こどもが夕食を作るのが当たり前の世の中を実現!

冷蔵庫にある残り物で、1人で料理ができる子どもが続出。

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

こどもの食育すぽっとゆめつぼ(大坂府茨木市 代表:大坪)は、2021年4月から、日本で初めて「こども料理教室のフランチャイズ展開」を開始しました。
(当社は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。)

 


ゆめつぼが提供するこども料理教室は、「料理を教材に社会スキルを学ぶ」ことを重視して、①心と体の健康をコントロールする力、②自己肯定感を高め、自分と相手を大切にする力、③社会性を育み人とつながる力を楽しく学んでいきます。
2015年から開始した「こども料理教室」は累計2000名以上のこども達が参加し、毎月の参加者数は日本一を誇っています。
 

 



こども料理教室開業のきっかけは、代表の大坪が、医療少年院で管理栄養士として勤務していたとき、自己肯定感が低い少年をみて、料理をする、人に食べてもらうという行為は自己肯定感を高めるのに有効だと気づいたからです。

一方、働きながら家事や育児に忙しい保護者をみて、「こどもが料理を作ってくれたら助かるに違いない」と確信し、2015年から「冷蔵庫にあるもので料理ができる子ども」を育てています。
ゆめつぼに通っているこども達は、1年で「冷蔵庫の残り物で1人で料理ができる力」が身についています。
 



2021年4月、大阪府、兵庫県にそれぞれ「こどもの食育すぽっと吹田校」、「こどもの食育すぽっと尼崎校」がオープンします。「こどもの食育すぽっと」は、3年間で全国100校展開していきます。
料理を通じて、こどもと家族が健やかに育つように、ゆめつぼは活動していきます。

■こどもの食育すぽっと ゆめつぼ(株式会社ルーアンライト)
https://yumetsubo.com/

■こども料理教室のフランチャイズ 食卓リョウリスト協会
https://ryourist.com/

「April Dream」は、4月1日に実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゆめつぼ >
  3. こどもが夕食を作るのが当たり前の世の中を実現!