Refill Japan 鎌倉・由比ガ浜海水浴場に給水スポット設置

海水浴場で初! マイボトルに無料で冷水を提供

渇いたのどを潤したりマイボトルに飲料水を補充できる場所「給水スポット」を全国に広げる協働プラットフォームRefill Japan(リフィルジャパン)は、2022年7月30日(土)から8月21日(日)の3週間、由比ガ浜海水浴場(神奈川県鎌倉市)に、株式会社サノワおよび鎌倉市の協力により、給水スポットを設置します。
 

海水浴場での給水スポットの設置は、全国でも初の試みで、海の家のテラスに設置した給水機では、冷やした水を無料でマイボトルに汲むことができます。

Refill Jaapnおよび関係者は、この給水スポットの設置により、海水浴場におけるペットボトル等の使い捨て飲料容器の発生を減らし、気候変動や海洋プラスチック汚染への対策の一環とするとともに、海水浴場を訪れる人々の熱中症対策、そして、サステナブルな地域づくりにつなげたいと考えています。

この夏、鎌倉の海にお越しの方は、ぜひ、マイボトルを持ってお気軽にご利用ください。

 


【設置期間】 2022年7月30日(土)~8月21日(日)10:00~21:00
※悪天候の際は、設置しない場合があります。

【設置場所 】由比ケ浜海水浴場 海の家 SALT内(鎌倉市由比ガ浜4丁目)
 ※地図参照


【設置主体】 Refill Japan(運営:水Do!ネットワーク)、株式会社サノワ
【協力】  鎌倉市

●Refill Japanとは
Refill Japan(リフィルジャパン)は、渇いたのどを潤したりマイボトルに飲料水を補充(リフィル)できる場所「給水スポット」を全国に広げる協働プラットフォームです。
給水スポットを増やし、利用を広げることで、ペットボトル等の使い捨て容器入り飲料の消費を減らし、環境負荷を低減するとともに、日本の各地に潤いのある魅力的なまちづくりを広げています。
2019年5月キックオフ、事務局は水Do!(スイドゥ)ネットワーク。英国のRefillと設立時よりパートナーシップを結び、現在、Refill Globalのメンバーとして国際連携アクションも実施しています。

●Refill Japanの仮設給水機
Refill Japanは、2019年、日本で初めて、大型イベントや期間限定の利用に適した仮設給水機を導入しました。オーストラリア製の仮設給水機は、持ち運びに適した薄型のスタイリッシュなデザイン、水道直結式なので大人数に対応可能、マイボトル給水用と直飲み用の2種類があります。冷水利用の際は、外付けの冷却器を合わせて使用しています。
Refill Japanの主催事業の他、ご要望に応じて、貸出やコラボ事業を実施しています。
これまでに、3年間で約15件のイベント等で利用され、のべ1万人以上が利用、その分のペットボトル等の利用を削減し、熱中症対策や実証実験に貢献しています。

【主な設置実績(2019~2021年)】
祇園祭(京都)、天神祭(大阪)、エコライフフェア(代々木公園)、
ロハスフェスタ(万博記念公園)、エコプロダクツ(東京ビッグサイト)、
東京2020セーリング会場前クールスポット(江の島) ほか

●お問合せ
水Do!ネットワーク(Refill Japan運営事務局) 
〒110-0014 東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル3階
E-mail: info@refill-japan.org    7
URL: https://www.refill-japan.org
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 水Do!ネットワーク >
  3. Refill Japan 鎌倉・由比ガ浜海水浴場に給水スポット設置