります。

■ ALL STAR SAAS FUND ( https://allstarsaas.com/ )とは
シードからグロースステージのSaaSベンチャー企業への投資および支援の実施に特化したベンチャーキャピタルです。「Recruitment」「Enablement」「Organization」の3つのポイントに重点を置き、ARR0からARR100億円超えを実現させるためのサポートを行います。

ALL STAR SAAS FUND マネージングパートナー 前田 ヒロ氏よりコメント

経営管理は、中規模以上のほとんどの企業が必ず行うべき重要な業務です。しかし、日本ではまだクラウドを生かしたソリューションが浸透していません。Loglassは経営管理業務を効率化するだけでなく、経営状況の可視化と情報のリアルタイム性を高めて、より経営判断の精度と速度を高め、企業価値を高めるために必要不可欠なプラットフォームになると思っています。

■会社概要
名称 :株式会社ログラス
代表者:布川 友也
所在地:東京都品川区西五反田2-13-5 豊三西五反田ハイツ 308
設立 :2019年5月30日
事業 :コーポレート・インテリジェンス・クラウド「Loglass」の開発・提供
https://loglass.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ログラス >
  3. ログラス、次世代型経営管理クラウド「Loglass」の正式提供開始およびシードラウンドで総額8,000万円の資金調達を実施