コーンテックがプリマハムグループと共同でAIカメラの実証実験を開始

株式会社コーンテック(本社:熊本県熊本市)は、プリマハム株式会社の養豚食肉事業を展開する子会社の太平洋ブリーディング株式会社(本社:福島県双葉郡富岡町)と、畜産DX事業の一環としてIoT・AIカメラを設置し豚の個体別データの蓄積及び画像データ解析の取組みのほか、自家配合プラントの導入をすることをお知らせします。


■1.養豚農家向けの畜産DX|IoT・AIカメラの設置
畜産業界においては未だアナログな業務管理が多く、人材確保が難しくなっている昨今の労働者背景や防疫の観点からも人の介在を減らすことが重要と考えております。

コーンテック社は独自にAI開発を行い、監視カメラやセンサーを施設導入することで豚の行動を解析。解析データに基づき、豚の体重測定や健康状態の把握のほか、施設の気温・湿度の監視し、データ管理やアラート通知を行うことが可能です。

※先んじて養豚農家向けIoT・AI監視サービス「PIGI」ベータ版を公開
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000058347.html

▽豚の個体識別による成長管理や健康管理を目指す
現在公開中のベータ版に加えて、今後は豚の個体識別ができるようAI。
これにより、これまでは見えてこなかった個体ごとの成長管理や、衰弱や死亡判定などの健康管理などの実現を目指しています。


■2.自家配合プラントの導入について
コーンテック社は、「自家配合プラントの構築」と「飼料マネジメント」を畜産農家ごとにコンサルティングし、畜産における”手間”と”コスト”の削減を行っています。

当社がこうした事業に取り組むのは、家畜の餌にかかる割合が経営コストの60%以上を占めるほど大きく、畜産の儲からない体質の要因となっているからです。

そこで、「自家配合プラントの構築」とエコフィードの活用など「飼料マネジメント」を通して餌のコストダウンを実現するほか、肉質の改善等を目指し、プリマハム株式会社の養豚食肉事業を展開するプリマハムグループの太平洋ブリーディング株式会社におけるコンサルティングを開始いたします。

■企業概要
【株式会社コーンテックの会社概要】
・法人名:株式会社コーンテック
・所在地:熊本県熊本市小山3-1-6
・代 表:吉角 裕一朗
・事 業:養豚プラントの設計・施工・コンサルティング
・ウェブサイト:https://corntec.jp

【太平洋ブリーディング株式会社の会社概要】
・法人名:太平洋ブリーディング株式会社
・所在地:福島県双葉郡富岡町大字小良ヶ浜字松葉原47
・代 表:竹内 壽一
・事 業:肉豚の生産、販売等
・ウェブサイト:https://taiheiyo-breeding.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コーンテック >
  3. コーンテックがプリマハムグループと共同でAIカメラの実証実験を開始