関東サッカーリーグ1部所属 Criacao Shinjuku(クリアソン新宿)が新宿区と包括連携協定を締結。新宿区の地域課題解決にサッカーで貢献。

新宿区が締結する初めてのスポーツ団体として、新宿からJリーグ、そして世界一のクラブへ

新宿区サッカー協会代表チームCriacao Shinjuku(クリアソン新宿/関東サッカーリーグ1部 所属)は、11月24日、新宿区と包括連携協定を締結しました。新宿からJリーグ、世界一のサッカークラブを目指すクリアソン新宿は、新宿区と相互の連携強化を図り、地域社会の発展、スポーツ振興及び多文化共生の推進を図っていきます。



■ 2018年より新宿区サッカー協会代表チームとして活動
クリアソン新宿は、2005年のチーム設立当初より、「感動を創造し続ける存在でありたい」「世界一のサッカークラブを目指す」というビジョンとともに、サッカーを通して社会を豊かにする「Enrich the world.」を掲げて活動してきました。2018年からは、新宿区サッカー協会代表チームとして、新宿グローバルカップの運営や、新宿シティハーフマラソンのボランティアなど、大都市新宿での地域活動を進めてきましたが、Jリーグ、世界一を目指すサッカークラブとして、このような活動をさらに区と連携し、推進していくために、今回の包括連携協定の締結に至りました。
 



■ 今回の包括連携協定での主な連携事項
(1) スポーツ振興に関すること
(2) 学校と地域との連携に関すること
(3) 多文化共生に関すること
(4) 健康寿命延伸・健康づくりに関すること
(5) 観光・産業振興や地域商店街の活性化に関すること
(6) その他相互に連携し、協力することが必要と認められる事項

「スポーツの振興」にとどまらず、多領域で新宿区と密接に連携し、サッカーを活用して地域の様々な課題解決に貢献していきます。その背景として、新宿区には、出自も文化も職業もジェンダーも異なる人々が、それぞれにコミュニティを持って共存しています。人口約34万人のうち10.5%の3万6000人が外国籍、単身世帯は都内で最も多い67%、そして新宿駅には1日350万人を超える乗降客があります。そんな人々が行き交う街・新宿が、よりコミュニケーションし、繋がり、新宿区が掲げる『新宿力』を体現するために、クリアソン新宿はサッカーの力を活用したいと思っています。世界中で愛され、世界中の人々を繋げてきたサッカーが、新宿という街でもその役目を果たすことができると、信じています。
 



■ コロナ禍で厳しい状況にある街「新宿」を、サッカーの力で元気にし、未来へ。
新型コロナウィルスの影響により、新宿は大変厳しい状況にあります。「ディスタンス」「分断」がキーワードとなり、飲食店をはじめ、様々なビジネス・カルチャーが打撃を受けました。人々の持つ多様性が「分断」とされないように、新宿や多様性の共存を大切に思う方々とともに、クリアアソン新宿はサッカーの力で、少しでも人々を繋げ、元気を取り戻せるための一助になれればと考えています。そして、新宿に元気をもたらす象徴として、新宿をホームタウンに、世界で活躍するクラブを目指していきます。

■ これまでの新宿での活動例
サッカークラブとして新宿の団結や活性につながる様々な活動を行ってきました。
1.新宿グローバルカップ
120か国超、3万6000人の外国人が暮らす新宿で、フットサル交流会「新宿グローバルカップ」を新宿区が開催。子どもの部、大人の部に分かれ、新宿区在住の選手たちで構成した、日本、ブラジル、カナダ、韓国、セネガル、中国、ネパールの7か国対抗戦を実施。 クリアソン新宿は新宿区サッカー協会とともに、運営に協力。新宿区は23区で外国人人口が最大であり、とりわけ新宿区在住の外国人の母国ではサッカーが人気1位のスポーツ。世界一競技人口が多いスポーツであるサッカーを通して、交流のきっかけを創出しました。
 

 

2.For the DAY

新型コロナウイルスの影響で活動を停止していた、全国のサッカー部に所属する中学生・高校生の方、また指導にあたられる先生方を対象に、“来るべき日への準備”をコンセプトにした室内トレーニングメニュー「For the DAY」を作成し、全国200名以上への提供を行いました。

3.RUN!SHINJUKU
新型コロナウイルスの影響が大きい新宿でも、健康に働き・暮らしていくために、区内のおすすめランニングルート「RUN! SHINJUKU」を作成。様々な文化が共存する新宿を駆け抜けることができるルートで、現在までに新宿御苑、西新宿の2ルートが公開されています。



クリアソン新宿は、新宿区との包括連携協定によって、より一層、サッカーを通じて感動を創造し、人々の結び目になることを、ホームタウンである新宿から実現するとともに、「Enrich the world.」 を掲げ、誰もが豊かさの体現者となれる社会を目指してまいります。


<Criacao Shinjuku(クリアソン新宿)とは>
関東サッカーリーグ1部所属。新宿区サッカー協会代表チームとして、ホームタウンを新宿に置く。“サッカーを通じて、世の中に感動を創造し続ける存在でありたい”という想いのもと「社会に豊かさをもたらすこと」「世界No.1クラブとなること」を目指して活動。2009年に東京都社会人リーグに加盟。2014年に東京都社会人1部リーグに昇格後、4度目の挑戦で2018年度関東社会人大会を優勝し関東リーグへ昇格。2019年は関東リーグ2部1年目でのリーグ優勝・1部昇格を果たし、2020年は関東リーグ1部5位。

公式サイト :https://criacao.co.jp/soccerclub/
Twiter :https://twitter.com/CriacaoShinjuku
Facebook :https://www.facebook.com/criacao.soccer
Instagram :http://instagram.com/criacao_shinjuku
YouTube :https://www.youtube.com/c/CriacaoShinjuku
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Criacao Shinjuku >
  3. 関東サッカーリーグ1部所属 Criacao Shinjuku(クリアソン新宿)が新宿区と包括連携協定を締結。新宿区の地域課題解決にサッカーで貢献。