ユニセフを支援するPandoraの新しい「CHARM FOR CHANGE」が登場

1,000万人以上にも及ぶ子どもたち・若者たちが、教育、自己表現、雇用の機会を得られるように、Pandoraは今月もユニセフとのパートナーシップを継続します。

 

今日では、世界的に見ると15歳~24歳のうち22%が仕事や学び・訓練の機会がありません。中でも、そのうちの68%が少女や若い女性です。2019年以降、変化の取り組みのためのPandoraのCharms for Changeは、全ての子どもたちが生き延びるだけでなく、成長できるようにするためのユニセフの活動を支援してきました。
その重要な分野の一つは、質の高い学習機会へのアクセスを改善することであり、その中には、若者や青年が自信を持って社会起業家になれるように支援するための「アップシフト」アプローチを用いたプロジェクトも含まれています。

地域のユニセフプロジェクトで、グアテマラでの「ドリームキャッチャー」プログラムのような、「アップシフト」プログラムの成果が得られています。「ドリームキャッチャー」プログラムは、先住民族や農村地域の出身者といった支援が届きにくい若者たちが学校に戻り、将来に向けた希望を実現するために必要な技能を育むプロジェクトです。学生たちは実用的なインターンシップと同様に、このプログラムが提供する中等教育支援を受けています。

「2019年から、Pandoraは誇りを持って、ユニセフの若者の力を高めるための取り組み-学習機会の確保や技能習得のための資金提供、世界中のいくつかの国で行われてきた人権啓発やジェンダーの平等を訴えるための活動-をサポートしてきました」とPandoraのサステナビリティ責任者・Marissa Saretskyは語ります。「グアテマラのユニセフ・ドリームキャッチャー・プログラムによって、女の子も男の子も重要な中等教育を受ける機会を得ています。」

子どもたち・若者たちの前向きな夢と希望を支えるために、Pandoraは既存のチャームをDreamcatcherチャームに適応させました。Dreamcatcherチャームは、ブルーカラーをデザインに加えた、新しい限定版のチャームです。
「ドリームキャッチャー」はネイティブアメリカンや先住民族のコミュニティに由来する、象徴的なお守りです。いい夢だけを見られるようにすることで、悪夢から人を守ると言い伝えられています。

チャームが売れる度に、Pandoraは購入価格のうち15ユーロをユニセフに寄付しています。
こうした寄付を行っているという点で、Pandoraのお客様は先住民族や農村地域の出身者含めた、弱い立場にある子どもたちや若者を本来の能力を発揮できるように支援するためのユニセフの活動のサポートを通じて、明確な違いを作り出せていると言えるでしょう。こうした寄付はまた、次の世代の学習を支える、学校教材のような必需品を支える資金の一助となっていきます。

議論に加わり、
そして支援する姿勢を示しましょう。
#PandoraforUNICEF #CharmsforChange
 

「The Charms for change Blue Dreamcatcher」は9,900 円(税込)です。2021年6月4日まで、世界各国で販売します。

Pandora for UNICEF に関する詳細はこちら:
https://jp.pandora.net/ja/discover/stories/pandora-for-unicef/
 


PANDORAについて
Pandoraは、高品質の素材で作られた手仕上げのジュエリーを手頃な価格で設計、製造、販売しています。Pandoraのジュエリーは100カ国以上で販売されており、2,700以上のコンセプトストアを含む7,400の販売拠点を保有しています。デンマークのコペンハーゲンに本社を置くPandoraは、世界中で28,000人の従業員を雇用、主にリサイクルされた銀と金を使用して、タイのLEED認定施設2つでジュエリーを作ります。
同社は2025年までにカーボンニュートラルになる計画であり、Science Based Targets Initiativeに参加して、全社的に排出量を削減しています。
バリューチェーン。Pandoraはナスダックコペンハーゲン証券取引所に上場されており、2019年には 29億ユーロの売り上げを記録しました。

ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域で、特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)

若者の声を支えます:3月4日から6月4日の期間、Pandora for UNICEFチャームが売れる度に、Pandoraは購入価格のうち15ユーロを、子どもたち・若者たちのための、教育・性の平等性・権利への意識・個人の権利尊重・市民参加のための取り組みのような、UNICEFの活動に寄付します。詳細はhttp://www.pandora.net/universe/pandora-for-unicef/をご確認下さい。ユニセフは特定の企業やブランド、製品、サービスを推奨するものではありません。写真の子どもたちはユニセフの支援事業による受益者ではありません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PANDORA Jewelry Japan株式会社 >
  3. ユニセフを支援するPandoraの新しい「CHARM FOR CHANGE」が登場