パナソニックセンター大阪内カフェ「Re-Life ON THE TABLE」にてスマートティーポット「teplo ティーポット」で淹れたお茶の試験提供開始

お茶とIoT で食のパーソナライゼーションをリードする株式会社LOAD&ROAD(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河野辺和典)は、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)が運営するパナソニックセンター大阪内のカフェ「Re-Life ON THE TABLE」にて4月26日(月)より2週間、スマートティーポット「teplo ティーポット」で淹れたお茶の試験提供を行います。

teplo ティーポットは、茶葉の魅力を最大限に発揮する独自の抽出テクノロジーと、飲み手の体調や気分にあわせて最適な状態のお茶を淹れる世界初の「パーソナライズ抽出機能」を実現したスマートティーポットです。今回は、パナソニックセンター大阪内のカフェでのお茶の試験提供に加えて、4月24日(土)にオープニングイベントとして、teplo 監修のティーペアリングイベントを16名様限定で開催いたします。

試験提供期間中の平日にはフレッシュチーズセットをご注文の先着10名様に、teplo がペアリングしたお茶をお付けいたします。また、店内レジカウンターにて、teplo公式茶葉詰め合わせを販売いたします。

  • 試験運用開始の経緯
LOAD&ROAD は、パナソニック株式会社、株式会社ロフトワーク、カフェ・カンパニー株式会社が「100年先の世界を豊かにするための実験区」として2017年7 月に開設した「100banch」のアクセラレーションプログラム「GARAGE Program」に、teplo ティーポット開発中の2018年8月より半年間参加しました。この「GARAGE Program」への参加をきっかけに、LOAD&ROAD とパナソニックの交流がはじまり、昨年8月のteplo ティーポットの公式発売を経て、今回の試験運用を開始する運びとなりました。
  • オープニングイベント概要
【タイトル】 teplo 監修ティーペアリング体験 自家製フレッシュチーズとお茶のマリアージュ

【開催日程】 2021年4月24日(土)
各日開催時間 12:30〜、15:00〜(お席は1.5時間制)
【開催場所】 パナソニックセンター大阪 2F Re-Life ON THE TABLE
大阪府大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪 南館2F
【アクセス】 JR大阪駅徒歩4 分、地下鉄御堂筋線梅田駅徒歩7分
【プログラム内容】 Re-Life ON THE TABLE内の工房で手作りされたフレッシュチーズやデザートにteplo がペアリングしたお茶を合わせてマリアージュを楽しむイベント
【価格】 3,500円(税込)
【募集組数】 各回8名 計16名(事前予約制/先着順)
【応募受付開始日】 3月27日(土) 午前10時
【ご来館までの流れ】
1)イベント参加予約ページ必要事項をご記入の上、ご予約いただきます。
2)ご予約完了後、ご予約完了メールをお送りします。
【イベント参加予約ページ】 https://center-osaka-event.jpn.panasonic.com/public/seminar/view/42230
  • Re-Life ON THE TABLE について
「Re-Life ON THE TABLE」はグランフロント大阪南館内、パナソニックセンター大阪のコミュニティエリア内のカフェ。食を通じて生活への気づきのきっかけを提供する場として展開します。

同店では大阪を中心とする関西圏で生産された野菜など、地元産の食材を積極的に取り入れてお客様に提供。メニューは近隣地域で生産される野菜の特徴である「多品目」と「次々とやってくる旬」を生かしたホットサンドを主軸に展開。その季節ならではの食材を挟み込み、鉄器でひとつずつ丁寧に焼き上げるホットサンドを、パナソニックのソリューション技術(気流・照明・音響)で演出した空間でお楽しみいただけます。

もう一つの特徴が店内工房で作るモッツァレラチーズ。目の前でひとつひとつ手づくりして、出来立てをお届けします。モッツァレラチーズの生地で新鮮なクリームを包み込んだブッラータチーズもご用意。果物や生ハムなどをトッピングして作りたての味わいをお楽しみいただけます。料理教室や生産者を招いたワークショップなどのイベントも積極的に開催し、人が集い、コミュニケーションが生まれる場となることで、食を通したくらしへの新しい気づきを提供する場として展開しています。

HP : https://panasonic.com/jp/center-osaka/
事業主 : パナソニック株式会社
企画、内装設計、運営: UDS 株式会社
  • teplo ティーポットについて
teplo ティーポットは、スマートフォンアプリと連携してお茶を自動抽出するティーポットです。一般的に、お茶を淹れる場合、それぞれの茶葉を最高の状態で楽しむためには、茶葉量、水量、抽出時間、抽出温度といった、コントロールしなければならない要素が多くあり、これらは茶葉によって異なります。それらの複雑な数値制御を、teplo ティーポットが自動で行うことにより、茶葉についての知識のない方でも、おうちで気軽に本格的な味のお茶を楽しむことができます。

また、古来、お茶のプロが行ってきた、飲み手の仕草や表情、味の好みに応じて抽出条件を調整し、その時の飲み手の状態に応じた一番美味しい味と香りでお茶を淹れるという職人技を、テクノロジーで再現すべく試作を重ねていき、世界初の「パーソナライズ抽出機能」の実装を実現しました。内蔵する6つのセンサーで、飲み手の体調や気分を解析し、最適なお茶を抽出します。

teplo ティーポットは、米国で毎年開催される最新テクノロジーが集結する世界最大の家電見本市「CES」において特に優れた製品に贈られる「CES イノベーションアワード」を2019 年に受賞し、同年3月に日米で行ったクラウドファンディングでは30 日間で目標額を大きく超える6.4万ドルを調達しました。クラウドファンディング成功後も、製品のブラッシュアップを重ね、2020年8 月に一般販売を開始しました。

teplo ティーポット一般販売リリースURL:
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000064189.html
  • LOAD&ROAD について
お茶とIoT で食のパーソナライゼーションをリードする株式会社LOAD&ROAD は、日本、米国、インドを拠点とする、2015年創業のテクノロジースタートアップ企業です。ハードウェアエンジニアで、代表取締役を務める河野辺和典が率いるハードウェアチームと、ソフトウェアエンジニアでCTOのMayuresh Soni がリードするソフトウェアチームによって構成されています。テクノロジーでお茶をデザインするというコンセプトのもと、「teplo」ブランドをグローバルに展開し、プロダクト・サービスの開発および運営、販売を行なっています。
  • お問い合わせ
報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社LOAD&ROAD
広報担当:加藤明里
Email:press.japan@load-road.com
電話番号:050-3740-6106
プレスキット:https://drive.google.com/drive/folders/1yb4OU-2UfxXQzVJrdsPc0K3jJnmSQChT?usp=sharing
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LOAD&ROAD >
  3. パナソニックセンター大阪内カフェ「Re-Life ON THE TABLE」にてスマートティーポット「teplo ティーポット」で淹れたお茶の試験提供開始