株式会社ココべがドローン専門のeラーニングサービスを提供する合弁会社を設立

ドローン国家資格に完全対応したオンライン講習

ドローン操縦免許の国家資格制度が2022年12月よりスタートするにあたり、株式会社ココべ(代表取締役社長 窪田 健一郎)は、ドローンを専門にしたeラーニングサービスを提供する合弁会社を設立したことをご報告いたします。


株式会社ココべ(https://cocove.co.jp/)は、一般社団法人ドローン操縦士協会(https://d-pa.or.jp/)とドローン専門のeラーニングサービスを提供する合弁会社「株式会社ココパ(https://www.d-cocopa.co.jp/)」を2022年10月4日に設立いたしました。
 
  • “Drone for All. 日本にもっとドローンパイロットを”
“Drone for All. 日本にもっとドローンパイロットを”という企業理念を掲げ、2022年12月から始まるドローンの国家資格の新制度「無人航空機技能証明」の教則に完全対応した「登録講習機関向け」eラーニングサービスの提供を開始いたします。
また、企業向けのドローン導入支援や、ドローン導入後に必要となるeラーニング、マニュアルといったのコンテンツの受託制作サービスを開始していくほか、一般ユーザ向けのドローン操縦技能のオンラインサービスを拡充していく予定です。

 
  • 新制度に向けたサービスを簡単に説明すると
自動車の運転免許取得に例えると、免許取得のためには自動車学校に通うことが多いです。自動車学校では定められた時間の運転練習と学科講習後、試験を受け合格すると免許を取得できる仕組みです。
ドローンの操縦士免許も同じようにドローンの操縦練習と学科講習を定められた時間学習し、最終試験を合格することで取得できる内容です。「登録講習機関」が自動車学校にあたります。この「登録講習機関」向けの学科講習をeラーニングで提供するサービスを開始いたします。

 
  • 株式会社ココパのサービス
(1)登録講習機関向け学科eラーニング
無人航空機技能証明の新制度では、必須履修科目および履修時間が明確に定められています。二等無人航空機操縦士は、国土交通省が定める「無人航空機の飛行の安全に関する教則」を基本にして、初学者10時間以上、経験者4時間以上の学科履修が必要です。
また、各履修科目に必須履修時間が定められており、それらが確実に受講されていることを各登録講習機関は確認・証明できなければならず、指定されるカリキュラムに沿ったオンライン授業を、受講生が確実に受講したという記録を取る必要があります。
ココパでは、この新制度に完全対応したeラーニングサービスを各登録講習機関に提供開始いたします。受講生1名からでもご利用頂くことが可能です。

(2)企業向けのドローン運用や導入支援、コンテンツ制作
一定の業種・業態では、ドローンの導入・DX化により、現在の業務が効率化されることは実証され始めています。一部の企業を除いて、それが効果的、効率的な形で運用されているとはいいがたい状況です。我々、ココパはドローン導入支援、つまり現業務の効率化支援をご提案することはもちろんですが、その後のリアルな運用に際し、何が必要なのかを定義し、企業ごとでの効率的な運用までをサポートいたします。
また、eラーニングをはじめとした運用マニュアル、操作マニュアル、メンテナンスマニュアル、整備チェックシート・保守・保全といったようなコンテンツを併せて提供することで、属人的な運用も解消するサービスを提供いたします。

 
  • お問い合わせ先
<サービスに関するお問合せ>
株式会社ココパ(CoCoPA, Inc)
所在地:162-0811 東京都新宿区水道町1-19 江戸川橋STビル4F
URL:https://www.d-cocopa.co.jp
Mail:info@d-cocopa.co.jp
担当:岩藤

<リリースに関するお問合せ>
株式会社ココべ
所在地:162-0811 東京都新宿区水道町1-19 江戸川橋STビル4F
お問合せ(フォームより):https://cocove.co.jp/contact/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ココベ >
  3. 株式会社ココべがドローン専門のeラーニングサービスを提供する合弁会社を設立