ヨルダン発死海コスメ「TRINITAE(トリネティ)」西武池袋本店初登場

2021年2月10日(水)~16日(火)西武池袋本店 1階(中央A6)=化粧品売場イベントスペース

ヨルダン発死海コスメ「TRINITAE(トリネティ)」は、2021年2月10日(水)から16日(火)まで、西武池袋本店にて期間限定ショップを初めてオープンします。

 

2000年、中東・ヨルダンで誕生したTRINITAE(トリネティ)は、死海沿岸の5つ星リゾートホテルの客室アメニティやスパプロダクトとしても知られる、ヨルダンを代表するナチュラルコスメブランドです。

1935年からハンドメイドソープをつくり続けてきた一家の3代目であるアザール夫妻が、ヨルダン固有の自然資源である”死海”の成分と、アロマテラピーを製品づくりに取り入れ、心も体も心地よさを感じるボディケア、スキンケア製品を追求してきました。

アンマン市内の本店「The Soap House」アンマン市内の本店「The Soap House」

TRINITAEの代名詞のひとつである洗顔石鹸は、伝統的な釜炊きけん化法でつくられ、自然の保湿成分であるグリセリンをあえて残すことでしっとりと仕上げています。手間暇のかかるトリプルミルド製法によって、香りと成分を均一にいきわたらせることで、最後まで濃厚でクリーミーな泡立ちと芳醇な香りを楽しむことができます。試行錯誤を繰り返しながら何年も修行を重ねた職人だからこそできる「artisanal soap(職人のソープ)」です。できる限り自然界に存在する原料にこだわり、職人の手によって一つ一つ丁寧に製造しているため大量生産ができず、大変希少な製品です。

死海の泥を使用した「ラグジュアリーソープ 死海の泥&ホホバ」175g /3,300円(税込)死海の泥を使用した「ラグジュアリーソープ 死海の泥&ホホバ」175g /3,300円(税込)

実際に使用したお客様からも、「汚れは落ちるのにつっぱらない」、「長く悩んでいた乾燥を卒業することができました」というお声をいただいています。

2016年4月、日本第一号店となる直営店が福岡へ初上陸しました。
持続可能なブランドとして大量生産を行っておらず、日本でも直営店舗と全国の限られた百貨店の期間限定ショップのみでの取り扱いとなっております。
東京でお買い求めいただける機会は約3年ぶりとなります。
ぜひこの機会にお立ち寄りください。


ブランドHP:https://tr-japan.com

◇会社概要
商 号:株式会社ファラビ
代表者:代表取締役 板井 武志
​所在地:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-2-40 eco land C
事業内容:「TRINITAE(トリネティ)」日本総輸入代理店及び直営店運営
​会社HP:https://faravi.co.jp

※本記事に使用されている画像及び文章を許可なく個人が転載することを固く禁じます。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファラビ >
  3. ヨルダン発死海コスメ「TRINITAE(トリネティ)」西武池袋本店初登場