充電データの可視化、電池の状態把握システム(アルファ版)を開発

充電対象となる電池の状態を把握

給電ソリューションを提供する株式会社Mobi Stop(所在地:東京都渋⾕区、代表取締役:小野 潤一郎、以下「Mobi Stop」)は、電池への充電データを可視化し、充電対象となる電池の状態を把握するためのシステムのアルファ版を開発したことをお知らせ致します。

 

充電データの可視化システムについて
以下のデータを、管理画面として閲覧できるように対応を行いました。


データの応用について
既にスマートドライブ社との間で、給電データと特定の車両の走行データを繋ぐ検証を終えています。
今後は、EV等のモビリティに対して、以下のようなデータを構成することが可能です。
  • 電気の消費効率
  • 給電実績のデータとしての蓄積
  • 充電済み車両の判定

今後の対応予定について
以下の2点において取り組みを行います。
  • 電池の状態把握を行うためのデータの蓄積、及びシステム開発を継続する予定です。
  • 実証実験の検討を開始致します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mobi Stop >
  3. 充電データの可視化、電池の状態把握システム(アルファ版)を開発