【eBoard】は横浜港エリアで電動キックボードシェアリングサービスを開始

2022年1月18日 13時サービスイン

eBoardは神奈川県横浜市新港、山下、みなとみらいエリアに点在する商業施設、観光スポット、宿泊施設を結ぶ新たな移動手段として電動キックボードシェアリングサービスを開始しました

観光型マイクロモビリティシェアリングサービスを提供する株式会社eBoard(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:福島大介 木原德人、https://eboard.co.jp)は、経済産業省の「新事業特例制度」の認定を受け、1月18日(火)13時より横浜において日本最大級の観光型電動キックボードシェアリングサービス「ヨコハマBAYSCOOTER」(ヨコハマ ベイスクーター)の提供を開始しました。



実施目的
「日本の観光をもっとスマートに」をコンセプトに、日本の文化と観光地にフィットした日本モデルの観光型マイクロモビリティシェアリングサービスを展開し、「観光地を元気にする」をミッションに横浜市内の回遊性向上、そして経済活動の活性化を図りたいと考えます。
横浜港を中心とした広大なエリアには観光スポット等が点在しています。しかし、点在している観光スポット間には移動手段が少ないという特徴があります。その移動手段の一つになることがヨコハマベイスクーターの目的です。


ヨコハマ ベイスクーター 主要ポートのご紹介


・赤レンガパーク
・大さん橋
・日本丸メモリアルパーク
・ホテルナビオス横浜
・横浜ハンマーヘッド
・ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜
※ポートについては順次拡大予定


 


● 電動キックボードの乗り方
・地面を蹴って初速をつけハンドルにあるアクセルをゆっくりと押し下げてください。
 アクセル開度に応じて加速していきます。
・電動キックボードを押して歩く場合は歩行者とみなされます。
 交通量の多い道路、車線の多い道路などを右折する際は、交差点で電動キックボードを一度降り、横断歩道を押して渡ってください。
(その際アクセルを開けなくてもキックボードに乗って走らないでください。歩行者とみなされなくなります。)
・ハンドルにブレーキがあります。止まる時はゆっくりとブレーキ握り徐々にスピードを下げてください。


ご利用可能エリア
横浜市西区・中区の一部で走行可能

電動キックボードの最高速度
15km/hに制限

ご利用料金
990円/初乗り60分、以降880円/60分(税込)

ご利用条件
アプリから  1.普通運転免許証登録  2.本人確認写真の撮影  3.走行ルールの確認テスト(満点)
1+2+3全てが揃う事がご利用条件となります

保険
対物賠償、対人賠償

備考
・走行エリアには歩道に自転車マークがペイントされた自転車用のレーンが複数あります。
歩道にある自転車のレーンは電動キックボードでの走行は出来ません

【会社概要】
会社名:株式会社eBoard
所在地:神奈川県横浜市金沢区白帆4番地
代表者:代表取締役 福島大介  木原德人 ※共同代表
設立:2021年10月6日
URL:https://eboard.co.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イーボード >
  3. 【eBoard】は横浜港エリアで電動キックボードシェアリングサービスを開始